転居費用がない!一人暮らしで使える助成金制度とは

folder-icon
引っ越し情報
引っ越し初期費用
pixta 82363716 M

「転居したいけど、お金がない……」 「一人暮らしでも使える助成金はないの?」

転居にはさまざまな費用が発生するため、お金がなくて困っている方も多いはずです。

そこで、この記事では、一人暮らしの転居に使える助成金制度について、詳しく解説していきます。

この記事を読むことで、お得に転居できる方法が分かります。

転居費用がなく困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

転居費用がない!一人暮らしで使える助成金制度

お金がない

助成金制度と聞くと、子育て世帯や高齢者などが対象になるイメージですが、中には一人暮らしでも使える助成金制度が存在します。

主な助成金、支援金制度は、以下のとおりです。

・地方創生移住支援事業 ・住居確保給付金

助成金制度の対象者や補助額などは、自治体によってさまざまです。

例えば、離職や廃業などで生計を立てるのが難しい人には「住居確保給付金」などの制度があり、移住希望者は「地方創生移住支援事業」などが利用可能です。

新宿区が実施していた「家賃補助」などの制度は、子育て世帯のみになりましたが、また一人暮らし向けの制度が実施される可能性も十分にあります。

転居する際は、該当する自治体の助成金制度を確認するようにしましょう。

参照:起業支援金・移住支援金|地方創生 参照:厚生労働省|厚生労働省生活支援特設ホームページ|住居確保給付金:制度概要

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

転居費用がない|初期費用を抑える3つのポイント

悩む女性

転居にはさまざまな費用が必要になるため、いかに初期費用を抑えられるかがポイントです。

転居の初期費用を抑えるポイントは、以下の3つです。

1. 初期費用の安い物件を探す 2. 家具・家電付き物件を探す 3. 初期費用を分割払いする

1. 初期費用の安い物件を探す

転居費用を抑えるには、初期費用が安い物件を探しましょう。

一般的に、賃貸契約の初期費用は家賃の4~6倍かかると言われていますが、中には初期費用が安くなる物件もあります。

初期費用の安い物件は、以下のとおりです。

・敷金、礼金がゼロの物件 ・仲介手数料がゼロの物件 ・フリーレント物件 ・家賃が安い物件

物件を探す際は、敷金や礼金、仲介手数料などを注視して、なるべく初期費用の安い物件を探すようにしましょう。

2. 家具・家電付き物件を探す

一人暮らしの大学生や社会人の場合、家具・家電付き物件を探すのもひとつです。

一人暮らしといえ、必要な家具・家電をすべて揃えると、それなりの費用になってしまいます。

家具・家電付き物件であれば、生活に必要なものが揃っているので、新しく買い揃える必要がありません。

また、荷物が少なくなるので、次の引っ越しもラクになります。

こだわりがなければ、初期費用を抑えるために家具・家電付き物件を探すのも良いでしょう。

3. 初期費用を分割払いする

賃貸契約の初期費用は、基本的に現金一括払いですが、不動産会社によってはクレジットカード払いや分割払いに対応している場合があります。

分割払いにできれば、初期費用の負担を少し減らせます。

しかし、クレジットカード払いの場合、手数料が発生することがあるので、支払い前に確認しておきましょう。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

初期費用が高いと感じたら分割あと払いできる「smooth」がおすすめ!

スムーズ ロゴ logo 横

転居のための助成金制度は、自治体ごとに対象者や給付条件を厳密に定めており、要件を満たさないと受給できません。 自治体としても本当に困窮している世帯に給付できるように、間口を広くしていないのです。

そのため「対象条件に当てはまらず受給できなかった」というケースも多々あります。 転居費用の工面に困っている方は、分割払いなども検討してみましょう。

しかし、クレジットカード等の分割払いは金利手数料が発生し、本来よりも多くの金額を支払う必要があることを頭に入れておきましょう。

契約時にまとまったお金を用意する必要がないことはメリットですが、少し損をした気持ちになりますよね。

そこで、おすすめなのが初期費用を分割あと払いできるサービス「smooth(スムーズ)」です。

smoothは6回払いまでなら金利手数料が0と一切かからず、負担なく賃貸物件の契約をすることができます。

賃貸の初期費用に困っている方は、この機会にご利用してみてはいかがでしょうか。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

まとめ

一人暮らしといえ、転居費用は高く、大きな負担になります。

そのため、国や自治体が実施している助成金制度を利用して、少しでも経済的負担を軽減するのがおすすめです。

一人暮らしで利用できる主な助成金制度は、以下のとおりです。

・地方創生移住支援事業 ・住居確保給付金

ただし、助成金制度はすべての人が対象になるわけではありません。

対象者の詳細や補助額などは、自治体によって異なる場合があるので、必ず該当する自治体のホームページを確認するようにしましょう。

また、一人暮らしで少しでも初期費用を抑えたい場合は、以下の方法を検討してみてください。

1. 初期費用の安い物件を探す 2. 家具・家電付き物件を探す 3. 初期費用を分割払いする

転居には何かと費用がかかるものです。

賃貸契約の初期費用をお得に分割払いしたい方は、smoothの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!

LINEアプリが開きます