引っ越したい!みんなの理由と準備すべき点を徹底解説!

AdobeStock 238995984 Preview
author-image
監修

高嶋允瑛

株式会社スムーズ取締役・宅地建物取引士

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

この記事では引っ越しをしたい方に向けて、どのような理由で引っ越しを検討する人が多いのかや、引っ越しをする際に準備すべき点などを徹底的に解説していきます。

この記事を最後まで読んで引っ越しをする際の注意点や物件の選び方の参考にしましょう。

みんなの理由

同棲解消

まずは引っ越しをしたいと思う方の理由についてです。

人によって様々な理由がありますが下記にまとめましたので次の物件選びの参考にし、引っ越しを成功させましょう。

・歩くのが好きなので駅から徒歩25分の物件に住んでいるが実際に住み始めると、通勤時間の大半を歩いている時間に使っているため、ばかばかしく感じ引っ越しを検討している。

・近くに公園がある物件に住んでいるが、入居前は人が集まりやすい場所なのでセキュリティー上良いのかと思っていたが、夜になるとそこに人がたむろするため、騒音の原因になったり、絡まれそうで怖い思いをしたことがあり、引っ越しを検討している。

・交通の便を考え大通り沿いに住んでいるが、確かに交通の便はとても良いが排気ガスがひどかったり、騒音の被害がひどいため、大通り以外の物件に絞り引っ越しを検討している。

・現状は、1LDKで同棲をしているが、付き合いはじめの頃は1つの部屋でも問題がなかったが、今関係自体は良好でも、それぞれ自分の部屋が欲しいとなり、引っ越しを検討している。

・近くに商店街があり、安く買い物を済ませられたり、下町の雰囲気が好きで物件を選んだが、仕事の関係上、夜遅くに帰宅することも多く、実際に商店街を利用することはほとんどできていない。むしろ、休日ゆっくり寝たいのに騒がしいため、自分の生活リズムに合っていないと判断し引っ越しを検討している。

準備すべきこと

引っ越し準備

引っ越しをする際に準備すべき事は決定的な条件付けです。

家賃はいくらまでなら自分はストレスなく払えるのか、通勤通学時間がどの程度であればストレスを感じないのか、どのような設備がないと最低限生活を送れないのか、どのような間取りであれば住みやすいのか、など自分の中で理想の物件をいちど作り上げ、その物件をもとに物件探しを進め、気になった物件に対しそれぞれ点数をつけていき、点数が高い物件を狙って引っ越すことをおすすめします。

このイメージ付けを細かく詳細に決めていくことで引っ越しの失敗が少なくなります。

引っ越す時期のおすすめは?

共益費 管理費

引っ越しをする際に、新生活に向けて引っ越しをする場合は、引っ越しする時期が決まってしまいますが、ただ引っ越しをしたい場合、引っ越す時期にこだわることで初期費用を抑えられるでしょう。

引っ越す時期を決める際は、繁忙期とされる2月から4月は避けるようにすることをお勧めします。

逆に2月から4月以外の時期は大家さんも入居者を探しているため、初期費用が抑えられる可能性があります。

中でも注目の時期は7月8月です。7月8月は夏休みを取りやすいため、引っ越しをスムーズに進められる可能性もあり、大家さん側からしても、次の2月4月まで入居者が入らない可能性もあるため、空室を避けるために配慮してくれる可能性が高いです。そのため、時期にこだわりがない方は、そういった時期に引っ越すことをお勧めします。

エリアの選び方は?

