【一人暮らしの引っ越し】荷物が多い場合の費用の相場はどれくらい?

folder-icon
引っ越し情報
引越し情報
賃貸物件

新生活など様々な事情で、引っ越しを検討されている人の中には、費用の心配をされている人もいると思います。

一人暮らしの引っ越しの場合でも、家具家電などの持ち物が多い場合には、荷物が多くなってしまうこともあります。

この記事では、一人暮らしで荷物の多い人が引っ越しをする際に、どのくらいの費用がかかるかについて解説します。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

引っ越し費用を決める3つの要素

引っ越し後

引っ越しの費用は、荷物の量以外にも「移動距離」「時期」などの複数の要素によって決定します。

なるべく安く引っ越しをしたいと思っている場合、各項目の中で節約できそうなポイントがないかを探るのが効果的です。

引っ越しの荷物量

引っ越し費用は、一般的に荷物の量が多ければ多いほど高額になります。

「移動する距離は同じなのに?」と思われるかもしれませんが、引っ越し作業の中には荷物の運搬も含まれるため、荷物が増えると作業量が増えてしまうのです。

引っ越し業者の視点から見ると、決められた時間内に作業を終えるために一人多く人と呼ぶなど、人件費も発生します。

単身の引っ越しであればそこまで荷物が多くならない場合がほとんどですが、家具や家電など持ち物が多いと思ったより高値になってしまうこともあります。

軽トラックや専用のボックスを使用して引っ越し作業を行っている業者の場合、トラックに荷物が入りきるかどうかによっても値段が変化します。

引っ越しの移動距離

当然、引っ越しの際の移動距離も費用の決め手の1つになります。

引っ越し先はすでに決まっているものなので変更することはできません。

しかし業者によって距離による価格設定が異なる場合もあり、移動距離のランクが1つあがるだけで大きく金額が変わることもあります。

計算方法や金額の算出方法は引っ越し業者のホームページなどに記載されていることが多いため、目安として事前の確認ができます。

引っ越しの時期

引っ越しの時期は選ぶことができない場合は仕方がありませんが、やはり繁忙期となると高額な価格設定になっていることが多いようです。

特に新生活シーズンである3~4月の時期は、引っ越し業者も混みあうため早めに予約をしないと思った通りの日に引っ越しができなくなってしまうこともあります。

大学生や働いている人の場合、休日の方が引っ越しをしやすいため、引っ越し業者が混みあう可能性もあります。

月だけでなく、曜日によっても見積もりが違う場合もあるので注意が必要です。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

一人暮らしの引っ越し費用を抑える方法

引っ越し準備

一人暮らしの引っ越し費用は、ここまで紹介したように「荷物の量」「移動距離」「引っ越しの時期」の三項目から算出されます。

この項目の他にも、引っ越し業者ごとにサービス内容や価格設定も異なります。

引っ越しをなるべく安く進めるためには、節約できるポイントを把握し、早くから準備を始めることが大切です。

相見積もりをとる

引っ越し業者は、それぞれが異なる価格設定をしているため、一社だけを見て決めてしまうと割高な出費になってしまう場合があります。

引っ越しをする地域によっては、地元の引っ越しに特化している業者や、単身引っ越しに強い業者があるかもしれません。

自分の条件に最適な業者・プランを見つけるためにも、複数の企業に見積もりをとる「相見積もり」をするのが効果的です。

「相見積もり」により、金額面だけでなく、各社のサービスなどを比較しながら最も条件の良いものを選ぶことができます。

荷物の量を減らす

続いて、荷物の量を減らすのも引っ越し費用を抑えるためのポイントの1つです。

単身で暮らしていても、気づいたら不要なものが増えてしまうことがあります。

引っ越しを良い断捨離の機会ととらえ、長らく使っていないものや要らないものを捨てるのも一つの手です。

少ない荷物で引っ越しをすれば、費用を抑えられるだけでなく、荷解きの際の作業量が少なくて済みます。

繁忙期を避けて引っ越す

3月4月などの新生活がスタートする時期は、引っ越しをする人の数も多く、

可能であれば、時期を少しずらして引っ越しをすると、費用をぐんっと抑えることができます。

月だけでなく、土日と平日で料金が異なることもあるので、平日に引っ越しができるならば見積もりをとって確認してみましょう。

初期費用を抑えて引っ越す

引っ越しの費用の中には、引っ越しそのものの費用の他にも新しい家の初期費用も含まれています。

引っ越しをしたいけど、家賃以外に引っ越し費用や初期費用をすべてまとめて払うだけのお金がないという人には、分割サービスの利用がおすすめです。

「smooth」では、引っ越しの初期費用を抑えることのできるサービスを提供しています。

「smooth」はどの引っ越し先であっても利用が可能で(稀に利用できない場合があります)、6回払いや12回、24回払いなどニーズに合わせて初期費用を分割払いすることができます。

記事内LINEバナー_b2_ボタン付き

引っ越し準備は早め始めるのがおすすめ

引っ越し

一人暮らしの引っ越しであっても、荷物の量が多いと費用が高くなってしまうこともあります。

引っ越しを安く済ませるためには、相見積もりをとったり、荷物の量を減らしたり、事前の準備が大切です。

また、引っ越し費用自体だけでなく、引っ越しの初期費用を抑えるためのサービスを上手に活用することで、全体的なコスト削減につながります。

早めに準備に取り掛かり、なるべく安くできる方法を見つけてくださいね。

以上、荷物が多い人の一人暮らしの引っ越しの費用についてでした。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!