ストーカー被害で今すぐ引っ越ししたい。だけどお金がない。それでも引っ越せるお勧めサービスは?

folder-icon
引っ越し情報
引越し情報
同棲解消
author-image
監修

高嶋允瑛

株式会社スムーズ取締役・宅地建物取引士

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

ストーカーの被害は、毎年約2万件の相談が警察へ寄せられています。 (警察庁発表|ストーカー被害相談件数) しかし、そのなかでも警察が加害者に対し警告や禁止命令等を行なった事例は2〜3千件ほどで、ほとんどの方が相談のみに留まっています。

そのため、ストーカー被害を受けていても、警察はまともに取り合ってもらえないという話もよく耳にするでしょう。

何か被害を受けないと警察は動いてくれませんが、そうなった時には遅いケースがほとんどです。

ストーカー被害に対する一番の対策は、”加害者に知られずに引っ越すこと”ではないでしょうか。

対策がわかっても「引っ越しにはまとまったお金が必要になるから、すぐには引越しできない」という方もいるでしょう。

そんな方に向けて、この記事では 「まとまったお金が無くてもすぐに引っ越しができるサービス」 「訳ありの引っ越しに対応してくれる引っ越し業社」 「ストーカー被害を避けるための注意点」をまとめたので、ぜひ最後までお読みください。

お金がないときに利用できる引っ越しサービスは?

共益費 管理費

ストーカー被害に遭われてすぐに引っ越したい場合、お部屋を契約するための”賃貸契約の初期費用”と荷物を運ぶための”引っ越し費用”が必要になります。

一人暮らしで引っ越しの場合、家賃や移動距離によっても異なりますが、合計で30〜60万円ほどの費用が必要でしょう。 通常、不動産業者・引っ越し業社どちらも分割払いに対応しておらず一括払いすることが一般的です。 しかし緊急的に引っ越しをする場合、すぐに費用を用意するのが難しいこともあるでしょう。

ここでは、”賃貸契約の初期費用”と”引っ越し費用”に使えるサポートやサービスをそれぞれご紹介します。

【ストーカー被害】新居の初期費用に利用できるサービス

緊急的に引っ越しをする場合、負担が大きいのが、お部屋を契約する時の初期費用です。 新居の初期費用は家賃5〜6ヶ月分が目安とされていて、最低でも家賃4ヶ月分ほどの費用がかかります。

例えば、家賃6万円のお部屋なら30〜36万円ほど、家賃7万円のお部屋なら35〜42万円ほどという計算になります。

この初期費用は、『smooth』を利用することで手数料無料で分割払いが可能になります。

無料で分割できるのは6回払いまでですが、最長で24回払いまで対応してくれるので、すぐに資金が用意できなくとも引っ越しを検討することができるのではないでしょうか。

スムーズって?

『smooth』では初期費用を分割できるだけではなく、LINEでお部屋の紹介も行っています。 ストーカーが原因でお引っ越しをお考えの場合、「なるべく誰にも知られずに引っ越しをしたい」と考えるでしょう。

そんなとき、『smooth』なら来店不要でお部屋探しをすることができます。

全国対応で、ほぼすべての物件で利用できるのでセキュリティ対策が整ったお部屋に今すぐ引っ越すことが可能になります。

「バレずに引っ越したい」「お金がないけどすぐ引っ越したい」方にはおすすめのサービスですので、まずはLINEからお問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

【ストーカー被害】引っ越し費用に利用できるサポート

上記でご紹介したサービスは、残念ながら引っ越し費用をカバーすることはできません。 引っ越し代金は、「距離・荷物の量・時期」などで大きく金額が変わります。

通常の引っ越しの場合、一人暮らしの荷物が少ない短距離でも3〜10万円ほどの費用が必要となるでしょう。

夜間の引っ越しが可能な「夜逃げ・ワケあり引っ越しサービス」などを利用すると、安く抑えても5万円ほどの引っ越し費用が必要になります。

特殊な事情での引っ越し費用について調べてみたところ、警視庁が引っ越し費用の金銭的サポートをしてくれているようです。

リンク⇨警視庁|DV被害などでの引越費用の助成

”ストーカーやDV被害のように、身の安全を確保するために緊急に引っ越す必要がある場合、一定の条件の下、一定額までの転居費用を警察で支払います。”

