【手取り15万】家賃の目安はいくら?引っ越す際に注意すべき点

folder-icon
家賃
家賃
家賃相場

手取りが15万円の人が家を探す際、だいたいいくらくらいの家に住めば生活を圧迫せずに済むのでしょうか。

収入に見合った金額の家を選ばないと、生活費が不足してしまったり、家賃を支払うのが困難になってしまったりします。

この記事では、手取り15万円の人が無理なく生活できる家賃の目安と、引っ越しの際の注意点について紹介します。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

目安家賃は手取りの3割

年収700万円の暮らし

家賃の目安は、手取りの3割と言われています。

つまり、手取りが15万円の人は、家賃5万円の家に住むのが適正ということになります。

無理せず生活できる家賃

5万円の家賃の家に住むことができれば、残ったお金で食費や交際費などを賄えるという計算になります。

都内で5万円の家賃の家を探すことは容易ではありませんが、地方都市や郊外であれば見つかる金額です。

家賃補助を含まない金額

会社からの家賃補助が出ている場合、5万円に家賃補助分の金額を上乗せして家賃を決めることができます。

例えば、3万円の家賃補助がある場合、合計8万円を家賃に充てることができるという計算です。

家賃補助が家賃の7割で定められている場合、家賃が7万円くらいの家に住むと、実質負担が5万円となります。

自分の生活費を鑑みる

家賃の設定はあくまで目安です。

生活費の中に固定された出費がある場合や、まかないなどで食費を抑えることができる場合には、この金額に必ずしも従う必要はありません。

出費の例としては、毎月の借金の返済があったり毎月実家に帰る帰省費用がかかったりする場合、これらを考慮する必要があるかもしれません。

反対に、食事を無償でもらえるなどの福利厚生がある場合は、その分を家賃に充てて少しいい家に住むことができるかもしれません。

家賃以外に注意すべき点

注意

家賃以外にも固定でかかる費用などは、家を決める際に意識する必要があります。

また、収入に関しては不確定なものはカウントせず、確実に手元に入るお金をもとに家賃を決めるのが重要です。

交通費を念頭に入れる

会社に出勤する際の交通費も、毎日のことなので馬鹿になりません。

家賃を5万円に抑えられていても、家が会社から遠く交通費が2万円かかってしまうようだと結果的に負担は大きい状態にあります。

それならば、家賃を6万円にして交通費が1万円で済む家に住んだ方が、通勤時間なども考えると効率的な生活スタイルになるかもしれませんよね。

駅から家までの交通費も事前に調べて家を探しましょう。

ボーナスは手取りに含めない

毎年のボーナスがあれば手取り3割以上の家に住んでもいいのではと思う方もいるかもしれませんが、基本的にはボーナスはこの計算には含みません。

なぜなら、ボーナスは業績などによって変動することがあり、場合によってはもらえない可能性もあるからです。

安定した生活を送るためには、確実に入ってくる収入を基盤にして家賃を設定するのがおすすめです。

管理費や共益費を含めた家賃

家賃5万円というのは、実際に支払う金額が「5万円」ということになります。

家の契約の際には、家賃の他に「管理費」「共益費」というものがあり、家賃5万(管理費5千円)のような表記がされていることもあります。

この場合、実際に支払う金額は5.5万円ということになるので、きっちり5万円の家賃を探している人は、管理費共益費を事前に確認しましょう。

引っ越し費用を抑える方法

引っ越し準備

家賃を安く抑えたとしても、引っ越しにかかる金額があまりに高くなってしまうと出費の負担が大きくなります。

ここでは引っ越し業者と引っ越しの初期費用をそれぞれ抑える方法を紹介します。

引っ越し業者費用を抑える

引っ越し業者費用は、「荷物の量」「移動距離」「時期」の3要素で金額が決まります。

荷物の量は単身者の場合はそこまで多くなりませんが、追加料金などが不安な場合は引っ越し前に断捨離し、なるべく身軽になることが大切です。

引っ越しの時期に関しては、新生活シーズンである3・4月には価格が跳ね上がる傾向にあるため、5~2月を狙って引っ越すのがおすすめです。

引っ越し業者ごとに金額の設定が異なるため、より安く条件のいいものを選ぶためには、複数の企業から見積もりをとって比較して決めましょう。

引っ越し初期費用を抑える

引っ越しの初期費用は、家賃の4~5ヶ月分とも言われており、家賃5万円の家の場合は20~25万円を引っ越し時に払うことになります。

他にもいろんな出費が重なる中、一括でこの金額を払うのは大変ですよね。

そんな人におすすめなのが「smooth」です。

「smooth」は、引っ越しの初期費用を6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月で分割して支払えるサービスです。

自分で決めた家の初期費用にも利用できるサービスなので、すでに住む場所が決まっている人も利用できます。

まとまった出費を避けることで、経済的、精神的な負担を軽減することができます。

家賃は「実質負担額」を目安に決める

手取り15万円の人が家賃とする目安は5万円ですが、これは実際に支払う金額です。

管理費や共益費を含んで5万円の価格になるように家を探すことで、無理のない安定した生活を送れると言われています。

自分の生活環境や状況を考慮し、自分が快適に暮らせるような家を見つけてくださいね。

以上、手取り15万円の人の家賃の目安でした。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!