【新生活】転職で引っ越しをする場合にかかる費用はどれくらい?節約方法も

folder-icon
引っ越し情報
引越し情報
一人暮らし

転職をする人、した人の中には、勤務地に合わせて住居を変更することになった人もいると思います。

転職となると、前職での引継ぎや新しい会社との契約作業など、やるべきことが山積みな状態になります。

今回の記事では、転職の際に引っ越しをする場合にかかるだいたいの費用と、引っ越し費用を節約するための方法を紹介します。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

転職で引っ越す前に準備しておくこと

共益費 管理費

転職の際は前職と新しい会社とのやり取りが必要になります。

それに加えて引っ越しをする場合は、引っ越し業者への依頼や新居探しなど、さらにたくさんのタスクが発生します。

引っ越し関連手続き

引っ越し先が決まり、だいたいの時期が決まったら、なるべく早く引っ越し業者への依頼をすることが大切です。

特に繁忙期であれば、人気の引っ越し業者は予約をとることができなかったり、料金が跳ね上がったりすることもあります。

転勤の場合は引っ越し代を会社が出してくれることもありますが、転職の場合は自腹で支払うことが多いので、なるべく節約したいですよね。

転職が決まったら、早めに段取りをつけて引っ越しの準備を進めましょう。

行政手続きなど

引っ越し先が市外の場合、行政手続きなども必要になります。

転出の際に届け出を出しておかないと、引っ越し先で選挙権がないなどの問題が発生するかもしれません。

市役所や区役所への届け出が必要な場合は、平日の夕方までにしまってしまうことも多いので、計画的に時間を作る必要があります。

周囲への連絡、挨拶など

転職ともなると、付き合いの深かった取引先や同僚などへの挨拶も大切です。

転職しても近場にいるのであれば問題ありませんが、遠く離れてしまう場合は早めに挨拶周りなどを済ませておくと直前にバタバタせずに済みます。

転職引っ越しでかかる費用

自分で引っ越し

転職で引っ越しをする場合、費用は自分ですべて負担することになるので、何にどの程度お金がかかるのか気になると思います。

引っ越し費用や引っ越しの初期費用は条件によって異なるため、ここでは大まかな費用の想定を紹介します。

都道府県内移動の場合

同じ都道府県内で転職をした場合でも、通勤にかかる時間やアクセスの良し悪しによって、引っ越しが必要なこともあります。

比較的近距離の単身の引っ越しの場合、平均の引っ越し費用は「6万円程度」です。

都道府県内の移動は長距離の移動に比べると安く済みますが、移動距離の他にも「荷物の量」「時期」などの要素も値段に影響を与えます。

4人家族の引っ越しの場合は、「10万円程度」と言われています。

都道府県外移動の場合

都道府県外の移動の場合は、移動距離によっても金額が大きく変わるのであくまで目安程度の数字です。

例えば、大阪から東京への引っ越しの場合、一人暮らしは「8万円程度」、4人家族は「40万円程度」と言われています。

これよりも距離が長く場合、料金はより高額になる可能性があります。

引っ越し初期費用

引っ越し業者の他に、引っ越しの際にお財布に痛手となるのが引っ越しの初期費用です。

多くの場合は、新居を契約して入居するために、月の家賃の4~5カ月分の初期費用が必要になると言われています。

つまり、家賃8万円の家に入居する場合は、32~40万円程度の初期費用の支払いが必要になるということです。

引っ越し費用を抑える方法

お金

これらの引っ越し費用すべてを転職の際に自腹で負担するとなると、大きな痛手ですよね。

引っ越し業者料金や引っ越し初期費用をなるべく抑えるためには、ちょっとしたコツがあります。

引っ越し業者を慎重に選ぶ

引っ越し業者選びで大切なのは、「相見積もり」をとることです。

引っ越し業者は大手から地域密着型の企業まで多岐にわたりますが、なるべく自分の条件に合ったものを選びたいですよね。

特に、依頼を一社だけに絞ってしまうと金額の比較ができず、サービスも適切かどうかわかりません。

複数社からの見積もりを見て最適・最安値のものに決めると、無駄をはぶことができます。

自分が引っ越しにおいてなにを重視しているかをあらかじめ念頭に置いて業者を選ぶことで、引っ越し代の節約につながります。

自分でできる作業をなるべく行う

引っ越しの料金は「荷物の量」「移動距離」「時期」の3つの要素によって大きく価格が変動します。

荷物を減らすことで運搬量が安くなるため、要らないものは重きって断捨離することも大切です。

また、引っ越しプランの中には、荷造りや荷解きをすべて自分でやると価格が安くなるものもあります。

自分でできることをなるべく自分で済ませておくと、代金を安く抑えることができます。

初期費用を抑えるサービスを利用する

引っ越しの初期費用は、ただでさえお金がかかる引っ越し時にはかなり痛手ですよね。

そこで役に立つサービスが「smooth」です。

「smooth」は、引っ越しの際の初期費用を6カ月、12カ月、24カ月などに分割して支払うことのできるサービスです。

入居先となる家に基本的に制限はなく、どの家でもこのサービスを利用することができます。

分割して初期費用を払うことで、引っ越し時の負担を分散し、金銭的に余裕を持って新生活をスタートすることができます。

転職の引っ越しはサービスを上手に活用

引っ越しは経済的に負担になることが多く、なるべく節約したいものですよね。

特に転職の場合は自腹ですべての必要を支払うことになるので、お金に余裕がない人にはストレスになるイベントです。

初期費用の分割サービスなどを上手に活用し、なるべく費用を抑えて快適に引っ越しを進めましょう。

以上、転職の引っ越しにかかる必要と節約方法でした。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!