引っ越しが安い時期はいつ?初期費用や引っ越し業者費用も併せておすすめ時期を解説!

カレンダー
author-image
監修

高嶋允瑛

株式会社スムーズ取締役・宅地建物取引士

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

この記事では引っ越しをする際に、どのタイミングで引っ越しを行うと安いのかを紹介しています。不動産屋さんの賃貸初期費用や、引越し業者費用などを比較し、お勧めの時期などもまとめております。 引っ越し費用が安いと言う事は、タイミングとして引っ越しにくい時期や、あまり引っ越しを検討しない時期が多いので、この記事を最後まで読んで、自分のライフスタイルに合わせて引っ越し時期を見極めましょう。

賃貸初期費用が安い時期はいつ

注意点

まずは不動産屋さんに払う、賃貸にかかる初期費用が安い時期について説明します。賃貸の初期費用とは、敷金や礼金、前払家賃、仲介手数料、保証金等が入ります。 物件や不動産屋さんによってかかる費用が変わり、それぞれの費用は約1ヵ月を目安に計算すると良いでしょう。

繁忙期

まずは初期費用が1番高くなる繁忙期についてです。繁忙期とされるのは2月から4月の新生活が始まる時期になります。その時期は敷金や礼金、仲介手数料などを安くしなくても引っ越し需要が高くなります。そのため初期費用を抑えるのが難しいでしょう。 時期を気にせず安く引っ越したい方は、この時期を避けるのお勧めします。 もしどうしても2月から4月に引っ越しをしなければならず、初期費用を抑えたい場合は、ゼロゼロ物件と呼ばれる敷金や礼金がかからない物件、仲介手数料が安い不動産屋さん等を探す必要があります。初期費用をどうしても抑えたいわけではなく、直近で貯金が用意できない場合などは、スムーズの初期費用無料分割払いサービスを使用するのをおすすめします。

通常期

次に通常期についてです。通常期と呼ばれるのは5月から2月の間です。

繁忙期以外の時期は、基本的にうまく交渉すれば敷金や礼金仲介手数料などを安く抑えられる可能性があります。それでも人気の物件などはそういった交渉に応じてくれない可能性が高いです。安く引っ越しをしたい方は、閑散期などに引っ越すことをお勧めします。

繁忙期と比べ、初期費用は安くなりますが、2月から5月の中でも閑散期と呼ばれる時期は初期費用を安くしてでも住んでくれる人を探しているため、さらに初期費用を抑えたい方は閑散期を狙うと良いでしょう。

閑散期

最後に1番狙い時の閑散期についてです。閑散期と呼ばれる時期は、通常期の中でも6月~8月、10月、12月などが上がります。その時期はなかなか新生活が始まる時期でもなく引っ越しを検討する方が少ない時期です。

どうしても安く引っ越したい場合はそういった時期を狙って引っ越すことをおすすめします。しかし閑散期と呼ばれる時期は、良い物件が埋まってしまいがちなため、繁忙期と呼ばれる時期と比べると選べる物件が少なくなります。

日本は人口減少が進んでいるため、空き家自体は多くなっていますが、人気のないエリアは、大家さんがさらなる設備投資などにお金を使わない傾向があるため、閑散期に空いている物件は、どこか住みにくい条件がある物件が多いことでしょう。それでも好条件の物件が急遽開くこともあるため、あきらめずに物件を探すことをお勧めします。

引っ越し業者費用が安い時期は?

一人暮らし

次に引越し業者費用が安い時期について説明します。引越し業者費用が安い時期に関しては賃貸初期費用が安い時期と被るのではないかと思いがちですが、実はそうではありません。引越し業者に荷物の運搬を依頼するのは荷物が多い方や長距離の引っ越しを検討している方が多いと思います。

そういった方は引っ越しに時間がかかるため休みの時期を狙って引っ越す方が多いでしょう。そういった時期の違いについて説明します。

繁忙期

引越し業者の繁忙期は、賃貸初期費用の繁忙期と同じく2月から4月の間です。

この時期に関しては純粋に引っ越す方が多く、引越し業者に運搬を依頼する方も多いため同じく費用が高くなってしまいます。

しかしちょっとした賃貸初期費用とのタイムラグがあり、4月5月のゴールデンウィークなどは休みのため、そういった時期も少し費用が高くなる傾向にあります。もし繁忙期に引っ越す場合は平日等を利用して引っ越すことをお勧めします。

通常期

次に通常期についてです。引越し業者の通常際6月~10月になります。その時期に関しては繁忙期よりは引越し業者費用が安くなりますが閑散期と比べキャンペーン等の実施が少なくあまり見所とは言えません。

閑散期

次に引越し業者の閑散期についてです。

引越し業者の閑散期は11月1月です。12月1月は休みに入りますが年末年始にバタバタと引っ越しをするのは嫌だと思うのが一般的ではないでしょうか。 大半の人が年末年始は休みだと思うので引っ越し自体はしやすいと思いますが気分的には乗らないと思います。しかし閑散期で引越し業者費用が安くなり、休みも取れるためあまり気にしない方で、引っ越し業者費用を安くしたい方は12月1月の引っ越しを特にお勧めします。

併せておすすめの時期は?

