【手取り30 万】家賃はいくらがいい?引っ越す際の注意点解説

folder-icon
家賃
家賃
家賃

家を新しく探すとき、家賃はどれくらいが目安となるのか気になりますよね。

手取り金額に合っていない家賃を払ってしまうと生活が苦しくなってしまうこともあるので、無理のない金額を設定する必要があります。

今回の記事では、手取りが30万円の人が家賃の目安に設定すべき金額と引っ越しの際の費用の抑え方を紹介します。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

目安家賃は手取りの3割

一人暮らし

一般的に、家賃の目安は手取りの3割と言われています。

つまり、手取りが30万円の人は、10万円の家賃が目安ということになります。

都内でマンションの一室を借りるとなると、10万円あれば選択肢はかなり広がりますね。

無理せず生活できる家賃

手取りに対して家賃3割というのは、無理せずに生活ができる金額と言われています。

食費や交際費の他にも、急な病気をした際の医療費や旅行費など、エキストラな出費にも対応できるような経済状況を維持することができます。

これ以上の家賃の家に住むことも不可能ではありませんが、余裕を持って無理なく生活できるラインとして1つの基準と言えます。

家賃補助を含まない金額

ただし、企業などから家賃ほどが出ている場合は、これよりも高い家賃の家に住むことができます。

例えば、家賃補助が3万円もらえるのであれば、自分の家賃出費10万円と合わせて家賃13万円の家に住めるということになります。

自分の生活費を鑑みる

この手取り30万円に対して家賃10万円というのはあくまで目安なので、生活費が通常よりも多くかかる場合は、家賃を抑え気味にした方がいい場合もあります。

例えば、月々の借金の返済や定期的な出費がある場合には、少し家賃設定を下げる必要があるかもしれません。

反対に、趣味などの出費がほとんどない場合には、10万円よりも少し高い家賃になっても問題ないと言えます。

家賃以外に注意すべき点

注意

家賃10万円というのはあくまで目安ですが、実際に引っ越しを検討する際には注意して確認すべきポイントがいつくかあります。

交通費を念頭に入れる

毎日の通勤でオフィスなどに行く必要があるなら、交通費は考慮すべき項目です。

10万円の家賃であっても、会社から遠く毎月往復3万円かかってしまうような場所に住んでいるよりは、11万円の家賃で会社の近くに住んだ方が結果的に安上がりになることもあります。

家を決めるための要素は金額だけではありませんが、家賃だけにこだわりすぎず、全体的な出費を見ながら家を選ぶことが大切です。

ボーナスは手取りに含めない

手取りの3割という計算方法の給料の中には、ボーナスは含まずに月給だけで計算をします。

ボーナスは年間の企業業績などによって金額が決まることも多く、不安定な要素です。

そのため、ボーナスをあてにして家賃の高い家に住んでしまうと、期待した額ボーナスが支払われずに生活が苦しくなってしまう可能性があるからです。

管理費や共益費を含めた家賃

家賃10万円は、管理費や共益費を含んだ金額を指します。

家賃表記の中には、家賃10万円(管理費1万円)などの表記があります。

この場合、実際に家賃として支払う金額は11万円となるため、管理費と共益費は契約を結ぶ前に確認しておく必要があります。

引っ越し費用を抑える方法

お金

家賃目安にあった家が見つかったら、引っ越しの準備です。

引っ越しにかかる必要をなるべく抑えるためには、いくつかコツがあります。

引っ越し業者費用を抑える

まずは引っ越し業者費用を抑える方法です。

引っ越し業者費用は「荷物の量」「移動距離」「引っ越しの時期」の3つの要素で金額が決まります。

引っ越し費用の単身の引っ越しで合っても荷物の量が多いと割高になってしまうことがあるので、費用を抑えるためには不要なものはあらかじめ処分しておきましょう。

引っ越し業者は、繁忙期と言われる3・4月には料金が跳ね上がります。

そのため、特に時期にこだわりがない引っ越しの場合は5~2月に引っ越すことがおすすめです。

引っ越し業者の中でも価格設定やサービス内容に差があるので、なるべく多くの引っ越し業者から見積もりをとって内容を比較することが大切です。

引っ越し初期費用を抑える

引っ越しの際にかかる費用として負担が大きいものとして、初期費用が挙げられます。

引っ越し先の家賃の4~5ヶ月分かかると言われており、10万円の家に住む場合は40~50万円は費用が発生することになります。

一括でこの金額を払うのがキツいという方には、「smooth」という初期費用分割支払いサービスがおすすめです。

「smooth」では、初期費用を6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月に分割して支払うことができ、自分が選んだ家でどこでも利用ができます。

まとまった出費を負担に感じている人はぜひチェックしてみてください。

家賃は「実質負担額」を目安に決める

手取り30万円の人が目安にすべき家賃は10万円と言われています。

ただしこの10万円は、管理費・共益費を含んだ金額で、実際に自分が支払う金額なので注意が必要です。

その他、自分の生活の状況や交通費などの要素を考慮しながら無理のない家賃の家を見つけてくださいね。

以上、手取り30万円の人の家賃の目安でした。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!