「引っ越したら貯金がなくなる!」不安をなくして引っ越す方法とは?

貯金、お金、子ブタ

進学や就職、結婚など人によって引っ越しをする理由はさまざまです。 なかには近隣トラブルが原因で引っ越さないといけない人もいるでしょう。

引っ越す理由はさまざまですが「引っ越したら貯金がなくなる!」と不安をもっている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、引っ越しを検討している方に向けて、貯金を減らさずに引っ越す方法をご紹介します。

この記事を読むことで、余裕をもって新しい生活をはじめられるようになるでしょう。

また後半では、賃貸の初期費用分割あと払いサービスsmooth(スムーズ)」についてもご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

引っ越しにかかる費用

引っ越し費用

ここでは、引っ越しにかかる費用の内訳や相場をお伝えします。

「何にどれくらいの費用が必要なのか」を把握しておくことで、想定外の出費を減らし、より手元にお金が残るようになります。

お伝えする内容は下記のとおりです。

・引っ越し業者にかかる費用 ・賃貸の初期費用 ・家具家電の購入費用 ・賃貸の退去費用

それぞれ解説していきます。

引っ越し業者にかかる費用

荷物を運ぶために引っ越し業者を利用するのであれば、そのための費用がかかります。

引っ越し業者にかかる費用は、

・荷物の量 ・運ぶ距離 ・引っ越しの時期

によって大きく変動します。

たとえば、繁忙期(2~4月)であれば、引っ越しの相場は下記のとおりです。

~200km未満 (同一地方程度)~500km未満 (近隣地方程度)500km~以上 (遠距離地方程度)
単身(荷物小)約58,000円約67,000円約79,000円
2人家族約124,000円約160,000円約220,000円
3人家族約148,000円約204,000円約280,000円
4人家族約190,000円約250,000円約321,000円
5人家族以上約255,000円約334,000円約395,000円

賃貸の初期費用

賃貸物件に引っ越すのであれば、賃貸の初期費用がかかります。

賃貸の初期費用の相場は家賃の4~6か月分です。

たとえば、家賃が8万円の物件であれば、初期費用は40万円程度かかることになります。

初期費用の項目や詳細は、下記の表をご覧ください。

初期費用の項目相場詳細
敷金家賃1~2ヶ月分 家賃滞納や原状回復のために、契約時に大家へ預けるお金。残金があれば、退去時に返金される。
礼金家賃1~2ヶ月分 部屋を貸してくれることへの謝礼として、慣習的に大家に支払うお金。敷金と違い、退去時に返金されることはない。
前家賃家賃1ヶ月分 入居する月の翌月分の家賃。
日割り家賃契約日から月末までの家賃を日割りで計算したお金。
仲介手数料家賃0.55~1.1ヶ月分(消費税込) 物件探しや契約のサポートに対する対価として不動産会社に支払うお金。
火災保険1.5~2万円 火事や災害での損害に備えて保険会社に支払うお金。
保証会社利用料家賃の50~100% 保証人の代わりをしてくれる家賃保証会社に支払うお金。
鍵交換代1.5~2万円 設置されている鍵を新しいものへ交換するための費用。

家具家電の購入費用

新しく一人暮らしを始める場合や、引っ越しを期に古くなった家具・家電を買い替える場合は、家具・家電の購入費がかかります。

新しく一人暮らしを始める場合、必要最低限な家具・家電を揃えるのに10~20万程度かかるといわれています。

↓「最低限必要な家具・家電」や「費用の相場」はコチラの記事をご覧ください。 一人暮らしの初期費用。家具家電の購入費用はいくら必要?節約方法もご紹介 | 初期費用分割のスムーズ (smooth.jp)

賃貸の退去費用

いま住んでいる部屋が賃貸物件であれば、退去費用が発生する可能性があります。

退去費用とは、部屋を「原状回復」するために必要な修繕やクリーニングにかかる費用です。

1Rの部屋だと退去費用の相場は5万円程度ですが、退去費用がどれくらい必要になるか物件や使用状態によってさまざまです。

↓退去費用についての詳細はコチラの記事をご覧ください。 賃貸物件の退去費用はいくらかかる?退去費用の相場を紹介 | 初期費用分割のスムーズ (smooth.jp)

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

貯金がなくても引っ越す方法

節約

ここでは「貯金を減らさずに引っ越しをする方法」を下記のとおりご紹介します。

・クレジットカードで支払う ・家族や友人から借りる ・消費者金融のカードローンを利用する ・敷金礼金がない物件を選ぶ ・フリーレントをつけてもらう

それぞれの方法には注意点もあります。 自分の状況にあわせて適切な方法を取っていきましょう。

クレジットカードで支払う

引っ越し業者の費用や賃貸の初期費用をクレジットカード払いにすることで、貯金を減らさずに引っ越せます。

分割払いやリボ払いにすれば、さらに一時的な負担を減らせるでしょう。

しかし、分割払いやリボ払いには手数料がかかり、最終的な支払い金額が大きくなってしまうので注意が必要です。

また、クレジットカード払いに対応している引っ越し業者や不動産会社も増えていますが、利用できるカードが限られている可能性もあります。

クレジットカード払いを利用できるか確認してから、賃貸契約の作業を進めましょう。

↓クレジットカード払いの「メリット」や「注意点」はコチラの記事をご覧ください。 賃貸初期費用は分割払いできる?クレジットカードより賢い分割払いの方法は? | 初期費用分割のスムーズ (smooth.jp)

