引っ越したい!みんなの理由と準備すべき点を徹底解説!

AdobeStock 238995984 Preview
author-image
監修

高嶋允瑛

株式会社スムーズ取締役・宅地建物取引士

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

この記事では引っ越しをしたい方に向けて、どのような理由で引っ越しを検討する人が多いのかや、引っ越しをする際に準備すべき点などを徹底的に解説していきます。

後半では、状況に応じた引っ越しの注意点や、お金に余裕を持って引っ越すための方法についてご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

みんなが引っ越したいと思う理由

同棲解消

まずは「引っ越しをしたい」と思う方の理由についてご紹介します。

人によって様々な理由がありますが、下記に理由をまとめましたので次の物件選びの参考にし、引っ越しを成功させましょう。

・通勤時間を減らしたい 歩くのが好きなので駅から徒歩25分の物件に住んでいるが実際に住み始めると、通勤時間の大半を歩いている時間に使っているため、ばかばかしく感じ引っ越しを検討している。

・治安がよくない 近くに公園がある物件に住んでいるが、入居前は人が集まりやすい場所なのでセキュリティー上良いのかと思っていたが、夜になるとそこに人がたむろするため、騒音の原因になったり、絡まれそうで怖い思いをしたことがあり、引っ越しを検討している。

・近隣の環境 交通の便を考え大通り沿いに住んでいるが、確かに交通の便はとても良いが排気ガスがひどかったり、騒音の被害がひどいため、大通り以外の物件に絞り引っ越しを検討している。

・同棲のため 現状は、1LDKで同棲をしているが、付き合いはじめの頃は1つの部屋でも問題がなかったが、今関係自体は良好でも、それぞれ自分の部屋が欲しいとなり、引っ越しを検討している。

・生活スタイルに合った街に住みたい 近くに商店街があり、安く買い物を済ませられたり、下町の雰囲気が好きで物件を選んだが、仕事の関係上、夜遅くに帰宅することも多く、実際に商店街を利用することはほとんどできていない。むしろ、休日ゆっくり寝たいのに騒がしいため、自分の生活リズムに合っていないと判断し引っ越しを検討している。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

引っ越したいと思ったら「何から始める?」

引っ越し準備

引っ越しをスムーズに行うためにも事前準備はとても重要な工程です。

一般的な引っ越しまでの準備は、以下の通りです。

  1. 引っ越しスケジュールを立てる

  2. 物件探し

  3. 荷造り

  4. 各種手続き

詳しく解説していきます。

1_引っ越しスケジュールを立てる

引っ越したいと思ったらまずは引っ越しスケジュールを立てるようにしましょう。

学生の場合は学校、社会人の場合は仕事の都合に合わせる必要があるので、前もって計画立てをしておく必要があります。

一般的には、物件を探し始めてから入居まで1.5ヵ月~2ヵ月と言われています。

そのため、「この週に物件を探して~…次の週に内見に行く…。」など、大まかでも構いませんので、スケジュールを立てるようにしましょう。

2_物件探し

スケジュール立てが終わったら物件探しを開始しましょう。

物件探しにおいて重要なのは、エリアと条件です。

エリアに関しては、学校や職場に近い場所、もしくは最寄り駅の沿線上で選ぶのがベストといえます。

また、築年数や間取り、駅からの距離などの条件も重要なのですが、ポイントは条件を絞りすぎないことです。

条件を絞りすぎてしまうと選択できる物件が少なくなってしまうため、「これだけは外せない!」というポイントのみ指定することをおすすめします。

ちなみに、賃貸物件の契約には審査が必要です。

審査の結果が出るまでに1週間程度は時間がかかるので、余裕をもって行動するようにしましょう。

3_荷造り

物件がきまったら引っ越しに向けて荷造りを実施します。

使わない家電や家具、季節外れの衣類などから順番にダンボールに着けていきましょう。

一人暮らしでものが少ない場合はすぐに終わるのですが、荷造りは意外と時間がかかってしまうこともあります。

特にものが多い方やファミリー世帯の方は、前もって荷造りを開始することが重要です。

また、荷造りの際に、不用品の選別も行うと荷物を減らすことができて一石二鳥となります。

あとは、退去時に備えて、なるべく部屋の中をキレイにしておきましょう。

4_各種手続き

引っ越しをする際に意外と忘れがちなのが転出届けや電気・ガス・水道などの各種手続きです。

転出届は新しい場所で住民票を移すために必要な書類になります。

退去する14日前から役所で手続きを行うことができるので、忘れずに行うようにしましょう。

また、電気・ガス・水道の新規申し込みと解約は引っ越しの1~2週間前から行うことができます。

こちらも忘れずに行うようにしましょう。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

引っ越したいならタイミングが重要

共益費 管理費

引っ越しをするタイミングはとても重要です。 転勤などで急遽引っ越しが決まる場合は仕方ありませんが、なるべく時期を考えて引っ越すことをおすすめします。

更新料がかからないタイミングを選ぶ

現在賃貸にお住まいの方は、契約更新前の引っ越しがおすすめです。 「更新料」については、地域ごとに差がありますが首都圏などでは2年ごとに家賃1〜2ヶ月分の更新料を請求されることが一般的です。 更新日を1日でも過ぎてしまうと更新料を請求されるため、更新日前に引っ越しできるようにお部屋探しを始めましょう。

