二人暮らしの引っ越し費用っていくらかかるの?業者費用も初期費用も徹底解説!

同棲料理

この記事では2人暮らしを始める方に向けた、引っ越しの引っ越し費用についてまとめました。引っ越し費用を調べる際、気になるのは引越しの業者費用が軸かと思いますが、大きな費用の負担で言えば、実は初期費用の方が負担額としては大きいです。

そのためこの記事では、業者費用、初期費用それぞれの費用をまとめ、それぞれの費用の節約の仕方をまとめましたので、気になる方はぜひ最後まで読んで、スムーズに引っ越しを進めてください。

引っ越しにかかるお金って何があるの?

まずは引っ越しにかかるお金について説明していきます。

引っ越しにかかるお金はいくつかあり、不動産仲介会社に支払う初期費用や、引っ越しにかかる引越しの業者費用、また新たなお部屋に合う家具や、家電など家財道具の費用などもかかってきます。

引っ越しにかかる費用の大部分を初期費用がしめます。家具や家電などの家財道具も、もし今まで実家暮らしだったのであれば、ゼロから全て揃えなければいけなくなり、そちらもかなり大きな負担となるでしょう。

引越し業者費用はそれらと比べると多少安くなりがちですが、業者によってはかなり金額の差が生まれるため、きちんとした節約法を身に付けることによって、無駄なお金を支払うことなくスムーズに引っ越しを進められることでしょう。

二人暮らしなら引っ越し業者はいくらくらいかかるの?

2人暮らしに係る引越し業者費用は全体の平均値で70,000円前後となるでしょう。距離が近い場合はかなり節約ができ、50,000円前後まで節約することが可能でしょう。

またはじめての2人暮らしであれば、家具や家電等も新しく購入することで荷物を減らすことができ、新たな家具や家電を使用することができるため、最終的な満足度は高いでしょう。

今まで使用していたものを使用するためにも、引越し業者費用がかかるため少しでも余裕があるのであれば無駄に荷物を運ぶことなく引越しができるよう、荷物の取捨選択を行いましょう。

初期費用はどれくらいかかるの?

2人暮らしの初期費用に関しては家賃によって大きく変わってきます。

100,000円前後の物件であれば、初期費用が5ヶ月から6ヶ月分と言われているため50万円から60万円前後の初期費用がかかるでしょう。

初期費用とは一般的に敷金、礼金、仲介手数料、前払家賃、その他保険費用等がかかります。

敷金と礼金、仲介手数料、前払家賃が一般的に家賃の1ヵ月分と言われているため、その他細かい費用含めて家賃5ヶ月分を想定しておくと1つの判断基準となります。

引っ越しの繁忙期などは、それら初期費用を値引きせずとも新たな入居者が集まりやすいため、なかなか値引きが難しく、物件によっては、敷金や礼金等が2か月分取られる可能性もあります。その他にもなかなか開かない人気の物件などは、敷金や礼金が2か月分になることがあります。

引っ越し業者費用を節約するなら?

引越し業者費用を節約したいのであれば、複数社に見積もりを取ることが必須条件となります。

引越し業者を探す際にいろいろ検索して探すかと思いますが、基本的にサイト上にのっている情報は、紹介業者等が絡んでいる場合が多く、情報の信用度がそこまで高くはありません。

そのため実際に業者を探す際は、大手の業者数社と地域密着型の業者や、その地域に強い業者など計5社程度に見積もりを取ることをおすすめします。

さらにネット上には「複数社に同時に見積もりを取れます」といったサービス等がありますがそういったサービスを利用し業者を紹介してもらうと、業者側お客さんの紹介料をそのサイトに支払わないといけないため、直接見積もりを取るよりも、その後の割引や付帯サービスの廉価など条件が悪くなる可能性があるため、基本的には直接見積もりを取るようにしましょう。

初期費用を節約するなら?

次に初期費用の節約方法についてです。

初期費用の節約方法に関しては、大きく値引きされる可能性があるのが礼金についてです。

礼金に関しては最近安く設定している物件が多いため、仲介会社に直接相談をすれば、値引きに対応してくれる可能性があります。

敷金や仲介手数料などはサービスレベルの保持のためなかなか値引きが難しいですが、応じてくれる可能性もあるため一応相談はしましょう。

その他にも初期費用を節約するポイントがあります。ここ数年で流行っているのがフリーレントと言う制度です。初期費用を直接値引きするのではなく、賃貸料を2週間から2ヶ月ほど0円にする仕組みになります。

もし賃貸料が1ヵ月分無料になった場合、2人暮らしであれば10万円前後費用が浮く計算になるため、これも積極的に仲介会社に相談すると良いでしょう。

直接的な値引きではないため、実感を感じにくいかと思いますが、その他の敷金や礼金、仲介手数料等の値引きと比べ、ハードルが低いためいちど確認して損はありません。

最後に

この記事では2人暮らしの引っ越し費用についてご説明してきました。

10万円の物件に住むのであれば、初期費用と引越し業者費用合わせて60万円から70万円ほどかかる計算になります。貯金があったとしても、60万円から70万円の出費はかなり負担として重いため、賢く節約することをお勧めします。

その他にもスムーズのサービスを使えば、初期費用を無料で分割できるため、引っ越し時の負担がかなり軽減されます。スムーズでは初期費用を最大24回まで分割払いできるため、直近で貯金が用意できなかったとしても、引っ越しをスムーズに進行することができるため、賢く引っ越しを進めたいのであればぜひ利用を検討してください。

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!