引っ越しのお金を借りる方法とは?まとまったお金を準備できない時の対処法

folder-icon
引っ越し情報
引っ越し初期費用
AdobeStock 79273323

引っ越しって何かとお金がかかりますよね。

賃貸物件の初期費用もあれば、引っ越し費用、家具家電など挙げればきりがないほどたくさんあります。

そのため、中にはまとまったお金を用意できず、お金を借りたいと考える方も多いでしょう。

そこで、この記事では引っ越しのお金を借りる方法について詳しく解説していきます。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

引っ越しにかかるお金

家賃

引っ越しにかかる費用は人それぞれで、主に「移動距離」「荷物の量」「時期」によって決まります。

そのため、一概には言えませんが、単身者で近場の引っ越しなら5万円程度、荷物が多い場合は6万円~10万円前後になることが予想されます。

ファミリーの引っ越しでは、同じ都道府県内の引っ越しでも10万円程度、500km離れた遠方への引っ越しでは20万円以上かかることを覚悟しておきましょう。

また、これらは通常期での引っ越し費用ですが、繁忙期になると費用は1.5倍程度に上がってしまうので注意が必要です。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

引っ越しのお金を借りる方法

point

引っ越し費用は、先述したように単身者でも荷物や移動距離によっては10万円を超えることがあり、ファミリーでの引っ越しとなると20万円を超える場合も考えられます。

そのため、すぐにまとまったお金を用意できず、お金を借りたいと思う方も多いはずです。

引っ越しのお金を借りる主な方法はこちらです。

・消費者金融

・銀行カードローン

・フリーローン

・生活福祉資金貸付

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

消費者金融

少額借入ですぐに返済できる見込みがある場合は、消費者金融のキャッシングがおすすめです。

消費者金融は銀行のカードローンよりも金利が高くなりますが、アルバイトやパートでも一定以上の収入があれば審査に通過することができるので誰でもチャンスがあります。

また、消費者金融のキャッシングでは、30日間など無利息期間が設けられていることが多いため、すぐに返済できるなら利息0でお金を借りることも可能です。

ただし、消費者金融は融資金額の制限が厳しいので、注意しましょう。

銀行カードローン

銀行カードローンは、消費者金融のキャッシングとは違い「融資金額」の上限が高く設定されています。

また、消費者金融に比べて金利も低いので、まとまったお金を準備するのに向いているといえます。

とはいえ、審査が厳しく融資までに時間がかかるので、すぐにお金が必要な場合は消費者金融を利用するようにしましょう。

フリーローン

フリーローンは多目的ローンと呼ばれ、さまざまな用途で使用することができます。

フリーローン一番のメリットは、カードローンに比べて金利が低いということ。

銀行カードローンの金利が14%前後に対し、フリーローンは6%前後で融資を受けることが可能です。

また、フリーローンは原則1回の融資になるので、返済計画が立てやすくついつい借り過ぎてしまったということも防げます。

しかし、フリーローンはカードローンよりも審査に時間がかかるため、即日で融資を受けたい人には向いていないといえるでしょう。

生活福祉資金貸付

条件を満たせば、国が出している生活福祉資金貸付の総合支援資金(住宅入居費)でお金を借りることも可能です。

生活福祉資金貸付は誰でも利用できるわけではなく、対象者は次の3世帯になります。

・低所得者世帯

・障害者世帯

・高齢者世帯

都道府県社会福祉協議会で申込を行い、審査に通過すればお金を借りることができます。

国が出しているものですが、給付金ではなく貸付金になるので返済は必要です。

とはいえ、銀行や消費者金融に比べると金利は低いので、該当する場合は利用することをおすすめします。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

家賃が高い!賃貸物件の初期費用に困ったら「smooth」

default

「賃貸物件の初期費用が高くて払えない!」そんな方も多いでしょう。

初期費用は何も一括で払う必要はなく、クレジットカードやローンなどで分割にする方法はさまざまです。

しかし、多くの場合は金利手数料が発生し、本来よりも多くの金額を支払う必要があるということを頭に入れておきましょう。

契約時にまとまったお金を用意する必要がないことはメリットですが、少し損をした気持ちになりますよね。

そこで、おすすめなのが初期費用を分割後払いできるサービス「smooth(スムーズ)」です。

スムーズは6回払いまでなら金利手数料が0と一切かからず、負担なく賃貸物件の契約をすることができます。

賃貸の初期費用に困っている方は、この機会にご利用してみてはいかがでしょうか。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

まとめ

引っ越しにはまとまったお金が必要なので、出来れば計画的に貯金しておくことが理想です。

しかし、中には仕事の都合で急な引っ越しが必要になることもあるでしょう。

もし、引っ越し費用を準備できない場合は、「消費者金融」「銀行カードローン」「フリーローン」「生活福祉資金貸付」から自分に合ったものを選んでお金を借りるのがベストです。

お金を借りるということに抵抗がある方もいるかもしれませんが、消費者金融などでは無利息期間を設けていることもあるので、そこまで不安を抱く必要はありません。

どこかの機関からお金を借りるのが怖い場合は、家族や友人などに頭を下げてお金を借りるのもひとつです。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!