家族や友人から借りる

家族や友人から借りたお金で、引っ越し業者や賃貸の初期費用などを支払うことで貯金を減らさずに引っ越しできます。

クレジットカードやカードローンに比べて、金利や手数料がかからないのもメリットです。

しかし、借りたお金の返済が遅れた場合など「信頼関係が壊れる」という大きなデメリットがあります。

家族や友人といえども、お金を借りる際は下記のような方法で誠実さを示し、信頼関係が壊れないようにしましょう。

・返済計画を伝える ・借用書を作成する

消費者金融のカードローンを利用する

消費者金融のカードローンを利用することで、貯金を減らさずに引っ越せます。

審査に通ればその日のうちに融資を受けられるので、急な引っ越しにも対応できるのがメリットです。

しかし、消費者金融のカードローンには下記のような注意点もあるので、利用は慎重に判断しましょう。

・金利が高い ・滞納すると信用情報に傷がつく

消費者金融のカードローンでは「1か月間の無利息期間」を設定しているところが多いです。

ボーナスや副業収入があって、1か月以内に返済できる目途が立っているのであれば、利用してみるのもいいでしょう。

↓カードローンの「メリット・デメリット」の詳細はコチラの記事をご覧ください。 引っ越し費用はカードローンで支払える?メリットとデメリット、入居審査への影響を解説 | 初期費用分割のスムーズ (smooth.jp)

敷金礼金がない物件を選ぶ

敷金とは「原状回復や家賃滞納時に備えて預けておくお金」で、礼金とは「部屋を貸してくれたお礼として大家に謝礼として支払うお金」のことです。

「敷金・礼金なし」の物件を選ぶことで初期費用を安く抑えて引っ越せます。

敷金・礼金なしの物件は下記の方法で探しましょう。

・ポータルサイトで「敷金ナシ」「礼金なし」で絞り込み検索をする ・不動産会社に直接相談する

一見、お得に見える敷金礼金なしですが、下記のような注意点があるので、契約する際は慎重に判断しましょう。

・人気のない物件かもしれない ・家賃が高く設定されているかもしれない

↓「敷金・礼金なしの物件」の注意点など詳細はコチラの記事をご覧ください。 敷金礼金なしのゼロゼロ物件とは?初期費用が安いのは危険ではないの?メリットやデメリット | 初期費用分割のスムーズ (smooth.jp)

フリーレント付きの物件を選ぶ

フリーレントとは、一定期間の家賃が無料になる契約形態のことです。

フリーレント付きの物件を選ぶことで、貯金を減らさずに引っ越せます。

フリーレント付きの物件には下記のようなデメリットが考えられます。

・人気のない物件かもしれない ・契約期間内に退去すると違約金が発生する

フリーレント付き物件を選ぶときは必ず内見を行い、契約書の内容をよく確認してから契約しましょう。

↓フリーレント物件の「メリット」や「注意点」についてはコチラの記事をご覧ください。 フリーレント物件とは?無料の理由やメリット、意外な落とし穴を徹底解説 | 初期費用分割のスムーズ (smooth.jp)

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

smoothなら貯金を減らさず引っ越せる!

default

「smooth(スムーズ)」とは、賃貸の初期費用を分割あと払いにできるサービスです。 「6回払いなら金利手数料が0円」で賃貸の初期費用を分割あと払いにできます。

引っ越しにかかるお金の中でも「賃貸の初期費用」は家賃の4-6か月分が相場となっており、大きな負担を感じる部分ではないでしょうか?

せっかくお気に入りの部屋を見つけたのに「賃貸の初期費用が高くて引っ越せない!」となってしまうのはもったいないですよね。

「賃貸の初期費用が高い」と感じているのであれば、賃貸の初期費用の分割払いを検討してみませんか?

smoothならトータルの支払い金額が増えることなく、初期費用の分割払いが可能になります。 面倒な交渉も必要ありません。

↓smoothの「特徴」や「利用の流れ」はコチラをご覧ください https://smooth.jp/?textTest20231016=test

【Fさん・20代前半】手元にお金が残るから安心

口コミ感想レビューFさん20代前半

オフィスの移転に伴い、smoothを利用して職場の近くに引っ越しをしたFさん(20代前半)より「手元にお金が残るから安心」との感想をいただきました。

そのほかにも、 「大きなメリットを感じるけど、デメリットはなかった」 「引っ越しに対するフォローがあり、対応が丁寧だった」 「安心して環境を変えられた」

など、smoothを利用した感想をいただいています。

↓smoothでお気に入りの街と部屋を見つけたFさんの感想をぜひご覧ください。 お金に余裕をもって、安心しながら環境を変える引越しを | 株式会社スムーズ (smooth.jp)

smoothは累計の登録者数120,000人を達成しました!

「レスポンスがはやかった」 「分割払いにすると好きなものを我慢しなくてもいい!」 「憧れのエリアに住めた」 など、実際にsmoothを利用した方から多くの感想もぜひご覧ください。 サービス利用者の声 | 株式会社スムーズ (smooth.jp)

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

まとめ

引っ越しを検討している方に向けて、貯金を減らさずに引っ越す方法をお伝えしてきました。

紹介した方法をまとめると下記のとおりです。

・クレジットカードで支払う ・家族や友人から借りる ・消費者金融のカードローンを利用する ・敷金礼金なしの物件を選ぶ ・フリーレント付きの物件を選ぶ

上記の方法とあわせて、smoothで初期費用を分割払いにすれば、さらに手元にお金を残しながら引っ越しができます。

引っ越した後の新しい生活をより楽しめるようになるでしょう。

まずは無料でできるLINE登録から、気になる物件を探してみるものオススメです。

smoothの活用もぜひご検討ください。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!

LINEアプリが開きます