賃貸の騒音問題!トラブル例と対処法「今すぐ引っ越すには?」

folder-icon
引っ越し情報
引越し情報
4535738 s

騒音問題は、隣人トラブルにおいて最もよく起こる問題の1つです。

内見時に「騒音問題が起きるかどうか」を見抜くことはなかなか難しいため、引っ越してからストレスに感じる方も多いでしょう。

この記事では、騒音トラブルにストレスを感じている方に向けて

・騒音トラブル例 ・対処法 ・すぐに引っ越す方法 ・次のお部屋を選ぶときのポイント

について解説していきます。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

よくある賃貸の騒音トラブル例

騒音

賃貸マンションやアパートでは、他人と同じ建物の中に生活するため、周囲の人の生活音が多少聞こえてしまうのは仕方がありません。 しかし度を超えたボリュームだと、ストレスになり、不眠の原因となってしまうこともあります。 まずは、騒音の原因となる「音」について具体例をご紹介します。

生活音

通常の生活音であっても、築年数の古い建物の場合は音が周囲に聞こえてしまうことがあります。 日常生活の中の洗濯や料理の音でも、人によっては耳障りに感じる場合があります。

なんの物音も立てずに生活をすることは不可能ですが、遅い時間には大きな音を立てられると、ストレスに感じるかもしれません。

話し声

騒音の中でもよくあるのが、友人を招いた際の騒音によるトラブルです。

話し声は壁を通じて他の部屋にも伝わります。

昼間なら問題はありませんが、遅い時間に隣の部屋で大騒ぎされると迷惑ですよね。

一度や二度であれば見過ごすこともあるかもしれませんが、毎週のようにどんちゃん騒ぎをしている隣人がいれば、注意してやめてもらうのが賢明です。

テレビやゲームの音

話し声と同様、意外と外に漏れるのがテレビやゲームの音です。

ゲームをプレイしている際に大声を出してしまうと、それも周囲の迷惑となります。

テレビやゲームを長時間視聴している場合、自分の家で聞こえる音量に慣れてしまうため、音の大きさに気づかないこともあります。

防音性の低い建物に住んでいる人は、特にテレビなどの音量に注意が必要です。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

賃貸の騒音トラブルへの対処法

22800857 s

騒音トラブルには、さまざまなケースがあります。

・隣人が騒音を出している ・自分の生活音が「うるさい」とクレームをつけられた ・近隣の騒音がひどい

どんな理由にせよ、解決のためには記録を取っておくことをおすすめします。音を録音したり、スマホの動画などに状況を収めておくと、後から事情を説明する際に便利です。

ここからは、騒音トラブルへの対処法3つをご紹介します。

大家さんに相談する

騒音トラブルが発生したら、まずは大家さんに相談してみましょう。

大家さんは賃貸の秩序を守る義務があるため、騒音を出している居住者に注意してくれるはずです。

その際に、なるべく具体的に騒音の内容を伝えられることが大切なので、メモや動画の記録を残すことが大切です。

第三者に相談する

大家さんに相談しても解決の兆しがない場合、第三者に相談する方法があります。

第三者とは、相談窓口や弁護士などです。

器物損壊などの明らかな犯罪行為を目撃した際は、直接警察に相談するという方法もあります。

騒音トラブルはエスカレートした結果に刑事事件に発展するようなケースもあるので、問題が大きくなる前に相談先を作っておくことが大切です。

引っ越しを検討する

手を尽くしても問題が解決しそうにない場合は、思い切って引っ越すことをおすすめします。

騒音や隣人トラブルに巻き込まれながら生活することは、ストレスがたまります。

心が休まるはずの家でまでイライラするのは嫌ですよね。

隣人の騒音が原因の場合、「自分が引っ越すのは納得できない!」と感じる方も居るかもしれません。 しかし悩み続けてストレスを感じるより、快適なお部屋に引っ越してしまう方が自分のためになるでしょう。

騒音が原因の引っ越しでも違約金を支払う必要はある?

契約内容によっては、短期での引っ越しで違約金が発生する場合があります。 こういった違約金は騒音が原因で引っ越す場合、支払わなくても良い可能性があります。

物件の貸主は、入居者に対して「良好な住まいを提供する」ことが義務です。 この義務を果たさなかった場合には、違約金を支払わなくても良くなります

「管理会社が騒音問題に取り合ってくれない」「注意や対策をとってくれない」場合には、違約金の免除を主張してみましょう。

「騒音が嫌で引っ越したい!」すぐに引っ越す方法

通常新たにお部屋を借りるためには、家賃5〜6ヶ月分ほどの初期費用がかかります。

「すぐに引っ越したいけど、初期費用がネックで引っ越せない!」そんな方も多いでしょう。

そこで、おすすめなのが初期費用を分割後払いできるサービス「smooth(スムーズ)」です。

smoothは、6回払いなら金利手数料が0と一切かからず、負担なく賃貸物件の契約をすることができます。

クレジットカードの分割と違い、選べる物件に制限もありません。

賃貸の初期費用にお困りの方は、この機会にご利用してみてはいかがでしょうか。

smoothを実際に利用して、新しい生活を手に入れた方々の口コミやレビューを下記ページの中で紹介しています。

https://smooth.jp/articles/about-smooth/smooth-reveiw

口コミ・レビューを参考に、安心してsmoothを利用しましょう。

smoothの分割について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください ⇨初期費用を分割できるスムーズの仕組み

