家族で引っ越しする際の費用相場は!?節約に活躍するチェックポイントまで徹底解説!

家族写真

この記事では家族で引っ越しをする際の費用相場についてご説明しています。一般的に引っ越しをする際に気になる費用として上がるのが引っ越し業者費用です。

最終的に節約をする際どこのお金を節約すると大きな節約につながるのかなどチェックポイントについても詳しく解説していますので最後まで読んで引っ越しに役立ってください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

引っ越し業者の費用目安!家族での引っ越しは高い?

賃貸物件

家族で引っ越しをするなら、引っ越し業者に依頼することがほとんどでしょう。しかし、気になるのは“費用”ですよね。

なんとなく「引っ越し費用は高い」というイメージがあると思いますが、実際はどうなのかお伝えします。引っ越し費用には定価がないので、業者ごとに費用は異なるというのが現実です。また、引っ越し費用は主に、「荷物の量」「移動距離」「時期」の3つの要素によって変動するものです。

一般的な家族での引っ越しにかかる費用としては、10万円~20万円が相場になるでしょう。移動距離や時期によってはもっと高額になる可能性もあるので注意が必要です。

初期費用はどれくらいかかる?

引っ越し

次に引っ越しをする際の初期費用についてです。

家族で引っ越しをする際1番に気になるのが引越しの業者費用ですが、引越し業者費用は100,000円前後の金額になるため、節約をできたとしても20,000円から30,000円が限度でしょう。

しかし引っ越しをする際に節約したいのであれば、一番に見なければいけないのは初期費用についてです。一般的に初期費用とは敷金や礼金、仲介手数料、前払家賃等が含まれます。初期費用は家賃の5ヶ月分から半年分と言われているためもし150,000円の物件に住む場合750,000円から900,000円かかる想定になります。

初期費用を10%節約できるだけで10万円近く金額が変わってくるため、もし大きく節約をしたいのであれば1番に初期費用の内容を確認しましょう。

家族で引っ越し!費用を安くする方法とは

一人暮らし

引っ越し費用は高いものです。特に3人家族、4人家族になると荷物の量も増え、引っ越し費用はどんどん高くなっていくことが予想されます。引っ越しをするということは、新しい場所に住むということ。新居が賃貸マンションやアパートなら、賃貸物件の初期費用もかかってきます。

賃貸物件の初期費用は家賃の約5倍と言われており、家賃12万円の物件なら初期費用は60万円という計算になります。賃貸物件の初期費用にプラスして引っ越し費用もかかるとなると、経済的にも結構厳しいものがあります。そこで、なるべく引っ越し費用を安くしたいと考える方も多いでしょう。そんな方のために、引っ越し費用を安くする方法を紹介したいと思います。今回お伝えする方法はこちらの3つです。

・複数社に見積りを取る ・繁忙期を避ける ・移動距離をなるべく短くする

複数社に見積りを取る

まずは、複数社に見積りを取ることです。先述したように、引っ越し費用は業者ごとに異なります。特に、「A社では10万円」なのに「B社では25万円」のように金額は大きく異なることもあります。

そのため、安い引っ越し業者を探すには複数社に相見積もりを取るのがベストと言えます。ただし、安いだけでサービスが雑だと意味がないので、引っ越し業者を決めたら口コミなどを確認しておくのも1つです。

しかし、複数社に問合わせするのはちょっと面倒ですよね。そこで、手っ取り早く相見積もりを取る方法として「一括見積りサイト」がおすすめです。

繁忙期を避ける

続いては、繁忙期を避けることです。引っ越し費用は、主に5月~2月が「通常期」、3月~4月が「繁忙期」と呼ばれます。3月4月は引っ越しシーズンでもあり、費用が高騰する傾向にあります。

通常期では10万円~20万円、繁忙期では20万円~30万円程度まで高騰することがあります。そのため、なるべく繁忙期は避けて通常期に引っ越しを検討するようにしましょう。また、9月あたりも会社の異動期のため、少し金額が高くなるので注意しましょう。

移動距離をなるべく短くする

続いては、移動距離をなるべく短くすることです。引っ越し費用は移動距離によって大きく変動します。

特に、東京⇒大阪などの長距離移動になると一気に金額は高騰する傾向にあります。そのため、移動距離はなるべく短くするようにしましょう。また、併せて荷物の量も減らしておくと良いでしょう。

初期費用を抑えるなら?

現金と電卓

次に初期費用を抑える方法です。

初期費用を抑える際にメインとなるのが、敷金、礼金、仲介手数料の3つです。

敷金や礼金に関しては、仲介会社に直接値引きの交渉をすると、人気のない物件や繁忙期ではない限り、多少の対応をしてくれるでしょう。

仲介手数料に関しては仲介会社の営業さんのノルマによって、多少融通をきかせてくれることもあるでしょう。直接的な値引きとは関係ありませんが、引っ越し時の負担を減らすと言う意味でフリーレントと言う交渉方法もあります。

敷金や礼金の値引きではなく1ヵ月前後家賃を無料にしてくれないかと言う交渉は、ここ数年で出てきましたが、他の費用の値引きより快く対応してくれる仲介会社、大家さんが多いためいちど相談を持ちかけても良いでしょう。

賃貸物件の初期費用を分割払いする「smooth」

default

「賃貸物件の初期費用が高くて払えない!」そんな方も多いでしょう。初期費用は何も一括で払う必要はなく、クレジットカードやローンなどで分割にする方法はさまざまです。しかし、多くの場合は金利手数料が発生し、本来よりも多くの金額を支払う必要があるということを頭に入れておきましょう。契約時にまとまったお金を用意する必要がないことはメリットですが、少し損をした気持ちになりますよね。

そこで、おすすめなのが初期費用を分割後払いできるサービス「smooth(スムーズ)」です。スムーズは6回払いまでなら金利手数料が0と一切かからず、負担なく賃貸物件の契約をすることができます。賃貸の初期費用に困っている方は、この機会にご利用してみてはいかがでしょうか。

最後に

この記事では家族で引っ越す際の費用の相場からそれぞれの費用をどのようにして抑えるのかについてご説明してきました。

引っ越しは様々なことにお金がかかるため負担が大きくなりがちですが、一つ一つの項目を見直すことによって負担を減らすことができるでしょう。そのためこの記事で記載したことを一つ一つ確認し引っ越しをスムーズに進めましょう。

その他にも、引っ越しの初期費用を無料で分割できるスムーズと言うサービスがあるため、もし引っ越し時の負担が重いと感じるようであればスムーズの利用を検討しても良いかもしれません。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!