転居助成金の種類とは?どんな人が対象になるのか詳しく解説

folder-icon
引っ越し情報
引越し情報
pixta 82484960 M

引っ越しは何かとお金がかかるため、国や自治体から支援を受けられるとありがたいですよね。

実際、自治体によっては、引っ越しを支援する「転居助成金」を設けていることがあります。

この記事では、転居助成金の種類や対象者などについて、詳しく解説していきます。

「自分が転居助成金の対象者に該当するのか」「どのような助成金があるのか」など、知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

転居助成金とは?

補助金

国や自治体は、移住や就職、新生活などを理由に引っ越しをする人に対し「助成金制度」を設けています。

助成金の種類は自治体によっても異なりますが、一般的にこのような助成金制度を「転居助成金」と呼んでいます。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

転居助成金の対象者一覧

図5

転居助成金は、すべての人が利用できるわけではありません。

対象者は自治体によって異なりますが、ここでは転居助成金の対象になりやすい人の特徴を紹介します。

子育て・新婚世帯

少子高齢化が問題視されている日本では、子育て・新婚世帯の支援が重要しています。

例えば、自治体が設けている「出産育児一時金」や「小児医療援護制度」「結婚新生活支援事業」なども子育て・新婚世帯を支援するための制度です。

また、子育て世帯は幅広く、まだ子供を産んでいない夫婦や、結婚予定のカップルも子育て世帯に含まれることもあります。

子育て世帯や新婚世帯の定義や助成金については、自分の住んでいる自治体のホームページを確認してみてください。

UIターン就職者・移住者

UIターンによる就職や転職をする際には、助成金を利用できる可能性があります。

コロナ禍になり、東京や大阪などの都会にいなくても仕事ができるようになった今、UIターン就職者の数は増加傾向にあります。

中には、地方への移住を希望する人も増え、就職者だけでなく都会からの移住者も助成金の対象になります。

UIターンや移住によって引っ越しを検討している場合は、該当する自治体のホームページで詳細を確認してみてください。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

主に利用できる転居助成金の種類

疑問

転居に対する助成金制度は自治体によってさまざまですが、国が設けている主な助成金は以下のとおりです。

・地方創生移住支援事業 ・結婚新生活支援事業

詳しく解説していきます。

地方創生移住支援事業

地方創生移住支援事業とは、東京23区に在住または通勤する人が、東京圏外に移住する場合に受けられる支援制度です。

地方創生移住支援事業の対象者は、以下のとおりです。

1. 【移住元】東京23区の在住者または東京圏から東京23区へ通勤している者 2. 【移住先】東京圏以外の道府県又は東京圏の条件不利地域への移住者(移住支援事業実施都道府県・市町村に限る) 3. 【就業等】地域の中小企業等への就業やテレワークにより移住前の業務を継続、地域で社会的起業などを実施

また、支援金は、単身者の場合は60万円以内、世帯の場合は100万円以内で、各都道府県が設定する金額とされています。

参照:起業支援金・移住支援金|地方創生

結婚新生活支援事業

内閣府では、これから夫婦として新生活をスタートする「新婚世帯」を対象に、引っ越し費用や家賃などの初期費用を支援する「結婚新生活支援事業」を設けています。

結婚新生活支援事業の対象者は、以下のとおりです。

・婚姻日:令和5年3月1日~令和6年3月31日 ・所得要件:世帯所得500万円未満 ・年齢要件:夫婦ともに婚姻日時点の年齢が39歳以下

また、補助上限額は、29歳以下の世帯で上限60万円、それ以外の世帯は上限30万円となっています。

対象者や補助額などは自治体によって異なる可能性があるので、必ず各自治体の詳細を確認するようにしましょう。

参照:結婚新生活支援事業について:子ども・子育て本部|内閣府

引っ越し資金に困ったら!初期費用分割払いの「smooth」

default

転居助成金は自治体ごとに対象者や給付条件を厳密に定めており、要件を満たさないと受給できません。 自治体としても本当に困窮している世帯に給付できるように、間口を広くしていないのです。

そのため「対象条件に当てはまらず受給できなかった」というケースも多々あります。

引っ越し資金の工面に困っている方は、分割払いなども検討してみましょう。

初期費用を分割する際におすすめなのが、初期費用分割あと払いサービス「smooth(スムーズ)」です!

smoothは6回払いまでなら金利手数料が0円!トータルの支払い金額が増えることなく、賃貸物件の契約ができます。 ぜひLINE登録から利用審査を受けてみてくださいね。

smoothを実際に利用して、新しい生活を手に入れた方々の口コミやレビューを下記ページの中で紹介しています。

https://smooth.jp/articles/about-smooth/smooth-reveiw

口コミ・レビューを参考に、安心してsmoothを利用しましょう。

smoothの分割について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください ⇨初期費用を分割できるスムーズの仕組み

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

まとめ

転居助成金は、移住や就職、新生活などを理由に引っ越しをする際に受けられる支援制度のことです。

転居助成金の種類は、自治体によってさまざまが、一般的には以下のような制度があります。

・地方創生移住支援事業 ・結婚新生活支援事業

対象となるのは、子育て・新婚世帯、UIターン就職者・移住者が対象になることが多いですが、対象者の詳細は自治体によって異なります。

引っ越しは、何かとお金がかかるもので、このような助成金制度を利用できるのはありがたいことですよね。

初期費用に不安がある方は、該当する自治体のホームページを確認して、転居助成金を利用できるのか確認してみてください。

もし、助成金制度を利用できない場合は、smoothなどの初期費用を分割できるサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!

LINEアプリが開きます