世帯年収700万円前後の方にお勧めの適正家賃は?新たな基準まで徹底解説!

folder-icon
家賃
二人暮らし家族引越し情報
お金
author-image
監修

高嶋允瑛

株式会社スムーズ取締役・宅地建物取引士

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

この記事では年収700万円の世帯が引っ越しをする際に目安にする家賃についてご説明していきます。

年収700万円あった際の実際の手取り目安や、一人暮らし、同棲、家族で暮らすそれぞれの家賃目安などについても解説しておりますので、最後まで読んで引っ越しにお役立てください。

年収700万円あった際の実際の手取り目安は?

年収700万円の方の手取り目安は、540万円前後でしょう。厚生労働省が発表する国民基礎調査によると、全世帯の平均所得は550万円前後と発表されています。

そのため、世帯年収で考えるとごく平均的な年収と考えられるでしょう。一人で生活する場合はかなり余裕が出ますが、同棲または家族で住む場合は、生活はできますが、特別な余裕はない年収ともいえるでしょう。

さらに、ボーナスがある方であれば月々の手取り金額は35万円前後という計算になりますので、想像以上に余裕はないかもしれません。

ボーナスがない方であれば月の手取りが43万円前後になりますので多少余裕は出てきますが、大きな買い物や貯金が考えにくくなるかもしれません。

手取りの年収が540万円前後の方であればいくらくらいの家賃が目安となるのかについては次項以降で説明していきます。

適正家賃は給料の3分の1?

一般的に適正家賃は給与の3分の1と聞いたことはないでしょうか。

バブル期に、額面給与の3分の1を家にかけるという風習が根付き、そこからいまだに一つの目安として使われています。しかし今では、バブル期と比べ月収の上がるスピードや基本給与が鈍化しているため、手取りの3分の1が基本とされています。

そのため、年収700万円、ボーナス有の方であれば11万円前後が一つの目安となります。ボーナスなしの方であれば14万円前後になるでしょう。

どちらでも手元に残るお金は20万円後半になるため、一人暮らし、実家住まいの方以外は多少節約を心がける必要があるでしょう。

自分の生活スタイルを考える必要あり!

前の項で一般的な適正家賃について解説いたしました。

しかし最近では、家より生活水準や趣味、貯金、資産運用など、家以外の部分を重要視する人も増えてきました。 以前と比べ、お金の使い道や増やし方などが普及してきたため、上記のような傾向があります。在宅が当たり前の世の中になり、家の満足感を上げるために引っ越しをする方もいますが、逆に家の中での満足度を上げるために設備に投資する方も増えています。

次の項では、趣味にお金を使いたい方や、資産運用の割合を増やしたい方にお勧めの家賃目安についてご説明していきます。

家に比重を置くなら3分の1!未来や生活に重きを置くなら4分の1!

前の項では人によって家賃目安が変わってくるというご説明をしてきました。

先述の通り、在宅が増え、家のグレードを高めている人もいます。そういった方は手取り月収の3分の1を目途に引っ越すことをお勧めします。

しかし、今住む場所に投資するのではなく、未来や今の時間に投資したい方に関しては手取り月収の4分の1を目安に物件選びをすることをお勧めします。

年収700万円ボーナス有の方であれば、9万円前後、11万円前後が目安となります。

3分の1と比べると2~3万円しか変わりませんが、3万円あれば、ニーサ非課税枠の3分の1程度資産の運用ができますので、5年後大きな差が出るでしょう。他にも3万円あれば、付き合いでのゴルフや少し飲みすぎてしまっても問題なく生活できるため、たった3万円ですが大きな差となるでしょう。

今お勧めなのは4分の1!

今お勧めなのは手取り月収の4分の1を目安に物件探しをすることです。コロナによって今後のお金を読むことが難しく、3分の1を目安に引っ越し、後々状況が変わる可能性があるためです。

コロナが落ち着くまでは家賃は4分の1程度に抑え、生活を豊かにする生活用品などを購入することをお勧めします。

そうすることで、収入が減っても生活に関する困窮度が減り、幸せな生活水準を保ちやすい傾向にあります。さらに、コロナが落ち着いたタイミングで引っ越しをすると決めておくことで、それまでに少し豪華な家財道具や貯金を少しずつ貯め、次回の引っ越し時負担を減らすこともできます。

何度も引っ越しをするのは初期費用がもったいないと考えていませんか?

スムーズであれば引っ越しにかかる初期費用を無料で分割払いすることができるため、引っ越しにかかる初期費用負担を極限まで減らすことができます。

自分のお財布と相談し、スムーズをうまく使いこなしましょう。

最後に

この記事では年収700万円世帯の適正家賃などについて説明してきました。ボーナスの有無によって大きく変わってきますが、10万円前後が目安となってくるでしょう。 あくまでも平均値や一般的な適正になっています。そのため、人より何かにこだわりがある方は、節約が必要になります。 毎日食費を節約することに関しては、意志が弱いと挫折してしまいます。 しかし家に関しては、住んで都にすることができるため、一度自分の生活スタイルを顧みて、生活の中で人より多くのお金を使っている部分があるのであれば、他を削る事より家賃を削った方が、生活が楽になるかもしれません。

スムーズでは引っ越しをもっと気軽にもっと身近な存在にできるよう、引っ越しにかかる初期費用の負担を軽減するサービスを展開しています。気になる方はぜひLINE追加にてお気軽にご相談ください。

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!