女性

ここまで引越し業者費用と賃貸初期費用をそれぞれ繁忙期、通常期、閑散期に分けて説明してきましたが、それぞれの時期を比較し、特にオススメの時期と言えるのは8月です。

一般的に引っ越しにかかる費用として7割から8割が賃貸の初期費用になります。

引越し業者費用はその中でも大体1割から2割程度なので多少引越し業者が高かったとしても、賃貸初期費用が安くなりやすい8月を狙ってお勧め引っ越しするのをおすすめしますます。

8月であれば休みを取れる方も多いと思うので、その休みに合わせて引っ越しをするとスムーズに比較的安く引っ越しが進行できるのではないでしょうか。

引っ越し費用をなるべく安くする方法

アイディア

引っ越し費用は繁忙期と閑散期で金額がまったく違うことが分かりましたが、ここからは引っ越し費用を安くするちょっとした方法について紹介したいと思います。これから引越しを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

複数業者に見積りを依頼する

引っ越し費用は業者によって異なります。例えば、A社では6万円前後なのに、B社では10万円を超えるというケースもよくあります。そのため、安い業者を見つけるためには複数業者から見積りを取るのがベストです。

今では、ネットで一括見積なども取れるようになっているので、手間を省きたい方はそちらを利用してみましょう。一括見積もりであれば、大手の引っ越し業者から、知名度こそないが良心的な業者まで幅広く探すことができるので非常に便利です。

月末・土日祝を避ける

引っ越し日は、なるべく月末・土日祝は避けるようにしましょう。と言うのも、一般的に引っ越し費用は、「月央」⇒「月初」⇒「月末」の順番で金額が高くなっていきます。そのため、月末よりも月初や月央に引っ越しをすることで費用を少し安くすることができます。

また、土日祝日も引っ越し費用が高くなる傾向になります。なるべく安くしたいなら、火曜日、水曜日、木曜日あたりの週の中日を選択するようにしましょう。月曜日や金曜日は、有給取得で土日と併せて連休にする方も多いため、少し高く設定されていることがあります。引っ越し費用を節安するなら曜日や時期も考えて検討するようにしましょう。

梱包は自分で行う

梱包や荷ほどきを自分で行う場合は、引っ越し費用が少し安くすることがあります。一般的に、引っ越しというと梱包や荷ほどきまですべて引っ越し業者に任せるものですが、梱包などは自分で行うことで引っ越し費用が安くなることがあります。

引っ越し業者によっては、セルフプランなどもあるので、引っ越し費用を安くしたい方は、チェックしてみてください。

単身者なら単身パックを利用する

一人暮らしで荷物が少ない方や、単身赴任などの際は単身パックがおすすめです。単身パックとは、引っ越し業者の用意したコンテナに収まる荷物だけを運ぶサービスです。荷物が多い方や家電製品がある方などには少し不向きかもしれませんが、これから新生活を始めようと考えている方にはとてもおすすめです。

今では、多くの引っ越し業者が単身プランを用意していますが、もっとも有名どころで言うと日本通運さんでしょう。単身パックのコンテナにはSやLなどのサイズがあるので、荷物量に合わせて選択することが可能です。

賃貸初期費用を分割にできるサービス「smooth」

default

「賃貸物件の初期費用が高くて払えない!」そんな方も多いでしょう。初期費用は何も一括で払う必要はなく、クレジットカードやローンなどで分割にする方法はさまざまです。しかし、多くの場合は金利手数料が発生し、本来よりも多くの金額を支払う必要があるということを頭に入れておきましょう。契約時にまとまったお金を用意する必要がないことはメリットですが、少し損をした気持ちになりますよね。

そこで、おすすめなのが初期費用を分割後払いできるサービス「smooth(スムーズ)」です。スムーズは6回払いまでなら金利手数料が0と一切かからず、負担なく賃貸物件の契約をすることができます。賃貸の初期費用に困っている方は、この機会にご利用してみてはいかがでしょうか。

「smooth」のメリット

初期費用を分割払いにできる「smooth」。クレジットカードやカードローンでは、金利が発生するため、合計支払い額が増えてしまいます。しかし、「家族や友人にお金を借りるのは難しい…。」という方も多いでしょう。

そんな賃貸物件の初期費用問題を解決してくれるのが「smooth」です。smoothは、6回払いまでなら金利手数料が一切かからず、初期費用を分割にすることができます。

また、ほとんどの不動産物件で利用できるのも大きなメリットと言えます。LINEで気軽に相談することも出来るので、賃貸物件の初期費用に悩んでいる方は、ぜひお問い合わせください。

まとめ

この記事では、引っ越し費用が安い時期はいつなのかを、検討している方に向けて賃貸初期費用、引越し業者費用のやすい時期をそれぞれまとめました。より多くの費用がかかる賃貸初期費用を軸として考え、8月が1番オススメと紹介しました。 それ以外の時期に引っ越す方でも、不動産屋さん引越し業者各社が様々な時期にいろいろなキャンペーンなども行っているため、そういったキャンペーンをうまく活用し引っ越すと同額程度で引っ越せる可能性もあります。 自分の引っ越し検討時期と併せて、情報収集や比較を進め、スムーズに引っ越しを進行しましょう。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!