お金がないから引っ越しできない?それでも今すぐ引っ越す方法!

お金

お金がないけど引っ越しをしなければいけない。

近隣住民とのトラブルや仕事関係での転勤など、引っ越しの理由は様々あるでしょう。

この記事では、どうしても引っ越しをする必要があるが、お金が無くてできないときの対処法についてご説明しています。

「お金がないけど、引っ越しができるのか?」

「どうしても引っ越さなければいけない時、どんな手段があるのかを知りたい。」

と悩んでいる人はぜひ参考にして下さい。

記事の後半では、賃貸初期費用を手数料なしで分割払いにする方法についてもご紹介しています。

最後まで読むことで、スムーズに引っ越しが進められるでしょう。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

引っ越しにはどんなお金がかかるの?相場を紹介

引っ越しの相場

まずは、引っ越しにどのようなお金がかかるのかについてご説明していきます。

引っ越しにかかるお金の中で1番金額が高くなるのは、賃貸物件を契約したときの初期費用と呼ばれるお金です。

初期費用に含まれるものは ・敷金 ・礼金 ・仲介手数料 ・前払家賃 ・保険費用等 が挙げられます。

初期費用は合計すると、およそ「家賃6ヶ月分ほど」かかると言われています。

一般的に、家賃は給料の3分の1が目安と言われているので、引っ越しには給料2ヶ月分の費用がかかると言い換えることができるでしょう。

貯金が多い方でも貯金が少ない方でも、「給料2ヶ月分」は負担がかなり重いのではないでしょうか。

引っ越しの費用がいくら必要かの参考になるように、相場をご紹介します。

一人暮らしの場合と、家族がいる場合の2パターンを紹介しますので、参考にして下さいね。

一人暮らしの引っ越し費用の相場

一人暮らしの家賃を約5〜8万円とすると、賃貸物件の初期費用にかかる金額は約30〜50万円。

そして、引っ越し業者を利用するのであれば、荷物の量や移動する距離にもよりますが約4万円〜6万円はかかるでしょう。

さらに引っ越し先で新しい家具家電が必要な場合は、数万円〜数十万円追加でかかります。

そのため初期費用+引っ越し業者への代金+家具家電にかかる金額は、安く済ませられても40万円は必要だと考えられます。

家族がいる場合の引っ越し費用の相場

家族がいる場合は、家族の人数が多ほど引っ越し費用は高くなります。

例えば家賃が約6〜10万円とすると、初期費用だけでも36〜60万円はかかります。

引っ越し業者を利用するのであれば、最低でも7万円はかかると考えておくと良いでしょう。

さらに、引っ越し先で新しい家具家電が必要な場合は、数万円〜数十万円はかかります。

そのため初期費用+引っ越し業者への代金+家具家電にかかる金額は、50万円は必要だと考えられます。

また、距離数が長く、荷物が多ければその分料金が高くなるので、引っ越しにかかる費用は多めに見積もっておくと良いです。

引っ越し業者は複数社に見積もりをすることで、安い業者を見つけることができますよ。

賃貸物件の退去にかかる費用

初期費用が低い物件のデメリット

賃貸物件から引っ越すときは、「退去費用」も用意しなければなりません。

退去費用の相場

退去費用とは基本的に原状回復のための「修繕費」や「クリーニング費用」のことを指します。

退去費用の相場は

・一人暮らし用の間取りの場合50,000円前後

・2人暮らし用の間取りの場合80,000円前後

・ファミリー向けの場合100,000円前後

となっています。 上記はあくまで大きな破損などが無かった場合の相場ですので、部屋の使用状況により退去金額は異なるでしょう。

入居時に「敷金」を支払っている方は、先払いした敷金が「修繕費」に充てられるため破損などがない限りは追加で請求される可能性は低いです。 ただし、クリーニング費用を別に請求される可能性はあるので契約書で契約内容を確認しておきましょう。

入居時に「敷金」の支払いがない物件は、退去時に修繕費を支払う必要があり、退去時・退去後に一括で請求されることが一般的です。

短期違約金が発生するケース

賃貸物件から引っ越すタイミングによっては「短期違約金」が発生するケースもあるので注意しましょう。

短期違約金の相場は、家賃1ヶ月分ほどです。 特に「フリーレント付き物件」などで引っ越された方は最初の家賃が無料になる代わりに、最低入居期間が決まっていることが多いでしょう。