賃貸の更新料についてはこちらの記事もご参考にどうぞ。 ⇨賃貸物件の更新料は必ず支払うもの?更新料の相場など詳しく解説

1〜4月は費用が高くなる傾向がある

一般的に引っ越し業界の繁忙期は、1月~4月と言われておりこの時期は引っ越し費用が1.5倍以上高騰することがあります。

そのため、引っ越し費用をなるべく抑えたい方は1〜4月の引越しは避けましょう。

一方で、空き物件が多くなる時期でもあるので、選べるお部屋の選択肢が多いというメリットもあります。

7〜8月は引っ越し費用が安い

引越し業界の閑散期は、7〜8月頃。夏場の引越しはあまり人気が無いようですね。 引っ越す人が少ないこの時期は、引越し費用自体も安く、賃貸物件の割引キャンペーンを行っている可能性があるため全体的に費用を抑えられます。 タイミングをコントロールできる場合は検討してみてください。

物件は引っ越しの2ヶ月前から探し始める

引っ越したい時期が決まっている方は、引っ越し時期の2ヶ月ほど前からお部屋探しを始めましょう。 入居までには入居審査や重要事項説明など、準備に時間がかかります。 2ヶ月ほど余裕を持って物件を探すことで、納得のいく物件に出会えるでしょう。

「違う地域に引っ越したい!」エリアの選び方は?

AdobeStock 115519896

次にエリアの選び方についてです。

住む場所は簡単に決められるように思いますが、引っ越す理由に直結するストレスを感じやすい場所とも言えるでしょう。

想像しやすいところで言うと、通勤通学時間に無駄な時間をとられてしまう可能性や、駅まで離れていて交通の便が不便という点です。

しかし気をつけなくてはならない点が他にもいくつかあります。

例えば自分の生活スタイルに合った時間に生活必需品が買い物できるかと言う点も大きな基準になってきます。

商店街が近くにあるエリアは、安く買い物を済ませるため済ませられるため、人気な条件でもありますが、朝早くから夜遅くまで仕事をしている場合、買い物ができる時間にお店が空いていない可能性もあります。

そのため自分の生活スタイルをいちど省みて、自分が買い物をできる時間帯がいつなのか、そしてその時間帯に空いているスーパーやドラッグストアなどが近くにあるかと言う点も1つの判断基準にしましょう。

その他にも近くに緑の多い公園がある物件などは人気ですが、夏には虫が多く、休みは騒がしくなる可能性があるためそういった点にも注意が必要です。

物件の条件選択の際には必ず必要となりますが自分の生活スタイルに合ったエリア選びを行いましょう

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

後悔しないための物件選びのポイント3選

せっかくお引っ越しをするなら、「引っ越さなければよかった・・・」と後悔したくはないですよね。 後悔しないための物件選びのポイントを3つご紹介します。

ポイント①職場や学校への通いやすさで選ぶ ポイント②近隣の環境 ポイント③防音性

ポイント①職場や学校への通いやすさで選ぶ

「引っ越したいと思う理由」でご紹介したように、通勤時間や通学時間をストレスに感じる方は多いです。 職場や学校までの道のりや時間は、物件選びの時に確認しておきましょう。 物件情報に記載されている「駅まで徒歩○分」は、「徒歩1分=80m」で計算されています。 駅まで向かう途中に踏切や信号があると、記載通りの時間では到着しない可能性があります。 通勤・通学のルートは入居を決定する前に、一度確認しておくと安心ですよ。

ポイント②近隣の環境

近隣の環境は生活に直結する部分ですので、お部屋選びには重要です。

繁華街近くの物件は、「外食や買い物に便利」といったメリットがありますが、一方で「キャッチが多かったり騒音が気になる」というデメリットがあります。

住宅街は「静かで安心して過ごせる」反面、「夜は人通りが少ないため外出に不安を感じる」という側面があります。

どの地域も一長一短ありますが、ご自身の生活スタイルにあった地域を選ぶと後悔する可能性は低くなります。

また昼と夜では印象が異なるため、気に入った物件を見つけたら昼と夜それぞれの時間帯で訪れてみましょう。

ポイント③防音性

アパートやマンションへ引っ越す際は、建物の「防音性」にも注目しておきましょう。

一般的には、

”木造 < 鉄骨(軽量鉄骨・重量鉄骨) < SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造) < RC造(鉄筋コンクリート造)”

