隣人がうるさい時の対策8選!トラブルに発展せず解決するには

うるさくて眠れない

音の大小に限らず、隣人の騒音が原因でイライラしてしまうことありますよね。

本来一番リラックスできるはずの自宅で、隣人の騒音によりストレスを抱えてしまうのは辛いこと。

この記事では、大きなトラブルに発展せず騒音問題を解決するための対策をご紹介します。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

隣人がうるさい!と感じやすい騒音

集合住宅では「音」に関してのクレームは多く、普段の生活音でも時間帯が異なると騒音(=好ましくない音)になります。 騒音には具体的に下記のようなものが挙げられるでしょう。

  • 足音

  • テレビの音

  • 話し声・談笑

  • ドアや窓の開け閉め

  • 深夜や早朝に水道の流れる音

  • 洗濯機や掃除機の音

  • 楽器の音

  • 目覚ましの音

  • 故意や悪意による騒音

さらに建物を建築している材料によっても音の伝わり方が変わります。

一般的に、

木造 < 鉄骨(軽量鉄骨・重量鉄骨) < SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造) < RC造(鉄筋コンクリート造)

この順番で防音性が高くなるとされており、木造アパートなどは音漏れがしやすいと言われています。

騒音は、一度気になり始めたら音が鳴るたびに気になるようになってしまいます。 どう対処したら良いのか、ここから対策をご紹介していきます。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

【うるさい隣人】おすすめの対策3選

騒音

管理会社へ相談

アパートやマンションなど集合住宅で隣人の騒音に悩まされている場合は、まず管理会社へ相談してみましょう。 騒音の中には、本人が迷惑をかけていると知らずにやっているものも多くあるはずです。 迷惑がかかっていると気づくだけで騒音が止まる可能性もあるので、管理会社を通して伝えてもらうようにしましょう。

管理会社に相談するときは、「いつ・どこから・どんな音がするか」具体的に話すことが大切。 具体的に話せるように、記録を取っておくのも良いでしょう。

防音グッズを使う

自分の部屋に防音グッズを設置することで、騒音ストレスを軽減させることができます。

  • 防音カーテン

  • 防音シート

  • 吸音材

  • 耳栓

Amazonなどで簡単に購入できる物ばかりなので、試してみる価値はあるでしょう。 寝るときに音が気になる場合は、耳栓をして寝るのもおすすめです。

お金をかけずに防音対策をしたい方は、部屋の家具を音の鳴る壁側に移動させるだけでも効果があるのでぜひ試してみてください。

引っ越しをする

確実に効果があるのは「自分が引っ越す」ことです。 隣人の生活音に悩んでいる場合、それを止めさせるのは難しいでしょう。 「音」は、気になり出したら注目してしまいますので、どんどんストレスがかかり場合によっては不眠症や神経症に繋がります。

音が響きにくい物件や、隣人の騒音が気にならない物件に引っ越してしまうのが一番です。

隣人が原因で引っ越すのは腑に落ちないかもしれませんが、いつまでも悩み続けてストレスを溜めるよりはるかに良いでしょう。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

【うるさい隣人】やらない方が良い対策2選

ダメ

ここからは、やらない方が良い対策をご紹介します。

直接苦情を言いに行く

直接苦情を言いに行くと、口論になる可能性があります。 隣に住んでいる方とトラブルになり恨まれると、騒音以上に居心地が悪くなってしまいます。 なるべく穏便に解決するためにも、直接苦情を言いに行くのは止めましょう。

「壁ドン」はやっちゃダメ!

隣人がうるさいとよくやりがちなのが、壁をドン!と叩く「壁ドン」。 夜中にうるさい声が聞こえると、イライラしてやりたくなる気持ちもわかりますが冷静な対応を心がけましょう。 相手が逆上して大きなトラブルに繋がる可能性もあります。 「壁ドン」は、騒音の解決にはなりませんのでやめましょう。

【うるさい隣人】その他の対策3選

ここからは、「警察に相談」や「裁判」などの対策はどうなのか解説していきます。

警察に相談

騒音に対する感じ方は人それぞれのため、「隣人の生活音が気になる」という理由だけでは警察は動いてくれないでしょう。 例えば夜中にベランダで楽器を演奏しているなど、明らかに常識を逸脱している場合は警察が注意を行ってくれます。 しかし、足音や洗濯機の音などは生活上どうしても発生する音ですので、警察としても止めさせるのは困難でしょう。

管理会社や大家さんに隣人の退去を訴える

騒音が日常的に続いている場合は、隣人の退去を訴えたくなることもあります。 しかし、管理会社や大家さんとしても簡単に退去させることはできません。

法的には入居者に対して「良好な住まいを提供する義務」を負っています。 そのため、騒音を出している住人に対して「注意してほしい」と大家さんに求めることはできるでしょう。 ただし、集合住宅で生活をしている以上、多少の生活音が発生することは避けられないので、「騒音を出す住人の退去」まで大家さんに求めるのは難しいでしょう。

裁判を起こす

隣人との「騒音トラブル」はよくあることで、裁判を起こしてもなかなか訴えが認められないケースが多いのが実情です。

騒音により健康を害したなどの被害がある場合は訴えが認められる場合もありますが、「時間・手間・費用」がかかります。 たとえ勝訴したとしても、相手に弁護士費用を含む裁判費用を負担させることはできません。

隣人がうるさくて引っ越しを考えているならsmoothがおすすめ

「隣人がうるさくて引っ越したい!」と思っても、引っ越しには何かとお金がかかります。 一時的な大きな出費により貯金が減るのが嫌だという方も多いでしょう。

そんな方におすすめなのが初期費用分割サービス「smooth(スムーズ)」です。

「smooth(スムーズ)」はお部屋を借りるときの初期費用を分割後払いにすることが可能です。 6回払いまでは手数料無料で利用できるので、ぜひこの機会に利用してみてはいかがでしょうか?

「smooth」利用者の声

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

まとめ

隣人がうるさい時の対策をご紹介しました。 賃貸物件や集合住宅の場合、まずは管理会社に相談してみましょう。 個人間でやりとりをすると、トラブルに発展する可能性があるのでおすすめしません。

管理会社へ相談しても改善されない場合は、健康を害す前に引っ越しを考えましょう。 「音」は一度気になると、気になり続けてしまいます。 隣人の生活音を止めさせるのは難しいため、音が響きにくい物件へ引っ越すのが一番の対策です。

また、引っ越しをする時は管理会社の対応や、建物の構造にも目を向けておくと良いでしょう。

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!