以上のように記載されているため、ご自身のケースが対象になるか相談してみる価値はあります。 警察はあてにできないと諦めずに、まずは相談してみましょう。

ただ、こちらは転居費用ということですので”引っ越し費用”のみが対象となることに注意が必要です。

ここでご紹介した2つのサービス・サポートを利用することで、手元にまとまったお金がなくてもすぐに引っ越すことができそうですね。

次は、ストーカー被害など特殊な事情で「夜間に引っ越したい」「バレずに引っ越したい」ときに利用できる引っ越し業者をご紹介します。

【ストーカー被害】ワケありの引っ越しに対応してくれる引っ越し業者

ストーカー被害やDVなど特殊な事情で引っ越しをする場合、通常の引っ越しとは違った配慮が必要になるでしょう。

ワケありの引っ越し専門業社に引っ越しを依頼すると、24時間・365日・即日対応で当日の引っ越しも可能になります。

会社によっては、荷造りを手伝ってくれたり、盗聴器・GPS調査を行ってくれるサービスもあるので費用も合わせて確認してみましょう。

リンク⇨24時間対応「アリスの夜逃げ引っ越し」|アリス探偵事務所

リンク⇨ストーカーが夜逃げの原因の場合|夜逃げ屋アシスト

ストーカー被害を受け、引っ越す際の注意点は?

引っ越し

ストーカー被害を受け、引っ越す際は2つのことに注意しましょう。

1つ目は、”ストーカーにバレない”ことです。 次の引っ越し先についてはもちろんですが、引っ越しをすることすらバレないことがベストです。 そのため準備期間から、外の人にバレないように意識をして慎重に準備を進めましょう。 かなり心をすり減らす作業ですが、ストーカーの行動パターンを記録しておくのもひとつの方法です。 何曜日の何時が犯行時間として多いのか等を記録しておくと、ストーカーの生活パターンも読めて、準備が進めやすいでしょう。

平日に引っ越しをするのか休日にするのか、そして時間帯は何時がいいのか等、準備を悟られないようにすることが重要なポイントです。 さらにストーカーは、引っ越しをしてから、しばらくの間監視を続ける可能性が高いです。 そのため、SNSの投稿なども配慮し、家に関する情報は投稿しないことがベスト。身の回りの友人にも協力してもらいネット上に情報が上がることを徹底的に防ぐことが最善策です。

2つ目は、”セキュリティーがしっかりした物件に引っ越す”ことです。 ストーカーにバレずに引っ越すことは大前提ですが、一度ストーカー被害に遭うと警戒心や不安感が強くなります。 エントランスのオートロックや監視カメラなどセキュリティが充実している物件を選ぶことで、安心して新生活を始めることができるでしょう。

また、建物の1階を避けたり、交番の近くの物件を選ぶことも防犯に役立ちます。 不動産会社に直接希望を伝えることで、条件にあった物件を紹介してくれるので相談してみましょう。 直接希望を伝えるのは気が引けるという方は、メールやLINEでの問い合わせが便利です。

【ストーカー被害】スピーディに引っ越すためには?

スピーディに引っ越しをする場合、家具や家電なども取捨選択をし、引っ越し業者に運ばせる荷物を少なくしましょう。

家具や普段使っているものの中には、嫌な思い出が残っているものもあると思います。もったいないからと持ち出してしまうと、心機一転新生活を送るはずが心が切り替えきれずつらい想いをしてしまう可能性があるため、取捨選択はお財布と相談しながら慎重に進めると良いでしょう。 不用品の処分は、引っ越し業者が対応してくれるところもあるのでサービス内容を確認してみましょう。 引っ越し業者に運ばせる荷物を少なくすることで、業者費用が安く済み、荷物の運び出しにかかる時間も少なくなります。運び出しの時間を短くすることでスピーディに引っ越しをに進めることができます。

まとめ

お金がなくても、ストーカーから逃れるためにすぐに引っ越しをすることは可能です。 もしお金が理由で引っ越しを諦めているなら、 smooth』の初期費用あと払いサービス警視庁の引っ越し費用助成制度などを利用し今すぐ引っ越しをしましょう。

ストーカーの被害に遭い、引っ越しをする場合は、

  • 引っ越しを”ストーカーにバレないこと”

  • ”セキュリティが充実した新居を選ぶ”

ことを意識すると良いでしょう。

しかし、通常の引っ越しよりも検討するポイントが多く、時間もないため、焦ってしまい正常な判断ができないケースが想定できます。 難しいとは思いますが、判断を進めるときには一度落ち着いて、そのタイミングでのベストを考えましょう。

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!