引っ越し費用を借金で支払うときの注意点!お金を用意できない時はどうする?

借金

「引っ越したいけど、お金がない・・・」

そんな時に、引っ越し費用を借金で支払うか悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

しかし、借金についても、さまざまな不安が出てきます。

「借金にはどんな方法があるの?」

「借金で支払ったらどんなデメリットがあるの?」

「借金したら入居審査に通らない?」

この記事ではそんな方に向けて、

・引っ越しにはどれくらいのお金がかかるか ・引っ越しの費用を借金で払うメリットとデメリット ・借金するときの注意点 ・引っ越しは借金ではなく分割がオススメ

について解説します。

引っ越し費用を借金で支払うか悩んでいる方は、ぜひご参考ください。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

そもそも引っ越しにはどれくらいお金がかかる?

家賃

そもそも引っ越しには、どれくらいお金がかかるのでしょうか? 引っ越しにかかる一般的な費用や相場をお伝えします。

引っ越し費用

引っ越し業者を利用する場合は、利用料金がかかります。

引っ越し料金は、引っ越しの時期や距離、荷物の量によって決まり、金額の幅はとても広いです。

一例として、金額が高くなる繁忙期(3~4月)の相場は下記のとおりです。

単身:6万円程度 3人家族:13万円程度

料金の支払いは、引っ越し作業を行う前に現金で支払うのが一般的です。

最近はクレジットカードやキャッシュレス決済に対応した引っ越し業者も増えています。 支払いのタイミングや方法については、利用する引っ越し業者に確認しましょう。

賃貸契約の初期費用の相場

アパートやマンションの部屋を賃貸する場合は、初期費用と言われる費用が掛かります。家賃の4~6ヶ月分が相場です。

賃貸の初期費用の一般的な内訳は、下記のとおりです。

・敷金 ・礼金 ・仲介手数料 ・前家賃、日割り家賃 ・火災保険 ・保証会社利用料 ・鍵交換費用

上記の他にも、消臭抗菌施工費用や24時間サービスなどの費用がかかる場合があります。

賃貸の初期費用は、入居審査が終わってから契約日までに支払うのが一般的です。 不動産会社から1週間ほどの期限で請求されるでしょう。

初期費用の一部を手付金として先に支払う場合もあります。

引っ越し費用を借金で支払う方法

引っ越し費用を借金で支払う方法としては、「フリーローン」「カードローン」2つの方法が一般的です。 〇フリーローン ・主に銀行が提供する個人ローンのサービス ・基本的に使途は自由だが、事業と投資目的には使えないのが一般的 ・利用するには審査が必要 ・審査には1~2週間程度の期間が必要 ・カードローンに比べて金利は低い。 〇カードローン ・銀行、クレジットカード会社、消費者金融が提供する個人ローンのサービス ・専用のカードを発行する必要がある ・フリーローンに比べて審査が優しく、審査機関が短い ・フリーローンに比べて、金利は高い

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

引っ越し費用を借金で支払うメリット・デメリット

疑問

引っ越し費用を借金で支払うメリット・デメリットを解説します。

引っ越し費用を借金で支払うメリット

引っ越し費用を借金で支払うメリットは、下記の2点です。

・一時的に大きな出費を抑えられる ・自分の好きなタイミングで引っ越せる

一時的に大きな出費を抑えられる

引っ越し費用を借金で支払うことによって、一時的に大きな出費を抑えられます。 一時的に大きな出費を抑えることで、引っ越し費用に貯金が足りない場合でも、引っ越すことが可能です。 また、出費を抑えられたことで、新しい家具家電を揃えることもできます。 怪我や病気などの予想外の出費にも備えられるので、もしものことがあっても安心です。

自分の好きなタイミングで引っ越せる

引っ越し費用を借金で支払うことで、自分の好きなタイミングで引っ越せます。 転職や離婚などによる急な引っ越しの時に便利です。 また、お金を準備する期間がないので、気に入った物件を先に契約されてしまう心配もありません。

引っ越し費用を借金で支払うデメリット

引っ越し費用を借金で支払うデメリットは、下記の3点です。

・金利がかかる ・入居審査に通らない可能性がある ・滞納すると信用情報に傷がつく

金利がかかる

借金なので、借りたお金には金利がかかります。 最終的に支払う金額は「借りたお金+利子」の合計額です。 借金しなかった場合と比べて、最終的に支払うことになる金額はどうしても大きくなります。

