引っ越しをする際の業者料金の相場は?注意点を含めて徹底解説!

引っ越し
author-image
監修

高嶋允瑛

株式会社スムーズ取締役・宅地建物取引士

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

この記事では引っ越しをする際の引越し業者費用についてご説明しています。

料金の決まり方や、注意点などを様々な観点で引越し業者費用についてご説明しているため、最後まで読んでできるだけ安く引っ越しを進めましょう。

引っ越し業者の料金の相場って?

まず初めに引越し業者の相場についてです。

条件によってかなり変わってきますが、単身の場合平均40,000円ほど、同性の場合60,000円ほど、家族の場合80,000円ほどが1つの目安となってきます。

しかしこの後説明する料金の決まり方によって、その金額はかなり上下するため実際に引っ越しをする際には、条件をしっかりと確認し数社に見積もりを取る必要があると言えるでしょう。

さらに引越し業者によっては、キャンペーンを打っている可能性があります。

閑散期や提携している仲介業者とのコラボキャンペーンなど、集客したいタイミングによって様々なキャンペーンを打っており、しっかりとした下調べを行うことでより安く引っ越しを進行できるでしょう。

料金の決まり方は?

引越し業者の料金の決まり方は、3つの要素によって変わってきます。

1つ目は移動距離です。想像に容易いかと思いますが、隣町に引っ越す場合と東京から北海道に引っ越す場合、大きく費用が変わってきます。

隣町に引っ越す場合は、引越し業者を利用してもそこまで費用はかからないかと思いますが、長距離移動する場合は現地でそれぞれのものを揃えたほうが安上がりになる可能性もあるため注意が必要です。

2つ目は荷物の量についてです。引越し業者費用はもちろん荷物の量が多くなればなるほど費用が高くなります。

そのため何でもかんでも全て引越し業者に配送を依頼するのではなく、自分で運べるものはキャリーケースなどで荷物を運搬したり、着替えなど量があるものは、一般的な運送業者に依頼したほうが安く運搬できる可能性もあります。

必ずしも引越し業者を利用するのではなく、荷物によって引越し業者に依頼するか自分で運搬するか、はたまた運送業者を利用するのか検討しましょう。

3つ目は引っ越しをする時期です。2月3月4月の新生活に向けて準備を進める期間は、引越し業者費用がかなり高くなります。

1番安い閑散期と比較すると1.5倍程度の金額になりますので時期にこだわりがない方は閑散期を狙って引っ越しをすることをお勧めします。

おすすめの時期は?

次に引っ越しにお勧めの時期についてです。先述の通り2月3月4月は引っ越し業界の繁忙期となるため引越し業者費用がかなり高くなります。他にも7月8月の夏休み期間や9月の新生活期間は業者費用も高くなる傾向にあります。

お勧めの時期はいくつかあります。

1つ目は5月6月です。5月6月は新生活の繁忙期を終え、引越し業者の閑散期とも言えるでしょう。

そのため5月6月であれば繁忙期の2割から3割程度安く業者費用が済みます。業者費用だけを見ると1番安い時期と言っても過言ではありません。

しかし5月6月は休みを取りづらい時期のため、引っ越しをスムーズに進められる方は少ないのではないでしょうか。

2つ目のお勧めの時期は穴場の12月1月です。

12月1月は年末年始で休みを取りやすく、その後すぐ新生活に向けた準備に入るため引っ越しを検討する方が少ない時期です。

そのため繁忙期と比べると、比較的安く引越し業者費用が済み、休みを取れることでスムーズに引っ越しを進めることができるでしょう。

しかし年末年始ゆっくり過ごせなくなるため、あまり気にしない方にはオススメですが、気持ち的にはあまり乗らない時期とも言えるでしょう。

おすすめの引っ越し業者は?

引っ越し業者のおすすめは、エリアや時期、使用する仲介会社によって大きく金額が変わってくるため、一概には言えません。

大手と呼ばれる、アリさんマークの引っ越し社、サカイ引越センター、アート引越センターなどは大きな違いはないでしょう。おそらく独自のパック形態などもあるため、自分の荷物量、移動距離によって使い分けが必要になります。

引っ越し業者費用をとにかく節約したい場合は、赤帽という選択肢もあります。

軽トラ一台で荷物が治まる場合、近場に引っ越す場合に限りますが、条件によっては、引っ越し業者の半額程度で済む可能性もあるため、とにかく節約したい場合はお勧めです。

下手に大きな車をレンタカーするよりも安く済む可能性が高いため、かなりおすすめです。

しかし、赤帽の料金設定は人工換算のため、長距離の移動や長時間の拘束が必要になるとコスパが悪くなる可能性がありますので、注意は必要です。

まとめ

この記事では、引っ越しをする際の引越し業者費用の相場や、価格の決まり方、注意点等についてご説明してきました。

自分が引っ越しする際に、どのような方法で引越し業者費用を抑えられるのか。この記事を読んでしっかりと検討を進めましょう。

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!