年収1000万円なら家賃はいくらくらい?適正家賃を徹底解説!

初期費用
author-image
監修

高嶋允瑛

株式会社スムーズ取締役・宅地建物取引士

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

この記事では年収または世帯年収が1000万円程度の方々に向けて、引っ越しをする際の適正家賃についてご説明しております。

無理のない家賃の金額や、審査に通りやすい金額の目安、初期費用等引っ越しを検討する上での重要なポイントをまとめましたので、ぜひ最後までご確認ください。

適正家賃はいくら?

年収1000万円の方々の適正な家賃は20万円前後がめどになるでしょう。

年収1000万円の方の手取りは60万円前後になるのではないでしょうか。

月々の生活費などを考えて、手取り額の3分の1を超えない金額にすることが一般的な目安となります。

60万円の3分の1となるので20万円前後をめどに物件を探すことをお勧めします。

しかしそれぞれの生活スタイルによって、必要な生活費が変わってくるため、自分の生活スタイルをいちど見直す必要があります。

例えばお子さんがいる場合、教育費等が追加でかかってくるため、手取り額の3分の1と言う指標で家を選んでしまうと、生活が圧迫され後々困るタイミングが出る可能性があります。

自分が使うお金や固定費等を振り返って確認し、月々の手取り額3分の1より低い金額にするか、もう少し高い金額にするか、自分で調整を行いましょう。

審査が通る金額は?

次に年収1000万円の方が入居審査を行う場合の通りやすい家賃額についてです。

一般的に年収1000万円前後であれば、目安として27万円から28万円の物件であれば審査に通ると言えるでしょう。

この金額の目安に関しては手取り額の3分の1ではなく、額面年収の36分の1以下であれば審査に通る数値となっています。

しかし、手取り60万円の方が27万円~28万円の家賃の家に住んでしまうと、給料の半分を家に使ってしまうことになります。かなり生活費を節約する必要が出てくる可能性があります。そのため審査に余裕を持って引っ越しできる方がほとんどでしょう。

どんな間取りに住める?

次に間取りについてです。手取りの3分の1程度の家賃を支払った場合、どのような物件に住めるかを説明していきます。

エリアによってかなり大きな差があります。東京都内を例にすると、家賃20万円あれば高級住宅街で一人暮らし用の新築物件に住めるでしょう。

ワンルームから1K程度の間取りであれば住めない物件はほとんどないともいえます。

1LDK以上の物件でも築年数を15年程度に設定し、高級住宅地から外れることでかなり物件の幅が広がるでしょう。

郊外も選択肢に入れることが可能であれば、2 LDKや3 LDK、一軒家等に住むこともできるでしょう。また年収が1000万円あれば住宅ローンを組むこともできるので、賃貸だけではなく分譲での物件購入が視野に入ります。

住宅ローンを組む場合、年収1000万円があれば、5000万円前後の物件であれば問題なく審査が通り、20万円以下の返済金額で、返済を進められるでしょう。

1億円前後の分譲物件でも審査は通る可能性がありますが、月々の返済金額が30万円前後になりますので、その後の人生プランと併せて計画的に検討を進めましょう。

初期費用はいくらくらい?

最後に20万円前後の家に引っ越す場合の初期費用についてです。

初期費用は一般的に家賃の5ヶ月分から半年分と言われるため、100万円から120万円程度は引っ越し費用としてかかるでしょう。

家賃が20万円程度検討できる場合は、タワーマンションなどの人気物件も選択肢として入ります。

敷金や礼金も1ヵ月分では済まない可能性が出てくるため、しっかりと確認が必要です。

敷金と礼金が2か月分かかる物件を仮定した場合、敷金、礼金、前払家賃、仲介手数料、保険や補償等合わせて140万円前後かかる可能性もあるため、物件や仲介会社の比較検討も必要です。

どんな家庭だとしても貯金を100万円ポンと崩すことに抵抗がない人は少ないでしょう。

スムーズであれば無料で初期費用を分割できるため、もし一括で貯金を崩したくない場合はサービスの利用を検討しても良いでしょう。

物件によっては、敷金礼金がかからない物件や仲介手数料が安い仲介業者などもあるため、家賃3か月分の60万円前後節約できる可能性もあるため、しっかりと探す必要があります。

最近ではフリーレントと呼ばれる制度があるため、狙って探すのもよいでしょう。

フリーレントとは家賃が1か月~3か月程度家賃が無料になる制度です。もし三か月分家賃が無料になった場合60万円家賃が浮くため、かなり節約できます。

注意すべき点は、初期費用が安く済む物件はどこか入居者を集めにくい条件があることが多いため、エリアや周辺施設、付帯設備等をしっかり確認しましょう。

まとめ

この記事では年収1000万円の方に向けた、適正な家賃や審査が通りやすい金額、その他引越し情報等を説明してきました。

あくまでも一例となりますので、自分に合った生活スタイルや貯金方法などを落ち着いて考え、この記事で出た金額は1つの目安として自分の中で検討を進めることをお勧めします。

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!