引っ越してすぐ引っ越したい!注意するべき点と引っ越しのコツ

folder-icon
引っ越し情報
引越し情報
引っ越し

引っ越してすぐだけどもう引っ越したい!と思っている人の中には、引っ越しっていつからできるのか、問題はないのかと不安を感じる人もいるのではないでしょうか。

引っ越してすぐに引っ越したいと思う理由は人それぞれですが、生活の多くの時間を過ごす家に関して妥協はしたくないですよね。

今回はそんな不安を抱えている人に向け、引っ越してすぐ引っ越したいと思ったときに注意すべき点と引っ越しのコツを紹介します。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

引っ越してすぐ引っ越したいときは…

共益費 管理費

引っ越してからなにかしらの理由ですぐにまた引っ越したいと思っている場合、いつからどのように退去ができるか気になりますよね。

ここでは、引っ越してすぐ引っ越したいと思った際にとるべき行動を紹介します。

入居その日でも退去可能

いつから引っ越すことができるかというと、「入居その日から退去が可能」です。

入居したばかりで退去できるのか不安に思っている人も、すぐにでも退去することができるのでその点は心配いりません。

まずは管理会社に連絡

引っ越してすぐ引っ越したいと思ってしまった場合、まずは管理会社に連絡をしてみましょう。

退去したいという意思を伝え、退去のためにどのようなプロセスが必要かを確認することができます。

管理会社に連絡をするのに抵抗がある人もいるかもしれませんが、自分が納得できない環境で生活し続けるのはつらいので、勇気を出して話をしてみましょう。

理由を明確に伝える

管理会社に連絡をする際は、理由を明確に伝えましょう。

引っ越してすぐに引っ越したい理由は人それぞれですが、場合によっては管理会社によって解決してくれる可能性もあります。

物件や環境に問題がある場合は特に、悩まずに管理会社に率直に話してみることも大切です。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

引っ越してすぐ引っ越す際の注意点

自分で引っ越し

引っ越してすぐ引っ越したいと思っても、いくつか冷静に考えなければいけないポイントがあります。

違約金が発生する

賃貸契約には契約期間が設けられていることが多く、それよりも早く契約を解消すると、違約金が発生します。

違約金は家賃1~3ヶ月分であることが一般的で、契約書に記載されているはずなので確認してみましょう。

違約金を支払うことになり、次の物件の契約にもまた同じようにお金がかかることを考えると、引っ越しは慎重に検討する必要があります。

契約書を確認する

引っ越してすぐに引っ越したい人がまず初めにするべくことは、契約書の確認です。

契約書には、そのようなケースにいくら支払いが求められるのか、どのような手続きを踏む必要があるのかなどが記載されています。

契約書を紛失した場合は、管理会社に連絡して再度発行してもらう必要があるので注意してください。

次の入居審査には影響しない

「引っ越してすぐに引っ越してしまったら、次の入居審査に影響がある?」と思った人も、心配はいりません。

入居審査は違約金を払うことになってしまっても、影響がでることがありません。

気に入らない家に住み続けるよりも、お金が多少かかってしまってもストレスの少ない環境に移る方がいいという場合もあります。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

引っ越してすぐ引っ越す際のコツ

point

引っ越してすぐに引っ越したい場合、違約金や次の引っ越し費用などさらなる出費が重なります。

なるべく費用を抑えるために、以下のポイントに注意しましょう。

「敷金」の返金を依頼する

引っ越して期間が浅い時期に引っ越しをする場合、「敷金」の返金を依頼することができるかもしれません。

どのような決まりになっているかは契約によって異なりますが、管理会社かもしくは不動産屋さんに確認してみましょう。

敷金は家賃1ヶ月分に当たるため、違約金の負担を減らすためにも交渉してみる価値はあります。

引っ越し業者は複数見積もりをとる

次の家に引っ越すことを検討している場合、新しい家に引っ越すための費用も必要になります。

引っ越し業者に依頼する場合は複数の引っ越し業者から見積もりをとることで、その中からより条件のいいものを選ぶことができます。

時期や移動距離によって引っ越し業者費用は変動するので、費用をなるべく安く抑えたい人は複数の選択肢の中から業者を選びましょう。

引っ越し初期費用を分割払いする

引っ越し初期費用は家賃の4~5ヶ月分が相場と言われ、新生活スタートのためには大きな出費となります。

なるべく負担を軽減したいという人におすすめなのが、引っ越し初期費用分割払いサービス「smooth」です。

「smooth」では、自分が選んだ物件の初期費用を6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月に分割して支払いができるサービスを展開しています。

費用の負担が集中するのをなるべく抑えたい人は、ぜひ「smooth」の公式サイトをのぞいてみてくださいね。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

まとめ

引っ越してすぐ引っ越したいと思った際に、どうすればいいか不安に感じるのは当然のことです。

快適な生活を手に入れるためにも、まずは管理会社に相談をしてどのような手続きが必要かを確認してみましょう。

以上、引っ越してすぐに引っ越したい場合の注意点と費用を抑えるコツについてでした。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!