共益費・管理費に明確な違いはない!使い道や相場を徹底解説

folder-icon
家賃
家賃賃貸初期費用
共益費 管理費

「共益費」と「管理費」はどちらも同じような扱いをされているため、何か違いはあるのか気になりますよね。

本記事では、「共益費」と「管理費」に明確な違いはあるのか、使い道の具体例、相場についてを紹介します。

お部屋探しの際になんとなく見過ごしがちな項目だと思いますので、少しでも疑問が出てきた方はぜひ参考にして下さい。

共益費や管理費に明確な違いはない

共益費 管理費

賃貸物件の「共益費」と「管理費」は、同じ扱いをされており大きな違いはありません。

「不動産公正取引協議会連合会」の「不動産の表示に関する公正競争規約施行規則」では以下の記載があります。

共益費(借家人が共同して使用又は利用する設備又は施設の運営及び維持に関する費用をいう。)

管理費(マンションの事務を処理し、設備その他共用部分の維持及び管理をするために必要とされる費用をいい、共用部分の公租公課等を含み、修繕積立金を含まない。)

引用:不動産公正取引協議会連合会不動産の表示に関する公正競争規約施行規則」より

この記述から、管理費の方が使い道が多いように見えますが、実際には明確には分けていない事がほとんどです。

使い道の明確な決まりはないので、どのように使われているかが気になる方は不動産会社に確認するのも良いでしょう。

共益費や管理費は維持するために必要な費用!使い道を紹介

お金

「共益費」や「管理費」はマンションを維持するために必要な費用です。

例えば以下のような使い道があるので、参考にしてください。

  • 共用スペースの水光熱費

  • エレベーターの電気代

  • ゴミ置き場や共用部分の清掃代

  • 定期点検代

  • 共用灯の保守・交換代

  • その他、定期清掃等必要時に使用される

  • 管理人などがいる場合は人件費

本当に毎月の支払いが必要なのかと感じるかと思いますが、住みやすい環境を整える上で必要な経費なので、毎月しっかり支払いましょう。

共益費や管理費の相場を紹介

現金と電卓

共益費や管理費の相場は、家賃に対して5%~10%です。

例えば、家賃が7万円のお部屋であれば3500円〜7000円。

ただし、安すぎても高すぎても注意が必要です。

5%以下であれば、共用部分の共用灯がついていなかったり、掃除が行き届いていない可能性があります。

また、10%を超える場合は、新築やエレベーター付きの物件では「共益費」や「管理費」が高い傾向があり、充実した設備になるので高くなります。

ちなみに「共益費」や「管理費」は、消費税が非課税となります。

共益費や管理費があることでお得に!?家賃と分けられている2つの理由

女性

共益費や管理費という項目がある理由を紹介します。

お得になる事もありますので、ぜひ参考にして下さいね。

物件探しをする人に家賃をお得に感じさせる

家賃の他に共益費や管理費があることで、物件探しをする人がお得に感じる効果があります。

賃貸物件では家賃の他に共益費や管理費がかかる物件がありますが、その他に家賃の中に共益費や管理費が含まれているパターンもあります。

支払う総額が同じでも「家賃の中に共益費や管理費が含まれている物件」と「家賃の他に共益費(管理費)がかかる物件」では家賃の値段が変わるため、後者の方がお得に感じます。

実際に具体例を挙げるとわかりやすいでしょう。

毎月の支払い総額が10万5,000円の物件で比較してみます。

  • 家賃の中に共益費や管理費が含まれている物件→家賃は10万5,000円。

  • 家賃の他に共益費(管理費)がかかる物件→家賃は10万円。その他に共益費や管理費が5,000円。

支払う総額が同じでも「家賃」と「共益費(管理費)」に分けることで家賃を安く見せる事ができるため、お得に感じさせることができるのです。

初期費用が安くなり入居するときの負担が減る

家賃の他に共益費や管理費があることで、初期費用の負担を減らすことができます。

初期費用として支払う仲介手数料や敷金礼金は「家賃の〇〇か月分」といった形で入居の際に支払います。

先ほど比較した具体例では、支払う総額は同じでしたが「家賃の中に共益費や管理費が含まれている物件」と「家賃の他に共益費(管理費)がかかる物件」では、家賃に5,000円の差が生まれていました。

そのため、共益費や管理費は家賃の他にあるのか、家賃に含まれているかで初期費用にかかる金額が少し変わります。

家賃によっては数万円の差ができることになりますので、初期費用を抑えたい場合は注意して比較しましょう。

また、入居する際の初期費用にお困りでしたらスムーズの「初期費用の分割払い」がおすすめ!

弊社の初期費用分割払いサービスでは、現金での分割払いが可能ですよ。

まとめ

本記事では、以下についてを紹介しました。

  • 共益費と管理費には明確な違いはない

  • 賃貸物件を維持するための使い道

  • 相場

  • なぜ、共益費と管理費という項目があるのか

なんとなく支払っていた共益費や管理費でも、詳しく知ることでなぜ支払う必要があるかを理解できたでしょう。

共益費や管理費が家賃に含まれていたり、別で請求されていたりと、物件ごとに異なるのでわかりにくい項目ですが、快適な生活をするためには必要な費用となります。

使い道が心配でしたら、確認してみるとモヤモヤがなくなりますよ。

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!