期間は半年未満・1年未満・2年未満など様々なので、契約書で確認するか不動産会社へ問い合わせておく必要があります。

まずは引っ越し費用の節約を!お金がないけど引っ越しをする方法

お金

お金がないけど、どうしても引っ越しをしなければいけない時、まずは引っ越しにかかる費用を節約することを考えましょう。

以下の3つの方法を実践することで引っ越し費用を抑えることができます。

  • 賃貸物件の初期費用を抑える

  • 閑散期に引っ越す

  • 格安引越業者を利用する

  • できる限り自分で引っ越しをする

詳しく紹介します。

賃貸物件の初期費用を抑える

引っ越しの中でも金銭的な負担が大きい賃貸物件の初期費用を抑えられると、引っ越し費用の節約になります。

賃貸物件の初期費用を抑えるには、例えば以下のような条件がある不動産や物件から選ぶと良いです。

  • 敷金礼金が半額や安くなっている

  • 敷金礼金が0円のゼロゼロ物件

  • 一定の期間家賃が無料になっているフリーレント物件

お部屋探しをするときに、不動産会社へ「初期費用を抑えたい」と希望を伝えておくのもおすすめです。

閑散期に引っ越しをする

引っ越しをする時期を変えるだけでも節約になります。

不動産の閑散期である6月〜8月は、引っ越しをする人が少ないため家賃や初期費用などの値段の交渉がしやすくなります。

家賃にもよりますが数万円の節約ができるでしょう。

さらに、お客さんが少ないため時間をかけて接客をしてくれるメリットもあります。

また、引っ越し業者も値段が下がっているため、お得に引っ越しができます。

格安引越サービスを利用する

通常引っ越し業者へ引っ越しを依頼すると、一人暮らしの引っ越しで3〜5万円、家族での引っ越しになると10万円以上かかることも少なくありません。

しかし最近では「特典サービス」の申し込みで引越し料金が「100円」になる格安引越しサービスなども存在します。

格安引越しサービスの利用も検討してみると良いでしょう。

できる限り自分で引っ越しをする

引っ越しはできる限り自分で行うと出費が減ります。

引っ越し業者を利用せずに、マイカーやレンタカーで自分で荷物を運ぶことで数万円の節約に。

どうしても時間や体力がかかりますが、引っ越し業者へ支払う数万円の出費がなくなるのは大きいでしょう。

また、引っ越し業者へ頼むとしても、梱包資材を自分で用意したり、梱包などを可能な範囲で自分ですることで節約ができますよ。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

国や自治体の助成金を活用する

条件に応じて、引っ越しにかかる費用や家賃の助成を行なっている自治体もあります。

例えば、地方出身で東京生活を長く続けていた方が地元へ戻るUターンの場合は、交通費補助や住宅支援などの助成金や補助金を支給してもらえる可能性があります。 東京圏から地元への引っ越しを考えている方は、「Uターン+自治体名」などで助成や補助金があるかどうかを確認してみましょう。

その他にも、子育て世帯・ひとり親世帯は住宅に関する助成金や補助金の対象になりやすいので、各自治体で助成を受けられないか調べてみると良いでしょう。

さらにコロナウイルス感染症の影響で、働く意思があるのに仕事が見つからない方(失業中)や収入が低い世帯については、「住居確保給付金」が支給される可能性があります。 ご自身が対象になるかどうかは、厚生労働省の生活支援特設ページで確認してみてください。

それでもお金が足りない・・・2つの対処法

初期費用

先ほど紹介した方法を活用してもお金が足りない場合、金銭面をどうにかすると考えるでしょう。

お金が足りない時の対象法を2つ紹介します。

お金を借りる

お金を借りて引っ越し資金を集める方法があります。

お金を借りる方法は大きく2つに分けられ、まず1つ目は友人、家族、親戚など身の回りの人からお金を借りる方法です。

まめに連絡を取り合う仲なら、お金を借りたいことも伝えやすいでしょう。

ただし、いつまでに返済できるかを明確に伝えておくことが大切です。

どんなに親しい仲でも利息を決めたり、借りた金額以上にお金を返すことでお金を借りた後も良好な関係を続けられます。

そして2つ目は、銀行カードローンや消費者金融からお金を借りる方法です。

2つ目の方法は、消費者金融や銀行などのローン、クレジットカードのキャッシングを利用するなど様々な選択肢があります。

すぐに借りたい人は、即日借りることができる消費者金融がおすすめ。

その他に低金利で借りたい、審査なしで借りたいなどそれぞれ希望の条件は違うと思いますので、あなたに合った方法を活用して下さいね。

クレジットカードなどを利用し引っ越し費用を分割払いする

初期費用の負担を軽減するために1番一般的なのが、カード払いで引っ越しをするという選択肢です。

カード払いで引っ越しをすることによって事実上の分割払いや、一種のローンといった形で初期費用の支払いをすることができ、引っ越し時の負担を軽減することができます。

しかし、物件や仲介会社によってはカード払いに対応していないことが多々あります。

現状カード払いができる物件や仲介会社は50%前後と言われているため、純粋に引っ越したいときの物件選びに時間がかかり、どこか妥協しないといけない場面が出てくるでしょう。

その他にも、カード払いをする際は、一括で支払わない限り手数料がかかってきます。

もし月々の支払い額を固定にして、リボ払いのような形で支払いを進行する場合、10%前後の手数料がかかってきてしまい、最終的な支払い金額が大きく変わってきます。

そのため、引っ越しをする際にカード払いで進行するのは、あまりお勧めできないとも言えるでしょう。

物件の選択肢が狭まり、最終的な初期費用の支払い額も高くなってしまう。それらを解決するためには、どのような対応策があるのでしょうか。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

初期費用分割ってできないの?