「smooth」では、引っ越し初期費用を6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月に分割して支払うことができます。

自分で選んだ物件で利用することができ、出費の重なる時期をずらすことで無理なく引っ越しができます。

気になる方は「smooth」の公式サイトをチェックしてみてくださいね。

「賃貸の騒音トラブルで引っ越し」次の物件を選ぶ時のポイント

賃貸の騒音トラブルが原因で引っ越しを考えた時、 「もし次の物件でも騒音トラブルが起きたらどうしよう」 と不安になりますよね。

何度も何度も引っ越しを重ねていては、出費もかさんでしまいます。

次の物件を選ぶ時のポイントを抑えて、快適に暮らせるお部屋を選びましょう。

騒音が起きにくい物件を選ぶ

建物の作りによって音の伝わり方は、大きく変わります。

一般的に、

木造 < 鉄骨(軽量鉄骨・重量鉄骨) < SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造) < RC造(鉄筋コンクリート造)

この順番で防音性が高くなるとされており、木造アパートなどは音漏れがしやすいと言われています。

現在住んでいるアパートが木造の場合、次は違う作りの物件を選ぶようにすると良いでしょう。

騒音が起きにくい部屋を選ぶ

「最上階」「角部屋」などは、隣人と接している部分が少ないため騒音で悩む可能性が低くなります。

上の階の住人の足音など生活音が気になる方は、「最上階」を選ぶようにしましょう。

反対に小さな子供が居て、下の階からのクレームが心配な方は「1階」の部屋を選ぶと安心です。

内見は念入りに行う

次の物件を見に行くときは、以下の項目を参考に念入りにチェックしましょう。

・住人の在宅時間帯を狙って内見をする ・壁や床をノックしてみる ・窓の厚さや防音性を確認

内見を念入りに行うことで、騒音トラブルに発展する可能性は低くなります。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

賃貸の騒音トラブルを未然に防ぐ方法

検討

賃貸では周囲に住む人を選ぶことができず、また人の入れ替わりも激しため、周囲の騒音を未然に防ぐことは簡単ではありません。

賃貸の騒音問題の中には、普通に生活しているだけなのに隣人から「うるさい」「静かにしろ」とクレームをつけられてしまった、というケースもあります。

こういったトラブルに巻き込まれないためには、自分自身も「音」に気をつけておく必要があります。 少し気をつけるだけで、トラブルを未然に防げるので注意点を確認しておきましょう。

ドアの開閉などに注意

単純な生活音でも、周囲に住んでいる人にとっては騒音に感じてしまう場合があります。

家具を移動させるときには床に引きずらないように注意したり、ドアは優しく開閉を行ったりしてなるべく音を立てないことが大切です。

賃貸マンション・アパートの場合、両隣に住んでいる人だけでなく下の階に住んでいる人への配慮も大切です。

屋内を走り回ると足音がバタバタ伝わってしまうので、子どもがいる家庭では夜遅い時間帯には注意しましょう。

深夜帯は大きな音を出さない

騒音トラブルの原因になりやすいのは、夜の時間の音です。

昼間の時間は起きている人が多く生活音などが気になりませんが、夜間にはゆっくり寝たい人も多いので騒音には特に注意しましょう。

洗濯機や乾燥機は大きな音を立てるものもあるので、なるべく昼間の時間に利用するのが無難です。

深夜にはテレビの音量を下げ、人を呼ぶ場合は大騒ぎをすることがないように配慮することが大切です。

駐車場や共用部での騒音に注意

騒音トラブルは、部屋だけの問題ではありません。

駐車場に車やバイクを出し入れする際の騒音も、トラブルの原因になります。

夜遅い時間に駐車場で話をしていると、意外と話し声が響くものです。

車やバイクを移動させる場合は速やかに静かに行い、大きな声を出さないように注意しましょう。

また、駐車場以外の共用部における話し声も、反芻して居住者の迷惑になる場合があるので声量を落して会話しましょう。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

まとめ

本来一番リラックスできるはずの自宅で、音に悩まされストレスを抱えるのは辛いですよね。 できることなら「引っ越したい」と感じている方も多いはず。

大家さんや管理会社へ相談しても解決しない場合は、引っ越しを検討しましょう。

「引っ越したいけど、初期費用がネックで引っ越せない」方は、「smooth(スムーズ)」がおすすめです。 初期費用分割あと払いサービスを利用して、賢くお引っ越ししましょう。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!