引っ越しの見積もりをとる方法って?契約までの流れと節約方法を紹介

folder-icon
引っ越し情報
引越し情報
自分で引っ越し

引っ越し業者と契約するための最初のステップは、引っ越し業者への見積もり依頼です。

初めて引っ越しをする人にとっては、見積もりの取り方や検討する際の注意点などわからないことも多いかもしれません。

この記事では、引っ越し業者に見積もりを取るまでの流れについて紹介します。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

引っ越しの見積もりの種類

値下げ交渉

引っ越し業者の料金は、「荷物の量」「移動距離」「時期」によって決まるため、見積もりを出すためにはどれくらいの荷物があるかを把握必要があります。

見積もりを依頼するには、ネットや電話を利用する方法と、自宅に来てもらって荷物の量を確認してもらう方法があります。

ネット・電話見積もり

単身での引っ越しの場合では荷物が少ないことが多いため、単身パックなどで手軽に申し込みをすることができます。

訪問見積もりの場合は予定を決めて見積もりのために時間を割かなければいけないので、特別荷物が多いわけでなければネットなどを通じて見積もり依頼をしましょう。

単身でも荷物が多い人は、訪問見積もりが含まれている単身プランを選択するとより正確な料金を知ることができて安心です。

訪問見積もり

訪問見積もりは、実際に家に来てもらって持ち物がどの程度あるかを確認してもらう方法です。

荷物の量や運搬する備品のチェックを行うため、正確な見積もりを提示してもらえます。

訪問を受ける時間の調整など手間がかかりますが、訪問自体はさほど時間がかからずすぐに終わります。

訪問見積もりの際の注意点

注意点

訪問見積もりでは正確な見積もりを提示してもらえるほど、対面で話ができるので、金額の交渉ができるというメリットもあります。

一方で、時間的な拘束があることや他人を家に入れることなど、人によってはデメリットに感じる面もあるかもしれません。

片付けをしておく

訪問見積もりの際は、見られて困るようなものは段ボールの中など見えない場所にしまっておきましょう。

荷物の全体量が把握しやすいように、なるべくものを整理しておくことが大切です。

動物を飼っている人は、訪問してきた業者さんが作業に困ることがないよう、動物のケアにも注意が必要です。

準備をしておけば、訪問自体は30分程度で終わります。

対面でもすぐ契約しない

対面で話をするからこそ、その場で契約しなければいけないというプレッシャーを感じるかもしれませんが、焦る必要はありません。

直接断りにくくなるように積極的に契約の話をさせても、検討しますと答えてその場での回答を避けましょう。

梱包資材などを置いていかれたとしても、条件が合わないのであれば無理にそこと契約しなくても大丈夫です。

時間に余裕をもっておく

訪問見積もりは通常30分から1時間程度で終了しますが、作業に時間がかかってしまうこともあります。

そのため、前後の予定には余裕を持ち、受け入れの際にバタバタすることがないようにしましょう。

訪問見積もりのスタッフの方に対してお菓子やお茶を出す必要はありませんが、最低限受け入れの体制を整えて待つとスムーズに進行します。

見積もり依頼の前に確認する点

女性

見積もりをする前に、自分がどのポイントを重視して引っ越しをしようと考えているかを明確にしておきましょう。

見積もりをとってから「条件を変更して再度見積もりがほしい」となると二度手間で時間もかかってしまうので、あらかじめ希望条件を提示することが重要です。

どこまで業者に依頼するか?

業者に依頼する範囲がせまければ、当然費用が安くなります。

例えば、梱包作業や荷解き作業をすべて自分で行うプランと、一部を業者に依頼するプランで価格が異なることがあります。

自分で作業できる部分を決めておき、見積もり依頼の際にその旨を伝えておくとスムーズです。

運搬が難しいものがないか?

ピアノや水槽など、運搬のために特別な手続きが必要なものは事前に申請しておく必要があります。

他にも特別な梱包が必要なものや、サイズの大きいものについてはあらかじめ相談しておきましょう。

これをしないと、引っ越し当日に追加で料金が発生したり、トラックにすべての荷物が載らなくなったりしてしまうかもしれません。

節約できるポイントがないか?

見積もりの際には、節約できるポイントがないか事前におさらいしておきましょう。

荷物の量で見積もりの金額が決まるため、捨てる予定のものが家に置いてあると、それも運搬すると勘違いされて見積もり金額に含まれてしまうかもしれません。

明確に廃棄するものと持参するものを分けてから見積もり依頼をすることで、料金をなるべく安く抑えることができます。

他にも引っ越し業者だけでなく引っ越し初期費用を抑えるなど、引っ越しの節約方法は様々です。

初期費用の分割払いのできるサービスを「smooth」を利用すれば、6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月に分割して初期費用を払うことができます。

出費の多い引っ越し時には便利なサービスを利用することで、心理的、経済的な不安を減らすことができます。

引っ越しの見積もりは前準備が大切

引っ越しの見積もりは訪問見積もりが必要な場合もあり、手間に感じることもあるかもしれません。

しかし、見積もりを依頼する前に自分が何を重視しているかを明確にしておくと、スムーズにやり取りをすすめることができます。

より自分に合った条件の引っ越し業者を見つけられるよう、前準備を大切にしてくださいね。

以上、引っ越しの見積もりの流れについてでした。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!