アイディア

引っ越し時の負担を軽減するもう一つの策として、初期費用の分割払いについてです。

一般的な仲介会社では、初期費用の分割払いに対応していないところがほとんどです。

もし初期費用の分割払いをしたいのであれば、カード決済という形で流されることがほとんどでした。

しかしスムーズのサービスを使えば、初期費用を無料で分割することができます。

スムーズでは、大手不動産ポータルに記載されているほとんどの物件で、初期費用の分割払いが可能です。

カード払いのように物件の選択肢が狭まる事はありません。

また6回までであれば、初期費用の分割払い手数料無料で初期費用の分割払いができるため、最終的な支払い総額は変わりません。

さらにスムーズであれば、最大24回払いまで分割支払いが可能のため、初期費用をとことん安く、引っ越し先の負担をとことん軽減することができます。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

smoothを利用して今すぐ引っ越す方法

【smooth(スムーズ)を利用する流れ】 ①まずはLINE友達追加 ②ご利用審査 ③提携の不動産会社でお部屋探し ④ご入居・お支払い開始

利用できるか不安な方は、まず「1秒診断」を受けてみましょう。 年齢・年収・お借り入れ情報から利用できるかどうかがわかります。

利用可能な場合はLINE登録をして、お部屋探しを始めましょう!

賃貸物件の初期費用を分割できるsmoothの強みは!?

default

ここでスムーズの3つの強みについてご説明します。

分割払いに対応している物件数がNo1

1つ目の強みとしては、分割払いに対応している物件数がナンバーワンと言うところです。

現状日本で初期費用の分割払いに対応しているサービスはほとんどありません。

国内でも、不動産賃貸の初期費用の分割払いに対応している会社は、5社前後と言えるでしょう。

しかしその中でもスムーズは、大手ポータルサイトに掲載されている物件ほぼ全てに対応可能なため、初期費用分割払いシェアナンバーワンと言えるでしょう。

引っ越し先の負担を軽減し、かつ物件の選択肢を狭めないのであればスムーズ一択です。

分割手数料が安い!

2つ目の強みとしては、分割手数料が安いと言う点です。

前述の通り、分割回数6回であれば分割手数料が無料で使用することができ、最終的な支払い総額は一括払いのときと変わりません。

そのため、一切のデメリットなしで初期費用を6回払いに設定できます。

また分割回数に関しては、12回、24回払いの長期分割にも対応しています。

長期の分割に関しては手数料がかかりますが、実質年率14%で分割が可能で、こちらも同じく不動産の初期費用の負担を軽減できるためお勧めです。

満足度が高い

3つ目の強みとして、過去を利用したユーザ数や満足度についてです。

このサイトでは、過去スムーズを利用して引っ越した方のインタビュー記事などを掲載しています。

⇨利用者の声を見る

利用者の声を実際に見てみると、急遽引っ越しが決まり貯金が足りなかった方や、引っ越し時の負担を軽減しインテリアにお金をかけたかった方、また同棲をスタートする際に、余裕を持って新生活をスタートさせたかった方などが多いようです。

インタビューの内容を詳しく見ると、初期費用を分割し引っ越し時の負担を軽減することによって、皆さんの生活レベルと生活の満足度を上げています。

スムーズは過去30,000人以上の方が利用しており、信頼のおける顧客満足度の高いサービスと言えるため、引っ越すときのお金の負担を軽減したい方はぜひ利用を検討してください。

最後に

この記事では、引っ越しの必要性があるがお金がない方に向けて、どのようにすれば引っ越しができるのかという解決策についてご説明してきました。

お金がないときは、まずは引っ越し費用の節約から考えると良いでしょう。

  • 賃貸物件の初期費用を抑える

  • 閑散期に引っ越す

  • できる限り自分で引っ越しをする

それでもお金が足りない場合は

  • 助成金の利用

  • お金を借りる

  • 分割払い

などを検討してみましょう。

世間ではカード払いで引っ越しをする方が増えてきましたが、カード払いでは選べる物件数が少なかったり、無駄な手数料がかかってしまうため、もし初期費用の負担を軽減したようであれば、スムーズを利用して賢く引っ越しを進行しましょう。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!