家賃交渉ってできるの?交渉方法とコツを徹底解説!

悩む女性

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録
author-image
監修

高嶋允瑛

株式会社スムーズ取締役・宅地建物取引士

家賃は固定のものと思っている人が多いのではないでしょうか。実はそうではありません。全体の約8割の人が家賃交渉をしており、一般的な成功率は4割程度と言われています。もちろんできることなら安くしたい家賃ですが、どのような方法で交渉するのがいいのでしょうか。1000円だけでも家賃を抑えられれば、一年で1万2千円になるので、趣味や嗜好品に使えるお金も増えるでしょう。 家賃交渉のコツからタイミングまで詳しく説明するので最後までしっかりとチェックし、家賃交渉に臨んでください。

そもそも家賃交渉ってできるの?

初期費用を抑えるコツ

先述の通り、家賃交渉を成功させている人は結構多いようです。中には1万円もの家賃交渉を成功させた強者もいるようです。人によっては入居後気まずくなることを気にする方もいますが、気にしないでいいでしょう。 最近は実際のオーナーさんと借主が関わる機会が減り、管理業者が入っている場合が多いため、気まずくなることは少ないようです。さらに管理会社も多数の入居者管理をしているため、入居の際の交渉をずっと覚えている人は少ないでしょう。 もし予算に合わない、相場より高い、決め手に欠ける等の物件に住むことを検討している場合は、どんどん交渉していくのが良いようです。

家賃交渉のコツとは?ポイントは言い方やタイミング

AdobeStock 79273323

家賃交渉はただ単純に「安くしてくれ!」と言って成功するものではありません。そこで、家賃交渉の成功率を上げるためのちょっとしたコツを紹介したいと思います。

タイミングや言い方で大きく変わるので、家賃交渉を行う際は参考にしてみてください。今回、紹介するコツはこちらの3つです。

・事前に周辺の相場を調べる ・タイミング ・限度を見極める

それでは、1つずつ見ていきましょう。

事前に周辺の相場を調べる

家賃交渉のコツ1つ目は、事前の下調べです。家賃交渉では、周辺エリアの家賃相場が1つの目安となります。そのエリアの家賃相場より高ければ交渉しやすいですが、そもそも相場通りや相場より安い場合は、交渉しづらいものです。

そのため、事前に周辺エリアの家賃相場がどのくらいなのか、また、どのような条件なのかも調べておく必要があります。基本的に、交渉しやすい物件の特徴は、駅から少し離れていたり築年数が古かったりと、あまり良くない条件が付いていることがあります。家賃と併せて条件面も調べておくと良いでしょう。

タイミング

家賃交渉のコツ2つ目は、タイミングです。タイミングがとても重要なことで、タイミングを間違えると交渉は成立しません。

では、家賃交渉に最適なタイミングはいつかと言うと、繁忙期を避けた「閑散期」が狙い目です。引っ越しシーズンの2月~3月の家賃交渉はほぼ成功しないと言ってもいいでしょう。また、9月あたりも異動期などと重なり、引っ越しする人が多く、家賃交渉は難しくなります。

繁忙期は、家賃交渉しなくても入居希望者が後を絶ちません。そのため、家賃交渉するなら繁忙期を避けた閑散期、5月~8月、11月~1月あたりを狙うのがポイントです。タイミングを間違えないように家賃交渉しましょう。

限度を見極める

家賃交渉は賃料の5%程度と言われています。初期費用に関してはそこを省いてでも、ストック収入を確保する大家さんが多いです。

しかし家賃ともなると、住まれ続ける限りずっともったいない期間が続いてしまいます。大家さんもローンの支払いや、設備投資などを続けないといけないため、家賃の交渉は初期費用より難しくなっています。ギリギリ交渉に応じてくれる内容としては賃料の5%程度なようです。オーナーが黒字をキープしつつ許容できるギリギリを提案していくのが良いようです。

入居前、入居後どっちの方が適している?

AdobeStock 73807901

基本的には入居前の相談がおすすめです。入居しないとわからない住みにくい点なども出てくるかもしれませんが、契約更新のタイミングまでは、契約切り替えの手間もあるので、大家さんがなかなか応じてくれないでしょう。 入居前にしっかりと近隣施設についても調べ、もし住みにくい点、マイナスポイント等あればしっかりと別の場所でポジティブポイントを作り、納得して物件を借りるようにしましょう。 入居後に家賃交渉する場合は、住み始めてから目の前にマンションが建ち、日当たりが悪くなった、目の前にラーメン屋ができて洗濯物を干すと匂い移りがひどい等、住み始めてからの環境変化でどう考えても被害を受けている場合には成功するようです。 しかしやはり契約更新時期ではないと応じてくれない場合もあるので、タイミングを合わせてしっかりと交渉を進めましょう。

初期費用が高いときは分割払いに!

お金

「賃貸物件の初期費用が高くて払えない!」そんな方も多いでしょう。初期費用は何も一括で払う必要はなく、クレジットカードやローンなどで分割にする方法はさまざまです。しかし、多くの場合は金利手数料が発生し、本来よりも多くの金額を支払う必要があるということを頭に入れておきましょう。契約時にまとまったお金を用意する必要がないことはメリットですが、少し損をした気持ちになりますよね。

そこで、おすすめなのが初期費用を分割後払いできるサービス「smooth(スムーズ)」です。スムーズは6回払いまでなら金利手数料が0と一切かからず、負担なく賃貸物件の契約をすることができます。賃貸の初期費用に困っている方は、この機会にご利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

この記事では、家賃交渉は実際にできるのか、成功させるコツなどについて解説してきました。成功させるためには必須の項目がいくつもあるため、しっかりと事前準備を進めて交渉に臨みましょう。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!