【同棲に疲れた】疲れてしまった原因とそうなったときの対処法

folder-icon
新生活
同棲
同棲

同棲に疲れたと感じている人の中には、心の中のもやもやを抱えながら毎日を過ごしている人も多いかもしれません。

同棲は人との生活が基本となるため、自分のペースでものごとが進まないことにストレスを感じることもあるはずです。

この記事では、同棲に疲れてしまった原因と、そう感じたときの対処法について紹介します。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

同棲に疲れた原因

一人暮らし

同棲に疲れてしまった原因は人によって異なります。

対処法は原因によって異なるので、まずはなぜ同棲に疲れてしまったかを自分で分析することが大切です。

自分の生活が乱れている

同棲に疲れてしまう原因の一つとして、自分自身の生活が乱れていることが挙げられます。

一見、相手との関係性に疲れているように感じることでも、実はただ疲れがたまっているだけの場合もあります。

まずは、同棲に疲れているのか、それとも原因は仕事や学校などの私生活にあるのかを冷静に判断するようにしましょう。

相手に対する感情が薄れた

同棲していくうちに、相手に対する感情が薄れてしまった場合には「同棲に疲れた」と感じる可能性があります。

好きで一緒に住んでいるときには気にならなかったような生活習慣の違いなどが、気持ちが離れた途端に許容できなくなる場合も。

同棲自体に疲れているのか、パートナー自身に対して疲れているのかによっても、対処法は異なります。

自分だけのスペースがない

同棲をして疲れると感じる要因の1つに、「自分だけのスペースがない」というものも想定されます。

個別に部屋がある間取りの場合は問題ありませんが、基本的に同棲の場合は常に同じ空間で過ごすことになります。

テレワークなどで家にいる時間が長くなると「たまには1人になりたい」と無意識にストレスが溜まってしまっているのかもしれません。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

同棲に疲れた場合の対処

二人暮らし

同棲に疲れてしまったときの対処法は、原因によって異なります。

原因を分析した上で、何を改善したらいいかを検討してみましょう。

生活リズムを整える

同棲に疲れているというよりも日々の生活がバタバタしてストレスが溜まっているという人は、まずは生活リズムを整えることが大切です。

仕事や人間関係などで悩みを抱えていると、知らない間に心に余裕がなくなって視野がせまくなってしまうものです。

疲れたと感じるのは、直接的に「同棲」が原因ではないこともあるので、まずは生活リズムを整えて余裕のある生活を目指しましょう。

一度距離をとって関係を見直す

同棲に疲れたと感じたら、一度パートナーとの距離をとって関係を見直すことも大切です。

「距離をとる」といっても必ずしも別れる必要はなく、一度ウィークリーマンションやマンスリーマンションを契約して離れて住んでみるのも有効です。

別々に暮らしてみることで今まで見えなかったことも見えるようになることもあります。

自分の気持ちを明らかにするためにも、一度落ち着いて考えられる時間をつくってみましょう。

新しい物件に引っ越す

個人のスペースがないことに疲れて同棲に疲れてしまった人は、新しい間取りに引っ越すことで問題が解決されることもあります。

物件によっては個室まではいかずとも、仕切りがあってある程度のプライベート空間を維持できるかもしれません。

常に人といることにストレスを感じているのであれば、引っ越しを検討するのもおすすめです。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

安く引っ越す方法

一人暮らし

引っ越しをしたいけど、費用面に不安があるという人も多いのではないでしょうか。

なるべく安く引っ越すためには、以下のポイントに注目しましょう。

引っ越し業者費用を抑える

引っ越し業者費用は、「移動距離」「荷物の量」「引っ越しの時期」によって価格がきまります。

引っ越しの時期が3月・4月の場合は通常月に比べて大きく費用が高く設定されているので、時期にこだわらないのであれば5月から1月の間に引っ越すのがおすすめです。

複数の引っ越し業者から見積もりをとり、提示された価格で最も安く最も条件のいいものを選ぶことも大切です。

引っ越し初期費用を抑える

引っ越し初期費用は、敷金・礼金、仲介手数料などから構成された費用で、物件が決まった際に請求されます。

引っ越し初期費用は家賃4~5ヶ月分と言われており、なにかと出費のかさむ新生活の時期には痛手の出費です。

初期費用を節約するためには、内訳を理解し、なににどれくらいお金がかかっているかを確認することが大切です。

敷金や礼金は通常家賃1ヶ月分と設定されていますが、物件によっては敷金・礼金ゼロに設定しているところもあります。

合計家賃2ヶ月分を節約できると考えると、なかなか大きな金額ですよね。

引っ越し初期費用を分割払いする

引っ越し初期費用を節約できたとしても、まとまった費用を払うことが負担に感じる人は引っ越し初期費用分割払いサービス「smooth」の利用がおすすめです。

「smooth」では、自分の気に入った物件の引っ越し初期費用を6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月に分割して利用することができるサービスを展開しています。

出費が重なる時期を避けたいと感じる人は、ぜひ「smooth」の公式サイトをチェックしてみてください。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

まとめ

同棲に疲れたと感じる場合も原因は人それぞれで、原因を究明することでその対処法もおのずと明らかになります。

同棲の問題は一度距離を置いたり引っ越したりすることで解決される場合もあるので、一度冷静になって状況を客観視してから行動に移しましょう。

以上、同棲に疲れた際の原因と対処法についてでした。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!