離婚に伴う引っ越しの「効率的な流れ」と「費用」を解説します

folder-icon
引っ越し情報
初期費用
引っ越し

離婚では、結婚するときの何倍ものエネルギーが必要と言われています。 ただでさえ消耗する離婚ですが、それに伴って引っ越しをしないといけないことが多いです。 ・離婚に伴う引っ越しは、何から手を付けたらいい? ・離婚や引っ越しには、どんな手続きが必要? ・離婚に伴う引っ越しには、どんな費用がかかる? ただでさえ消耗しているときに、さまざまな手続きを並行して行うのはとても大変ですよね。

この記事では、 〇離婚に伴う引っ越しの効率的な流れ ・スケジュールを立てる ・引っ越し先を決める ・離婚届などの各種手続き ・荷造り ・引っ越し 〇離婚に伴う引っ越しにかかる費用 ・引っ越し費用 ・家具・家電の購入費用 ・退去・初期費用 〇引っ越す必要があるけど、お金がないとき ・初期費用の分割払い について解説します。 効率よく引っ越しを進めて、気持ちよく新しい生活を始めるためにも、ぜひご参考にしてください。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

離婚に伴う引っ越しの効率的な流れ

引っ越しまでに行うべきことや、必要な申請・手続きを解説します。

1.スケジュールを立てる

やるべきことを洗い出して、スケジュールを立てましょう。

下記のポイントを意識すると、効率なスケジュールを立てられます。

・引っ越し前に「やること」と「必要な手続き」 ・引っ越し後に「やること」と「必要な手続き」 ・同じ場所で同時に行えるか(離婚届と転出届など)

申請や手続きの漏れは、余計な手間や出費を招きます。 大まかにでも良いのでスケジュールを立てておきましょう。

2.引っ越し先を決める

まずは引っ越し先を早めに決めましょう。 引っ越し先を早めに決める利点は下記のとおりです。

・スケジュールや費用の見通しがつく ・引っ越し業者の見積もりや予約を進められる ・必要な家具家電の購入を進めることができる。

3.離婚届・各種手続き

離婚に伴う引っ越しに「必要な手続き」を解説します。 数は多いですが、お住いの市区町村役場で行えるものが多いです。

やるべき手続きを確認し、不明な点は担当の部署に確認しておき、効率よく進めていきましょう。

離婚で必要になる手続き

離婚届など離婚に関する主な手続きは下記のとおりです。

・離婚届 ・戸籍の変更手続き ・年金の分割 ・国民年金への加入(扶養に入っていた場合) ・自動車の名義変更

引っ越しで必要になる手続き

引っ越しに関する主な手続きは下記のとおりです。

・住民票の異動 ・マイナンバーカードの住所変更 ・世帯主の変更 ・運転免許証の書き換え ・パスポート ・印鑑登録 ・郵便物の転送手続き ・金融機関の住所変更の手続き

子どもに関する手続き

子どもがいる場合は、子供に関する手続きを行う必要があります。 子どもに関する主な手続きは下記の通りです。 ・子どもの戸籍に関する手続き ・子どもの手当てに関する手続き ・子どもの転園、転校の手続き 親の離婚やそれに伴う引っ越しは、子どもにとって大きな環境の変化です。 子どもに関する手続きも大事ですが、いつも以上に子どものメンタルにも目を配りましょう。

4.荷造り

荷造りは早めにはじめましょう。 引っ越しの一か月前から始めることができればベストです。

荷造りの際は、下記のポイントを意識しましょう ・アクセサリーや時計など、高価なものを忘れない ・結婚後に2人で購入したものはどちらが引き取るか決めておく ・運び出す荷物に目印をつけるなど、引っ越し業者が間違わないようにする

引っ越し後に、忘れ物についてやりとりをするのは精神的にも大きな負担になります。 なるべく早く荷造りを行い、忘れ物や引っ越し後のトラブルを防ぎましょう。

5.引っ越し

引っ越し業者を利用するのであれば、早めに「見積もり」と「予約」を取っておきましょう。 時期や人数、荷物の量で値段や予約の取りやすさが大きく変わります。 荷造りの時と同じく、引っ越しの当日も忘れ物や運び間違いがないか注意が必要です。 引っ越し後に必要な手続きも忘れずに済ませましょう。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

離婚に伴う引っ越しかかる費用

値下げ交渉

離婚に伴う引っ越しにかかる費用について解説します。 予想外の出費を招かないためにも、自分に必要な費用をよく確認しておきましょう。

引っ越し費用

引っ越し業者を利用する場合は、その費用がかかります。 引っ越しの時期や人数、移動距離などによって、かかる費用は幅が広いです。 引っ越し先や引っ越したい時期が決まったら、早めに見積もりと予約を取りましょう。 値段が高くなる繁忙期(3~4月)の相場は下記のとおりです。 ・単身:6万円程度 ・3人家族:13万円程度

家具家電購入費用

新たな家具や家電を購入する必要も出てくるでしょう。 最低限必要と言われている家具や家電は下記のとおりです。 【最低限必要な家具】 ・寝具 ・カーテン ・食器 ・タオルなど衛生用品 ・調理器具 【最低限必要な家電】 ・冷蔵庫 ・洗濯機 ・電子レンジ ・掃除機 新生活のひとり暮らしで家具家電を購入する場合、相場は約20万円と言われています。 子どもがいるのであれば、それ以上の費用が必要になるでしょう。

退去費用、初期費用

【退去費用】 現在住んでいる賃貸物件を引き払うなら、退去費用がかかることがあります。 敷金の有無でも金額は変わってきます。 部屋の状態や契約書を、いま一度確認しておきましょう。 【初期費用】 賃貸物件に引っ越すのであれば、初期費用がかかります。 相場は家賃の5ヶ月分と言われています。 初期費用の主な項目は下記のとおりです。 ・敷金 ・礼金 ・仲介手数料 ・前家賃 ・鍵交換費用 ・クリーニング代

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

離婚が理由で引っ越す必要があるけど、お金がない・・・

「離婚が理由で引っ越す必要がある」ときでも、費用の捻出が難しい場合もあると思います。

そんな方におすすめなのが初期費用分割サービス「smooth(スムーズ)」です。

「smooth(スムーズ)」は、お部屋を借りるときの初期費用を分割後払いにすることが可能です。

6回払いまでは手数料無料で利用できるので、ぜひこの機会に利用してみてはいかがでしょうか?

「smooth(スムーズ)」が、手数料なく分割できる仕組みについては下記ページをご覧ください。

smoothの仕組み

「smooth(スムーズ)」を実際に利用して、新しい生活を手に入れた方々の口コミやレビューを下記ページの中で紹介しています。

「smooth」利用者の声

まとめ

この記事のまとめは下記のとおりです。

〇離婚に伴う引っ越しの効率的な流れ 1.スケジュールを立てる 2.引っ越し先を決める 3.離婚届など各種手続き 4.荷造り 5.引っ越し

〇離婚に伴う引っ越しにかかる費用 ・引っ越し費用  →早めに見積もりを取る

・家具家電の購入費用 →1人暮らしで約20万円が相場 (子どもがいる場合より多くの費用がかかる)

・退去費用 →部屋の状態や契約書を再確認しておく

・新居(賃貸)の初期費用 →家賃の5ヶ月分が相場

〇離婚が理由で引っ越したいけど、お金がない場合  →smoothで初期費用分割払いがおすすめ! 離婚に伴う引っ越しは、手続きの数がすこし多いですが、モレなく行えるように計画を立てましょう。 効率よく引っ越しをすすめ、気持ちよく新生活をはじめるご参考になれば幸いです。

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!