賃貸物件の入居審査に落ちる主な理由と対処法7つ!落ちる確率が高い人の特徴もご紹介

folder-icon
引っ越し情報
引越し情報
手続き

賃貸物件を契約する時必須となるのが「入居審査」。 落ちるのは絶対に避けたいですよね。

今回は入居審査に落ちてしまう主な理由と対処法、審査に落ちる確率が高い人の特徴をご紹介します。

これから引っ越しを考えているは事前準備として、落ちてしまった人はその対処法としてご覧ください。

また、入居審査に通った後は「賃貸の初期費用」の支払いが必要になります。

支払いの負担感を減らす方法も紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

賃貸契約の入居審査は「いつ」「誰が何のために」する?

shutterstock 2073473822

まず賃貸契約の入居審査はいつ誰が何のために行うのかを知っておきましょう。 入居審査の目的を押さえておくことで、落ちることがないように事前の対策も立てやすくなります。

ここでは「いつ」「誰が何のために」の2項目に分けてご説明していきます。

入居審査はいつ行う?

入居審査は「賃貸借契約締結前」に行われ、ここで落ちる人はその後の契約までたどり着けません。

結果が出るまでには早くて1~3日、遅くて1週間ほどかかることもあります。

入居審査の一般的な流れは下記のとおりです。 1.不動産会社による書類の確認 2.家賃保証会社による審査 3.大家、管理会社による審査 4.審査結果の報告

入居審査はだれが何のために行う?

また審査を行うのは「貸主(大家さん)」、「賃貸管理会社」、「家賃保証会社」の3者であることが多いです。

連帯保証人の代わりに家賃を立て替えてくれる「家賃保証会社」の審査に通れば、支払いに関する信用度が上がります。 そのため、「貸主(大家さん)」、「賃貸管理会社」の審査にも通れる確率が上がります。

「貸主(大家さん)」と「賃貸管理会社」は、「この人には安心して部屋を貸せるか?」を見極めるために、主に下記の点から審査を行います。 ・安定して家賃を支払い続けられるか? ・近隣トラブルを起こさない人物であるか?

「貸主(大家さん)」と「賃貸管理会社」が避けたいのは「家賃の滞納」と「近隣トラブルの発生」です。

「貸主(大家さん)」の多くはローンを組んで賃貸物件を運営し、毎月の家賃で物件を運営して、収入を得ています。

「賃貸管理会社」にとっては「貸主(大家さん)」から支払われる管理料が重要な収入源のひとつです。

家賃の滞納が発生すると、大家や不動産会社の収入に大きな影響をあたえます。

また、近隣トラブルは空室の発生につながることが多く、空室の期間は家賃が発生しないため、「貸主(大家さん)」と「賃貸管理会社」にとっては避けたい状況です。

「家賃の滞納」や「近隣トラブルの発生」を防ぐために、大家や不動産会社は入居審査を行い「この人には安心して部屋を貸せるか?」を判断します。

賃貸契約の入居審査には何が必要?

続いては賃貸契約の入居審査に必要なものについてご紹介します。 準備に時間がかかるものがあるので、早めに用意しておきましょう。

  • 入居申込書・・・勤務先名や勤務先住所、その業種、年収、勤続年数、連帯保証人について

  • 住民票

  • 残高証明書・・・口座預金額の証明

  • 収入証明書・・・契約者本人&連帯保証人どちらも必要で、主に源泉徴収票を提示

  • 印鑑登録証明書・・・契約者本人&連帯保証人どちらも必要

  • 身分証明書・・・契約者本人&連帯保証人どちらも必要(運転免許証やマイナンバーカードなど)

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

入居審査でとくに見られる4つのポイント

入居審査に通る確率を高めるためには、入居審査で「見られるポイント」を把握しておくことが重要です。

ここでは、入居審査で見られるポイントについて、より具体的に下記の4つのポイントを解説します。 ・職業 ・収入 ・連帯保証人 ・人柄

それぞれ説明していきます。

職業

入居審査でとくに見られるポイントの1つが「職業」です。

職業が公務員や大手企業の正社員などであれば「収入が安定している」と判断され、入居審査に通りやすくなります。

反対に、水商売や夜の仕事をしている場合は「収入が不安定である」や「昼夜逆転の生活が騒音トラブルにつながりやすい」と見なされ、大家に入居を敬遠される傾向があります。

収入

入居審査でとくに見られるポイントのもう1つが「収入」です。

収入については、下記のような点がとくに見られます。 ・家賃は収入の1/3以内か? ・貯金などの資産はどれくらいあるか ・クレジットカードの信用情報に傷がついていないか?