また、返済期間が長くなるほど支払う利子も増えていきます。返済額だけでなく、返済期間についても注意が必要です。

入居審査に引っかかる可能性がある

入居審査では「家賃を払い続けられるか」という視点から、収入の状況などがチェックされます。 通常、現在の借金は審査の対象ではありません。 しかし、借りた額が大きく、家賃の支払いに支障が出ると見なされれば、入居審査で引っかかる可能性があります。 また、引っ越しの支払いのために借金をした場合、借金したことを不動産屋に伝えておく方法もあります。 借金の状況によっては、審査の優しい保証会社を検討してくれます。

滞納すると信用情報に傷がつく

引っ越し費用を支払うために借金した場合、滞納すると信用情報に傷がつきます。 借りた先によって、滞納した記録は最低5年保管されます。 履歴が残っているうちにローンを組もうとすると、審査に通らない可能性があります。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

引っ越しで借金をするときの注意点

一人暮らし

引っ越しで借金をするときに、注意すべき状況があります。 下記の3つの状況について解説します。 ・新卒は大きいお金を借りるのが難しい ・転職時に借金をすると後々苦しくなる ・離婚が理由で引っ越すなら公的支援も検討する

新卒は大きなお金を借りるのが難しい

新卒は大きなお金を借りることが難しいです。 フリーローンでは、過去の収入状況を審査されるため、収入の実績のない新卒では審査を通過することが難しいでしょう。 また、カードローンの審査は比較的優しいものの、フリーローンに比べて金利が高いことが多いです。引っ越しの費用をカードローンで支払うと、新卒の給料に見合わない額を借りてしまう可能性があります。カードローンで大きい金額を借りるのは現実的ではなく、おすすめできません。 以上のことから、新卒で大きいお金を借りることは難しいと言えます。

転職時に借金をすると後々苦しくなる

転職時に引っ越し費用を借金で支払うと、後々苦しくなる可能性があります。 考えられる状況は下記の3つです。 ・転職時は一時的に収入が下がることが多く、借金の返済もあるため生活が苦しくなる。 ・転職先が合わず退職した場合、借金の返済ができなくなる可能性がある。 ・転職先が合わなくても借金のために辞めることができず、ストレスで体調を崩す可能性がある。 転職後の状況も考慮して、借入額を検討しましょう。

離婚が理由で引っ越しなら公的支援も検討する

離婚が理由で引っ越すのであれば、公的支援を受けられる可能性があります。 とくに母子家庭になった場合やDVが理由で離婚したならば、かならずお住まいの市区町村役場に相談にいきましょう。 引っ越しに関して受けられる可能性がある支援は、下記のとおりです。 ・公営住宅に優先的に入居できる ・母子生活支援施設での受け入れ ・引っ越し費用などの無利子の貸付 引っ越しに関する支援以外にも、就職や生活に関する支援もあります。 公的支援は、申請から実際に支援を受けられるまで、どうしても時間がかかります。 はやめに相談しに行くようにしましょう。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

引っ越しの初期費用は分割がおすすめ

突然の引っ越しなどで、まとまったお金が用意できないこともあります。 そんな時は、初期費用の分割あと払いを検討してみてはいかがでしょうか。

bunnkatsu

「smooth(スムーズ)」なら、6回払いまで手数料無料で利用できます。

smoothが手数料なく、分割できる仕組みについては下記で解説しています。

smoothの仕組み

smoothを実際に利用して、新しい生活を手に入れた方々の口コミやレビューを下記ページの中で紹介しています。

「smooth(スムーズ)」利用者の声

口コミ・レビューを参考に、安心してsmoothを利用しましょう。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

まとめ

この記事の内容を簡単にまとめます。 〇引っ越しにかかる費用 →繁忙期なら単身で6万円程度、3人家族で13万円程度

〇賃貸の初期費用は、家賃の4~6ヶ月分が相場

〇借金の一般的方法は、フリーローンとカードローンの2種類。

〇引っ越し費用を借金で払うメリット ・一時的に大きな出費を抑えられる ・自分の好きなタイミングで引っ越せる

〇引っ越し費用を借金で払うデメリット ・金利がかかる ・入居審査で引っかかる可能性がある ・滞納すると信用情報に傷がつく

〇引っ越し費用を借金で払う際の注意点 ・新卒は大きい金額を借りることが難しい ・転職時の借金は後々苦しくなる ・離婚が理由で引っ越すなら公的支援を検討する

〇引っ越しの初期費用は分割がオススメ 引っ越し費用を借金で支払うことは便利な点もありますが、注意点やデメリットも多いです。 引っ越し費用を借金で支払うのであれば、かならず無理のない金額を借りましょう。 借金をする前に、分割で払う方法を検討してみるのもおすすめです。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!