二人暮らしの引っ越しに必要な準備って?費用相場から買うべきアイテムまで徹底解説!

同棲用
author-image
監修

高嶋允瑛

株式会社スムーズ取締役・宅地建物取引士

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

この記事では、2人暮らしの引っ越しに必要な準備と、費用相場、買うべきアイテムまで徹底的に解説しています。

せっかく2人の新生活が始める始まるタイミングなのでこの記事を読んでしっかりと準備を進め、スムーズに引っ越しを進めましょう。

二人暮らしに必要なお金は?

まず初めに2人暮らしの引っ越しに必要なお金についてです。

大きく分けると3つの費用がかかります。

1つ目が初期費用。

2つ目が引越し業者費用。

3つ目が家財道具の費用です。

引っ越し経験があればある程度想像はつくかと思いますが改めて一つ一つ説明していきます。

まず初めに初期費用についてです。

引っ越しにかかる初期費用とは、基本的に新しい家に住むための敷金、礼金、仲介手数料、前払家賃、補償保険費用、鍵交換等諸費用のことをいいます。

一般的に入居する家の家賃の5ヶ月分から半年分ほど初期費用がかかると言われています。

次に引越し業者費用です。引越し業者費用は引越しする時期、荷物の量、移動する距離の3点で金額が大きく変わります。

業者によってもかなり金額に開きがあるためいろいろな業者に見積もりを取り、キャンペーンを使用することをお勧めします。

最後に家財道具の費用についてです。

はじめての一人暮らしの場合は、寝具とカーテンさえあれば、後は少しずつ集めていけば問題ありませんが、2人暮らしとなるとそうはいきません。

お互いの家具や家電を持ち寄っても、2人で使うとなるとキャパオーバーなこともあるため新しく買い換える必要があります。

一人暮らし用の家具家電と比べ大きく値段が上がるため、必要な家具家電リストを作成し、2人で優先順位付けをして購入を進めていきましょう。

初期費用はいくらくらい?

2人暮らしに必要な初期費用は、先述の通り家賃によって大きく変わってきます。

家賃200,000円の物件に住む場合、1,000,000円から1,200,000円の初期費用が1つの目安となります。

しかし敷金礼金のないゼロゼロ物件やフリーレントという家賃が、無料になる期間がついている物件、仲介手数料が安い仲介会社などをうまく使うことによって、初期費用はかなり抑えられるため、物件探しの際は、ただ理想の物件を探すだけではなく、仲介会社選びにも気を使い、物件探しを進めていく必要があります。

しかし初期費用が安い物件は、不人気な物件の可能性があるため、周辺地理や設備条件などをしっかりと確認し、節約できるところは節約、妥協すべきところは妥協と慎重な判断が必要です。

引っ越し業者費用は?

次に引越し業者費用についてです。

2人暮らしの場合。平均的な金額として60,000円から70,000円が1つの目安となります。距離が近かったり、ものが少なかったり、繁忙期ではない時期に引っ越しをすると30,000円前後まで抑えられる可能性もあるため、自分たちがどこで妥協できるのかをしっかりと見極めることで節約することができるでしょう。

また仲介会社によっては引越し業者と提携してキャンペーン等を打っている可能性もあるため、確認が必要です。

買うべき家財道具は?

最後に買うべき家財道具についてです。

引っ越し初日に必要なものとしては寝具とカーテンが必須と言えるでしょう。

その他にも洗濯機や冷蔵庫、照明器具、調理家電などの各家電も必要となるでしょう。

しかし一度にすべての家電を2人暮らし用のものに買い換えると、300,000円前後かかる可能性もあるため、一度どのような家電がまず必要なのかを話し合い、用意を進めましょう。

多少の期間であれば、洗濯はコインランドリーに行き、もし2人とも外食が多い場合は、調理家電や、冷蔵庫などの優先順位が落ちてくることでしょう。

一度2人の生活スタイルを見直し、どのような家電が必要なのかをしっかりと考えましょう。

家具に関してはどのようなテイストでまとめるのか、とにかく安さを重視するのか、実際に住んでみてどのようなサイズ感のものが家に合うのかなどをしっかり検討してから購入することをお勧めします。

引っ越しをしたからといって、とりあえず家具屋さんに行って目についたものを買うといった買い方をしてしまうと、家具のテイストがバラバラになってしまったり、サイズ感が合わなかったり、後々買い換える羽目になり無駄な出費となる可能性もあるため、急がずに購入することをお勧めします。

最後に

この記事では2人暮らしの引っ越しに必要な準備についてご説明してきました。

2人暮らしになると初期費用はもちろん、引越し業者の費用や、家財道具の購入費用も一人暮らしと比べかなり高くなるため、計画的な進行が必要となります。

さらに2人暮らしの場合、初期費用自体もかなり高額になるため、貯金が足りないといった問題に当たる可能性もあります。

そういった際には初期費用を無料で分割払いできるスムーズと言うサービスがあるため、使用を検討しても良いかもしれません。

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!