家賃保証会社によっては、クレジットカードの滞納履歴がある時点で審査に通らないので注意が必要です。

連帯保証人

「連帯保証人を付けられるのか」も入居審査で見られるポイントです。

大家にとって、家賃滞納は最も防ぎたい状況です。 連帯保証人がついていると、家賃滞納が発生したときに入居者に代わって家賃を請求できます。

連帯保証人を付けられない場合は、家賃保証会社の利用を求められることがあります。

人柄

意外かもしれませんが、職業や収入と同じくらい「人柄」も見られています。

「近隣トラブルを起こさない人物か?」を判断するためです。

近隣トラブルは、対応に時間やコストがかかるだけではなく、空室の発生にもつながります。

空室期間は家賃が発生しないので、大家としても入居者の「人柄」は契約前にじっくり見ておきたいところです。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

賃貸の入居審査に落ちる主な「理由と対処法7つ」

検討

続いては賃貸契約の入居審査に落ちる主な「理由と対処法7つ」を見ていきましょう。

「もうすでに落ちてしまった・・・」という方も、次の物件を申し込む際の対策になります。 「これから入居審査を受ける」という方は、自分に当てはまる要素がないか、今できることはないかチェックしておきましょう!

1. 収入が家賃と見合わないから

まず1つ目は「収入が家賃と見合わないから」という理由です。

「家賃は手取り収入の3割が目安」といわれており、収入に対して家賃の割合が高いと審査に通りにくくなってしまいます。 手取り収入の3割未満の家賃で物件を探すようにすると良いでしょう。

【対処法】

目安となる収入より自分の収入が少なく不安な方は、状況に合わせて以下3つから対処法を試してみてください。 ・契約者を親や会社にする(※不動産業者に相談必須) ・貯蓄がある場合は家賃を先払いする(大家さんや不動産業者に交渉) ・ボーナスや副業収入があればそれも申告する

2. 借金があるから

2つ目は「借金があるから」という理由です。 大家さんや賃貸管理会社の入居審査においては、車やカードのローンなどの借金が落ちる理由になることは少ないです。

審査が厳しい家賃保証会社だと稀に「借金があるから」という理由で落とされます。

【対処法】

家賃保証会社は大きく下記の3種類に分かれています。 ・信販系 ・LICC計 ・独立系

「信販系」や「LICC系」は審査が厳しい傾向にあり、「独立系」の家賃保証会社は比較的審査に通りやすい傾向にあります。

もし自分の借金の面で不安な場合は、厳しい家賃保証会社のつかない物件を選びましょう。 これに関しては、不動産業者に相談して物件を見つけるのがおすすめです。

3. なんらかの滞納歴があるから

3つ目は「なんらかの滞納歴があるから」という理由です。

今までに下記のような滞納歴があると「支払い能力が低い」と判断されてしまいます。 ・家賃 ・ローン ・クレジットカードのキャッシング ・奨学金

主にクレディセゾンやエポスなどの「信販系」の賃貸保証会社では個人信用情報を審査されるため、信用情報が影響します。 また「LICC系(全国賃貸保証協会)」の加盟会社による賃貸の入居審査では、過去の家賃支払いに関する記録が共有されてしまいます。 この加盟会社の利用が連続していて、かつ滞納歴がある方は落ちる確率が高くなってしまうのです。

【対処法】

「過去に賃貸関連の滞納、借金滞納の歴があって入居審査に落ちるかも」という人は以下2つの方法を試してみてください。 ・滞納歴から5年間経つまで待つ ・不動産に相談して審査に通りやすい部屋を探してもらう 滞納歴は5年間経つと記録が削除されるので、もうすぐという人はそれまで実家や友人宅に頼んで住まわせてもらうのも手です。 また基本的に家賃保証会社は自分では選べません。 入居審査が通りやすい物件がないか不動産業者に一度相談をしてみましょう。

4. 収入や生活が不安定な職業だから

4つ目は「収入や生活が不安定な職業だから」という理由です。 賃貸契約の入居審査において、落ちる理由になりやすいのが職業です。

「収入が不安定」と判断されやすい職業には下記のようなものがあります。 ・開業したてのフリーランス、個人事業主 ・フリーター ・無職 ・シングルマザー

一方で、長期間勤めている正社員の方は収入が安定していると判断され、審査に通りやすいでしょう。 また水商売や夜に働く仕事をしている人は、収入面だけでなく、生活リズムが不安定なので騒音トラブルを懸念されることが多く、審査に落ちる確率が高くなりやすいといわれています。

【対処法】

「賃貸物件を借りたいけど、職業が理由で入居審査に落ちるかも」という方は以下4つの方法を試してみてください。 ・夜勤務の職業から昼勤務の職業にする ・水商売の人は繁華街近くで物件を探す ・契約者を親や会社にする(※不動産に相談必須)