の順番で防音性が高くなるとされています。 木造アパートは、他の建築方法に比べて生活音が響きやすいので注意が必要。

とはいえ、お部屋の間取りや、物件によっても防音性は多少異なります。 内見時に壁を軽く叩いてみて、音が響くかどうかチェックしてみるのも良いでしょう。

交通量が多い地域では、二重窓になっていることが好ましいです。 大型トラックがたくさん通る環状線沿いなどは、夜間ストレスに感じる可能性が高いため音に敏感な方は注意しておきましょう。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

こんな場合は要注意!引っ越したい時の注意点

注意

「引っ越したい」と思っても、入居審査に通らなかったり、必要以上にお金がかかってしまうケースがあります。注意点を確認しておきましょう。

違約金に注意!

賃貸物件を1年未満など短期間で解約する場合は、違約金がかかる可能性があります。 契約内容は物件により違うので、賃貸契約書で違約金の有無を確認しておきましょう。

違約金の相場は家賃1ヶ月分ほどです。 家賃が安い物件でも数万円はかかってしまうので、負担は大きいでしょう。

転職に伴う引っ越しの注意点

転職と引っ越しを同時に行う方は、お部屋を契約するタイミングに注意が必要です。

一般的には、内定をもらってからお部屋を契約する流れが良いとされています。 内定前だと入居審査に通らない可能性もあるので、内定後に入居審査を受けた方が安心ですね。

また、家賃は手取り収入の3割程度が目安とされており、それを大幅に超える場合は支払いができないと判断され審査に落ちる可能性が高くなるので注意しましょう。

もし入居審査に通らなかった場合は、 ・見込み年収に対して家賃が高すぎないか ・カードローンなどの借金がないか ・家賃やクレジットカードの支払いを滞納したことがないか などのポイントをチェックしてみる必要があります。

大学生の引っ越しの注意点

大学生の引っ越しは、いくつか注意が必要です。

従来、未成年の引っ越しは親の同意が必要とされていましたが、2022年4月から成人年齢が18歳に引き下げられたため、契約書に親のサインを得る必要が無くなりました。

ただし、アルバイトの収入だけで家賃や生活費の支払いが難しい場合は親に相談する必要がありそうですね。

さらに、自分で引っ越しの荷物を運ぶのか引っ越し業者を依頼するかなども検討しておきましょう。 引っ越し業者を依頼するときは、学生向けのプランを利用すると費用を抑えられるのでおすすめです。

記事内TOP遷移バナー_a

引っ越したいけど・・・費用はいくらかかる?

お金

引っ越しには主に、以下の3種類の費用がかかります。 ・引っ越し業者へ支払う費用 ・お部屋を契約する初期費用 ・退去費用(現在賃貸物件にお住まいの方)

それぞれいくらくらいかかるのか、目安をご紹介します。ご自身の状況に当てはめて、計算してみてくださいね。

引っ越し業者へ支払う費用の目安

引っ越し業者へ支払う費用は、「時期・距離・荷物の量」により異なります。 おおよその目安は以下の通りとなっています。

  • 一人暮らし(同一都道府県内)・・・4〜6万円ほど

  • 二人暮らし(同一都道府県内)・・・6〜10万円ほど

  • 三人家族(同一都道府県内)・・・7〜10万円ほど

引っ越しの日程が決まったら、早めの段階で引っ越し業者の見積もりを取りましょう。 一括見積もりサービスなどで、引っ越し料金を比較するとより安い業者へ依頼できるのでおすすめです。

お部屋を契約する初期費用の目安

お部屋を借りるには、敷金や礼金などの初期費用がかかります。 一般的には「家賃5〜6ヶ月分ほど」が目安とされており、家賃5万円のお部屋を借りるなら25万円〜30万円ほどの初期費用がかかる計算です。 家賃ごとの初期費用の目安を以下にまとめておきます。

  • 家賃5万円・・・25〜30万円

  • 家賃6万円・・・30〜36万円

  • 家賃7万円・・・35〜42万円

  • 家賃8万円・・・40〜48万円

  • 家賃10万円・・・50〜60万円

上記はあくまで目安ですが、基本的に初期費用は家賃に比例して高くなります。 そのため、お部屋を探す際は「毎月の家賃を支払えるか」だけでなく「初期費用が支払えるか」も考慮して物件を選ぶ必要がありますね。