AdobeStock 115519896

次にエリアの選び方についてです。

住む場所は簡単に決められるように思いますが、引っ越す理由に直結するストレスを感じやすい場所とも言えるでしょう。

想像しやすいところで言うと、通勤通学時間に無駄な時間をとられてしまう可能性や、駅まで離れていて交通の便が不便という点です。

しかし気をつけなくてはならない点が他にもいくつかあります。

例えば自分の生活スタイルに合った時間に生活必需品が買い物できるかと言う点も大きな基準になってきます。

商店街が近くにあるエリアは、安く買い物を済ませるため済ませられるため、人気な条件でもありますが、朝早くから夜遅くまで仕事をしている場合、買い物ができる時間にお店が空いていない可能性もあります。

そのため自分の生活スタイルをいちど省みて、自分が買い物をできる時間帯がいつなのか、そしてその時間帯に空いているスーパーやドラッグストアなどが近くにあるかと言う点も1つの判断基準にしましょう。

その他にも近くに緑の多い公園がある物件などは人気ですが、夏には虫が多く、休みは騒がしくなる可能性があるためそういった点にも注意が必要です。

物件の条件選択の際には必ず必要となりますが自分の生活スタイルに合ったエリア選びを行いましょう。

引っ越したいけどお金がない!初期費用を抑える方法とは

家賃

引っ越し費用や賃貸契約の初期費用など、引っ越しをするにはまとまったお金が必要になります。そのため、「引っ越したいけどお金がない!」と困っている方も多いでしょう。

賃貸契約の初期費用は、一般的に家賃の5倍程度と言われており、家賃8万円の物件なら40万円かかる計算になります。物件によってはさらに高額になることもあるでしょう。

しかし、賃貸契約の初期費用はやり方次第で安く抑えることが可能です。その方法をお伝えしていきます。

敷金・礼金なしの物件を探す

1つ目は、敷金・礼金なしの物件を探す方法です。一般的に、敷金・礼金は家賃の1か月分かかるため、賃貸契約の初期費用の中でも高額な費用になります。

そのため、敷金・礼金なしの物件を探せば、初期費用を大幅に安く抑えることが可能です。

しかし、敷金・礼金なし物件は、築年数が古い、駅から遠いなどの条件が悪い場合があるため、慎重に選ぶようにしましょう。

フリーレント物件を探す

2つ目は、フリーレント物件を探す方法です。フリーレントとは、一定期間の家賃が無料になる契約形態のことをいいます。フリーレント期間は、一般的に1か月~2か月、中には3か月間も無料になるケースがあります。

そのため、フリーレント物件を契約することで、家賃はもちろん日割り家賃や前家賃などの費用もかからないため、かなり初期費用を安くすることが可能です。

しかし、フリーレント物件は、契約期間内で解約する場合は違約金が派生することが多いので注意が必要です。

初期費用を分割にする

3つ目は、初期費用を分割にする方法です。そもそも初期費用が高すぎて払えない場合は、分割払いにするという方法があります。分割払いをするにはクレジットカードを利用する方法が一般的です。

しかし、クレジットカードを利用して分割払いにする場合、金利手数料が発生するので注意が必要です。契約時にまとまったお金を準備する必要はなくなりますが、最終的に支払う総額が増えてしまうことになります。

引っ越したいけどお金がない!そんな時はsmoothがおすすめ!

default

「引っ越したいけどお金がない!」そんな方も多いでしょう。初期費用は何も一括で払う必要はなく、クレジットカードやローンなどで分割にする方法はさまざまです。しかし、多くの場合は金利手数料が発生し、本来よりも多くの金額を支払う必要があるということを頭に入れておきましょう。契約時にまとまったお金を用意する必要がないことはメリットですが、少し損をした気持ちになりますよね。

そこで、おすすめなのが初期費用を分割後払いできるサービス「smooth(スムーズ)」です。スムーズは6回払いまでなら金利手数料が0と一切かからず、負担なく賃貸物件の契約をすることができます。賃貸の初期費用に困っている方は、この機会にご利用してみてはいかがでしょうか。

最後に

この記事では引っ越しをしたいと感じた方に向けて、他の方がどのような理由で引っ越しをしたいかと言う点をまとめ、反省点を学び、次の引っ越しに役立てるような情報を発信しました。

それぞれストレスを感じやすいポイントなどもご説明しましたので、この記事を参考に長く住めるお気に入りの物件を探せるようにしましょう。

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!