5. 同居人との関係性が懸念されるから

5つ目は「同居人との関係性が懸念されるから」です。 これは複数人で賃貸に住む方に多く見られます。 よくあるのは同棲、友人同士のルームシェアで入居審査に落ちるケースです。

カップルの同棲やルームシェアでは、早めの段階で契約解消をする確率が高かったり、騒音トラブルにつながる可能性があったりするので落ちやすくなります。 反対に夫婦の場合は、生活面や契約期間の面においても信用を得られやすくなります。

【対処法】

同棲カップルで賃貸契約をする場合は、「婚約中」と提示するのも対処法になります。 友人同士のルームシェアでは信用性を上げにくいので、「ルームシェア可」など記載のある物件を選びましょう。

6. 勤続年数が短いから

6つ目は「勤続年数が短いから」という理由です。 転職後や、新卒で就職して間もない時期には、まだ収入が不安定だと判断されることが多いです。

【対処法】

「転職・就職したばかりだけど賃貸物件を借りたい」という方は、以下2つの対処法で入居審査に落ちる確率を抑えられます。 ・勤続年数が半年経つまで待つ ・転職前に賃貸契約をする

7. 人間性をみてトラブルを懸念されたから

7つ目は「人間性を見てトラブルを懸念されたから」という理由です。

近隣トラブルは、空室の発生から家賃収入がなくなることにつながるので、大家としても避けたい状況です。

不動産とお話しするときでさえ、その印象や立ち振る舞いは賃貸の大家さんに共有されます。 態度や印象が悪いと、入居後のトラブルを懸念されて審査に落ちる確率が上がるのです。

【対処法】

この対処法としては、不動産業者や大家さんと会うときは身なりや態度に気を配ることです。 ・横柄な態度を取らない ・清潔な服装やみだしなみ ・過度な値下げ交渉は行わない

など、あくまで悪くなければいいので、印象を悪くしないように心がけましょう。

「常識のある人物である」と大家や不動産会社に思ってもらえることが重要です。

賃貸物件の入居審査に落ちる確率が高い人の特徴

ダメ

最後は賃貸物件の入居審査に落ちる主な理由を踏まえて、一般的に入居審査に落ちやすいといわれる人の特徴をご紹介します。

  • 収入に対して家賃の割合が高い人(目安は手取り収入の3分の1未満)

  • 勤続年数が半年未満の人

  • 水商売の仕事をしている人

  • 開業したての自営業やフリーランスの人

  • フリーターの人

  • 20歳未満の人

  • 同棲やルームシェア目的の人

賃貸物件の入居審査に落ちる確率が高いのは「収入に対して家賃の割合が高い人」や「水商売の仕事をしている人」といわれていますが、水商売の仕事をしているからといって物件を借りられないわけではありません。

反対に上記の項目に当てはまらない場合でも、マイナス要素が多ければ多いほど審査に通らない可能性が高くなります。

入居審査に落ちる確率が高い特徴をもつ人は、物件を探すときから不動産業者に相談しておくことがおすすめです。

引っ越ししたいけどお金がない!そんな時はsmoothがおすすめ!

default

「引っ越したいけど、初期費用がネックで引っ越せない!」そんな方も多いでしょう。

そこで、おすすめなのが初期費用を分割後払いできるサービス「smooth(スムーズ)」です。

smoothは、6回払いなら金利手数料が0と一切かからず、負担なく賃貸物件の契約できます。

クレジットカードの分割と違い、選べる物件に制限もありません。

賃貸の初期費用にお困りの方は、この機会にご利用してみてはいかがでしょうか。

smoothを実際に利用して、新しい生活を手に入れた方々の口コミやレビューを下記ページの中で紹介しています。

https://smooth.jp/articles/about-smooth/smooth-reveiw

口コミ・レビューを参考に、安心してsmoothを利用しましょう。

smoothの分割について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください ⇨初期費用を分割できるスムーズの仕組み

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

まとめ

今回は賃貸物件の入居審査に落ちてしまう主な理由と対処法、入居審査に落ちる確率の高い人の特徴をご紹介しました。

マイナス要素がない場合は基本的に落ちることはないので、安心して物件を申し込みましょう。 マイナス要素が多く、不安な場合は前もって不動産業者に相談してみると良いでしょう。

入居審査に通ったあとは「賃他の初期費用の支払い」が必要です。

smoothで分割払いにすれば、お金の面で余裕をもって新生活のスタートが切れます。

「借り入れがあって利用できるかわからない」という方でも、LINE登録から簡単に審査できます。

smoothの活用もぜひご検討ください。

素敵なお部屋を借りられることを願ってます。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!

LINEアプリが開きます