退去費用の目安

現在賃貸でお部屋を借りている方は、退去費用も想定しておかなければなりません。 物件や契約内容により退去費用は異なりますが、主に以下のような費用がかかります。

  • ワンルーム、1K・・・1.5〜3万円

  • 2DK、2LDK・・・3〜5万円

  • 3DK、3LDK・・・5〜6万円

退去費用は、請求されてから「足りない!」とならないように、家賃1ヶ月分ほど想定しておきましょう。 ただし前項でご説明したように、短期(数ヶ月)で退去する場合は、この他に違約金がかかる場合があります。 その場合プラス家賃1ヶ月分を必要とする可能性が高いので、留意しましょう。 不動産会社へ退去の連絡をするときに、違約金や退去費用について確認しておくと安心です。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

引っ越したいけどお金がない!初期費用を抑える方法とは

家賃

引っ越し費用や賃貸契約の初期費用など、引っ越しをするにはまとまったお金が必要になります。そのため、「引っ越したいけどお金がない!」と困っている方も多いでしょう。

賃貸契約の初期費用は、一般的に家賃の5〜6ヶ月分程度と言われており、家賃8万円の物件なら40〜48万円かかる計算になります。 物件によってはさらに高額になることもあるでしょう。

しかし、賃貸契約の初期費用はやり方次第で安く抑えることが可能です。 その方法をお伝えしていきます。

敷金・礼金なしの物件を探す

1つ目は、敷金・礼金なしの物件を探す方法です。 一般的に、敷金・礼金はそれぞれ家賃の1か月分かかるため、賃貸契約の初期費用の中でも高額な費用になります。

そのため、敷金・礼金なしの物件を探せば、初期費用を大幅に安く抑えることが可能。

しかし、敷金・礼金なし物件は、築年数が古い駅から遠いなどの条件が悪い場合があるため、慎重に選ぶようにしましょう。

敷金・礼金ゼロ物件は、物件情報がネット上で公開されていないこともあるので、不動産会社に直接確認するのがおすすめです。

smoothでは非対面、LINEでお部屋のご提案も行っております。 初期費用の後払いを検討している方は、ぜひ一度LINEからお問い合わせください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

フリーレント物件を探す

2つ目は、フリーレント物件を探す方法です。 フリーレントとは、一定期間の家賃が無料になる契約形態のことをいいます。 フリーレント期間は、一般的に1か月~2か月、中には3か月間も無料になるケースがあります。

そのため、フリーレント物件を契約することで、家賃はもちろん日割り家賃や前家賃などの費用もかからないため、かなり初期費用を安くすることが可能です。

しかし、フリーレント物件は、契約期間内で解約する場合は違約金が発生することが多いので注意が必要です。

初期費用を分割にする

3つ目は、初期費用を分割にする方法です。

そもそも初期費用が高すぎて一括で払えない場合は、分割払いにするという方法があります。 分割払いをするには、クレジットカードを利用するイメージが強いのではないでしょうか。

しかし、クレジットカードを利用して分割払いにする場合、金利手数料が発生することや、利用できる物件が限定される点に注意が必要です。

契約時にまとまったお金を準備する必要はなくなりますが、最終的に支払う総額が増えてしまうと、少し損をした気分になってしまいますよね。

引っ越したいけどお金がない!そんな時はsmoothがおすすめ!

default

「引っ越したいけど、初期費用がネックで引っ越せない!」そんな方も多いでしょう。

そこで、おすすめなのが初期費用を分割後払いできるサービス「smooth(スムーズ)」です。

smoothは、6回払いなら金利手数料が0と一切かからず、負担なく賃貸物件の契約をすることができます。

クレジットカードの分割と違い、選べる物件に制限もありません。

賃貸の初期費用にお困りの方は、この機会にご利用してみてはいかがでしょうか。

smoothを実際に利用して、新しい生活を手に入れた方々の口コミやレビューを下記ページの中で紹介しています。

https://smooth.jp/articles/about-smooth/smooth-reveiw

口コミ・レビューを参考に、安心してsmoothを利用しましょう。

smoothの分割について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください ⇨初期費用を分割できるスムーズの仕組み

最後に

この記事では「引っ越しをしたい」と考えている方に向けて、みんなの引っ越しの理由や、反省点をご紹介しました。 内容をまとめておきましょう。

【みんなが引っ越したい理由】 ・通勤時間を減らしたい ・治安がよくない ・近隣の環境 ・同棲のため ・生活スタイルに合った街に住みたい

【引っ越しの準備】 1_引っ越しスケジュールを立てる 2_物件探し 3_荷造り 4_各種手続き

その他、引っ越しのタイミングは閑散期を避ける事や自分の生活スタイルに合ったエリア選びについてご紹介しました。

引っ越しの初期費用がネックで引っ越しを躊躇している方は、初期費用の分割払いも検討してみると良いでしょう。

ぜひ、この記事を参考に新たな生活へ一歩踏み出しましょう!

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!