【探し方・準備】引っ越し業者の見積もりはいつまでにとるべき?

folder-icon
引っ越し情報
引越し情報
同棲

様々な事情で急に引っ越しをしなければいけない状況にある人の中には、引っ越しの見積もりをいつまでにとればいいか不安に思っている人もいるかもしれません。

引っ越し準備は新居探しだけでなく、引っ越し業者への依頼や行政手続きなどやることも多く、ストレスも多いですよね。

この記事では、引っ越し業者の見積もりをいつまでにとるべきか、急ぎの引っ越しの際の注意点などについて解説します。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

引っ越しの見積もりはいつまで?

同棲解消

引っ越し業者を依頼するための最初のステップは見積もりを取ることです。

ネット見積もりや電話見積もりなど、その場もしくは数日で見積もりの返信が返ってくることもありますが訪問見積もりの場合は日程決めなどが必要になります。

1ヶ月前以降にとっている人が7割

アンケート調査によれば、引っ越し業者の見積もりの結果は1ヶ月前以降に取っている人が7割を締めました。

2割程度の人が「1~2か月前」と回答しており、意外とギリギリに見積もり依頼をしていることがわかります。

引っ越しの日程が決定している場合、3ヶ月前からは見積もりをとり始めると余裕を持って準備を進めることができます。

余裕を持って多くの選択肢を持つ

引っ越しのサービスの種類によっては、引っ越し予定日の2週間前までにしか申し込めないようなものもあります。

お得に充実したサービスを受けるためには、なるべく早めに引っ越し業者に連絡をとって情報収集をしておくことが大切です。

また、訪問見積もりの場合には自宅に来てもらって見積もりを出してもらう必要があるので、日程調整などにも時間がかかります。

日中忙しくて時間が取れない場合など、早めに動きだすことで引っ越し予定日ギリギリに慌てることなく作業ができます。

最悪の場合前日でも可能

引っ越しの準備は早めに始めることに越したことはありませんが、最悪の場合前日に連絡して次の日に引っ越すことも不可能ではありません。

しかし、引っ越し業者に空がなかったり、費用が高額になってしまったりなどの問題が発生する可能性があります。

すでに引っ越しの目途が立っているのであれば、見積もりだけでもとりはじめておくとスムーズに引っ越しが進みます。

急ぎの引っ越しの際の注意点

一人暮らし

どうにもならない理由で急ぎの引っ越しをすることになってしまった場合にも、引っ越し業者に依頼することは可能です。

しかしギリギリに引っ越すには、通常の引っ越しよりもリスクがともないます。

引っ越し業者は慎重に選ぶ

通常の引っ越しでは複数の業者に見積もりを取って価格やサービスを比較してから契約を結びますが、急ぎの場合はその余裕がないかもしれません。

大手の引っ越し業者であれば基本的には信頼できるかもしれませんが、なるべく事前に口コミを確認しておきましょう。

急いでいることを利用し、良くない条件で引っ越しの見積もりを提案される可能性もあるので、焦らず落ち着いて契約書をチェックすることが大切です。

割高になることを覚悟する

ギリギリに見積もりを依頼すると、こちらの足元を見て金額を割高に提案してくる場合もあります。

選ぶことのできる選択肢が少ないと、金額やサービスの交渉にも不利になってしまうので、準備はできるだけ早く始めましょう。

繁忙期には業者は埋まってしまう

閑散期であれば直前の見積もり依頼でも受けてもらえる場合が多いようですが、3、4月などの繁忙期は特に選択肢が少なくなります。

繁忙期に引っ越しをする人はあらかじめ準備を進め、業者が見つからずバタバタするようなことがないように注意しましょう。

ギリギリになってしまった場合は、引っ越し業者への見積もりを一括でとることのできるサービスなどを利用して空いているところを探すのも有効です。

引っ越し費用を抑えるポイント

アイディア

引っ越し費用を抑えるためには、早めに準備にとりかかることが大切です。

見積もりを複数とることでより自分に合った条件のいいものを選ぶことができます。

その他にも、引っ越しの費用を抑えるためのコツを3つ紹介します。

引っ越しの荷物を減らす

引っ越しの料金は、荷物の量、移動距離、時期の3つの要素によって決まります。

そのため、引っ越しの荷物が多すぎる場合料金が割高になってしまいます。

それを防ぐためにも、引っ越しの機会に不要なものを捨てて身軽な状態で引っ越しに臨むのがおすすめです。

複数社から見積もりをとる

見積もりを取る際は一社だけでなく、複数社にコンタクトをとるのがおすすめです。

それぞれの業者に特徴があるため、見積もりの内容を比較してより良い金額や条件のものを選ぶことができます。

業者の中でも様々なプランが用意されているので、不要なサービスをそぎ落とせばより金額を下げられる可能性もあります。

引っ越し初期費用を分割払いする

引っ越し業者以外にも、引っ越しの初期費用は大きな出費の1つです。

引っ越し初期費用は通常、家賃の4~5ヶ月分と言われています。

つまり、家賃が7万円の場合28蔓延から35万円を一括で払う必要があるということです。

引っ越し初期費用を抑えるためには「smooth」などの初期費用分割支払いサービスの利用がおすすめです。

「smooth」では、引っ越しの初期費用を6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月に分けて支払うことのできるサービスを提供しています。

自分で選んだ居住先でもサービスを利用することができるので、費用を抑えたい方はぜひチェックしてみてください。

慌てないためにもなるべく早めに準備

引っ越しの準備はなるべく早くスタートすることが大切です。

多くの人は1ヶ月前以降に引っ越し業者の見積もりを取り始めていますが、費用を抑えて引っ越しをしたい人はなるべくたくさんの選択肢をもつことを意識しましょう。

自分の条件に合った引っ越し業者を見つけてくださいね。

以上、引っ越しの見積もりをいつまでとればいいのか解説でした。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!