【引越し】意外と知らない引っ越し費用を徹底解説!

folder-icon
引っ越し情報
引っ越し初期費用
引っ越し後

進学・就職・転勤・一人暮らしや同棲などで引越しをする機会は多くの人に訪れます。

そんな時、どれくらい費用がかかるのか知りたい方、なるべく費用を抑えたい方も多いでしょう。この記事では、引っ越し費用の相場や安く抑える方法について、詳しく解説していきます。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

引越し費用どれくらいかかる?

交渉

引越し費用は、単身・二人暮らしなど荷物の量と移動距離によって変動します。

荷物の量を考慮し、単身だと閑散期で3万5000円から繁忙期になると8万円程かかり、二人暮らしになると、閑散期で6万円から繫忙期になると11万円程必要になります。

閑散期と繁忙期では金額が2倍以上変動することもあるので、自身が引越しをする時期も検討しながら予算を決めましょう。

移動距離や荷物で引っ越し費用が変わる?

移動距離は、一般的に50km以内であれば近距離、50km以上であれば中距離、1日で引越しができない距離を長距離と決められています。

ここで、距離と荷物量を掛け合わせた価格の差の1例をご紹介します。

荷物が多い単身者や2人暮らしの場合は2tトラックを使用することが多いです。その場合、近距離であれば3万円、中距離であれば6万円、長距離であれば10万円が相場です。距離によって価格が大きく変動することが分かりますね。

荷物の量と距離を考慮し予算を確保しておきましょう。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

引越し費用なるべく抑えるためには?

一人暮らし

引越し費用をなるべく抑えるためには、5つ大切なことがあります。

意外と知らないこともあるかもしれませんので、ぜひ参考にしてみてください。

複数の業者に見積もりを出し、比較すること

複数の業者に見積もりを出すことで、「この業者の方が安かった…」なんてことも避けられます。

また、他業者との比較をすることで、値引き交渉の材料にもなるのでさらに費用を抑えることにも繋がります。最初に提示された見積もりは、相場よりも高めに請求されていることもあるので、交渉次第でさらに安くなる可能性があることも覚えておきましょう。

曜日・時間帯

引越し業者の予約は、土日や午前中に予約が埋まりやすい傾向にあります。

その分料金も高くなりやすいので、平日や午後または時間指定なしにしておくと料金を抑えることができます。時期をずらせる方は、新生活シーズンの3月~4月、移動や新築物件が出てくる9月~10月の繁忙期は避けておくと格段に費用を抑えられます。

早めに予約をしておく

業者のスケジュールがあいているときに予約をしておくと比較的安くなります。

引越し間近に予約してしまうと料金が高くなるので、後回しにせず早めに予約はすましておきましょう。万が一キャンセルすることがあっても、基本的に3日前までであればキャンセル料はかからないので、1か月前から予約することをおすすめします。

荷造りを自身で行う

荷造りは業者が行うイメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれませんが、自信で梱包や荷造りを行うことで格段に費用を抑えることができます。

荷物が多い方や初めて行う方は手間取ってしまうこともあるので、余裕を持ったスケジュール調整が大切です。

混載便を利用する

混載便とは、同じトラックに他の人の荷物も積み一緒に運んでもらうサービスのことです。業者の経費が減るので引越し費用も抑えることができます。

また、このサービスは長距離の引越しにおすすめです。長距離の引越しは時間がかかりどうしても費用がかかるので混載便を利用しできるだけ費用を抑えましょう。混載便サービスを利用できるかは、業者に前もって確認をしておきましょう。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

まとめ

引越しの時期は、新居の初期費用や家具家電の購入などにもお金がかかりますよね。費用を抑えられるところは抑えて、余裕をもって新生活を迎えていただければと思います。最後までご覧いただきありがとうございました。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!