一人暮らしのインテリア配置のコツって?初心者の注意点と費用を抑える方法

folder-icon
新生活
一人暮らし
住民

始めて一人暮らしを始める人や、引っ越しして新生活を考えている人にとって、部屋のインテリアを決めるのは楽しいイベントの1つかもしれません。

せっかく自分だけの空間を作れるのだから、納得のいくまでおしゃれな空間を追求したい!と考えている人も多いはず。

この記事では、一人暮らしを始める人がインテリアを揃える際に、注意すべきポイントと費用の抑え方について紹介します。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

一人暮らしインテリア配置の注意点

部屋探し

一人暮らしは自分だけの生活にフォーカスすることができるので、気楽にインテリアを選ぶことのできる楽しさがあります。

しかし、無計画にインテリアを選んでしまうと全体的に統一感がなかったり、生活しづらい空間になってしまったりすることも。

ここでは、インテリア配置において、これだけは注意すべきポイントを3つ紹介します。

動線を確保する

まず大切なのが動線の確保です。

部屋の間取りに合わせてインテリアを購入する場合サイズの確認はしても、意外と動線の確保を忘れてしまうことがあります。

毎日使う場所なので、通るときに足をぶつけてしまったり、荷物を持ちながら歩くのが困難だったりするとストレスがたまります。

インテリアが「入るかどうか」だけでなく、「生活に支障がないか」も考えることが大切です。

スペースを大切にする

一人暮らしの部屋の場合、必須のインテリアを部屋に入れると意外とすぐにスペースがいっぱいになってしまうこともあります。

動線ではないにしても、部屋の中に余白のスペースがあるというのは意外と重要なポイントなので、ぎゅうぎゅうにインテリアを配置することは避けましょう。

インテリア購入の際には、なるべく大きすぎないものを選ぶことで圧迫感を軽減することができます。

光の入り方を把握する

インテリアを配置する際に意外と忘れてしまうのが、光の入り方です。

窓に近い場所に背の高いインテリアを置いてしまうと、光が入りづらくなり部屋全体が暗くなってしまいます。

健康的な生活を送るためにも、窓の近くにはなるべくものを置かず、のびのびとした空間を目指しましょう。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

一人暮らしインテリアの選び方

一人暮らし

一人暮らしでインテリアを選ぶ際には、機能的な注意点の他にも注意すべき点があります。

おしゃれな部屋を目指すには、気に入ったインテリアをどんどん購入するのではなく、全体のバランスを考慮することも大切です。

シンプルな色

大型のインテリアを購入する際に特に気を付けたいのが、配色です。

配色は部屋全体の第一印象を決める要素でもあるため、おしゃれな部屋を目指す人はぜひシンプルな色でまとめることを意識してみてください。

白や薄いグレーなどの色でインテリアを統一すると、全体的なまとまりが生まれて落ち着いた空間になります。

その後、後から再購入・変更できるようなもので差し色をすれば、自分好みのおしゃれな家をつくることができます。

シンプルなデザイン

一人暮らしの部屋のインテリアを選ぶ際は、色だけでなくシンプルなデザインを選択することも大切です。

引っ越し初期に必要になるような大きめのインテリアの場合、買い替えることが難しくデザインに飽きてしまうと部屋全体をまとめるのが難しくなります。

買い替えのできるような小物でおしゃれさを演出することは十分に可能なので、大き目のインテリアは何とでも合うようなものを選びましょう。

背の低いインテリア

一人暮らしの部屋はそこまでスペースが広くない場合も多いため、空間を広く見せる工夫も大切です。

背の高いインテリアは圧迫感が生まれてしまうので、避けるのが無難と言えます。

少しでも部屋を広く見せたいという人は、低めのインテリアで統一し、なるべく壁が見えるような配置を意識しましょう。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

一人暮らしインテリアの節約方法

お金

一人暮らしのインテリアの購入は、1から始めると意外と出費が重なるものです。

なるべく費用を抑えて生活をしたいと思っている人に向け、新生活の節約方法を紹介します。

中古品をチェックする

インテリアは、中古品でもいいものが眠っていることもあるので、デザインなどに強いこだわりがなければ中古品販売をチェックしてみるのもおすすめです。

質のいいものや高価なものが中古という理由で破格で売られている場合もあります。

一時的に使いたいインテリアなどは中古品でも十分いいものが見つかるので、一人暮らしを始める際はまずは中古品を見てみましょう。

少しずつ買い足していく

新生活を始める際には、必要なものを事前にすべて揃えたいと考えている人もいるかもしれません。

しかし、実際に生活してみないとわからないことも多いため、買ったけどあまり使わなくなってしまったというものがたくさんあると、無駄に費用がかかってしまうことになります。

必要最低限のものだけまずは揃えて、徐々に買い足していくという方法をとることで、ものが増えすぎることを防ぐことができます。

引っ越し初期費用を節約する

引っ越しをするとなると、引っ越し業者がインテリア購入など、まとまった出費が重なることに不安を感じる人も多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのが、引っ越し初期費用を分割払いすることができるサービス「smooth」です。

「smooth」では、引っ越し初期費用を6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月に分割して支払うこができるので、出費が重なる時期を避けて負担を軽減することができます。

自分で選んだどんなお部屋でも利用できるシステムなので、気になる方は「smooth」の公式サイトをのぞいてみてくださいね。

記事内LINEバナー_b1_ボタン付き

まとめ

インテリアは自分の理想のお部屋を作るための大事な要素です。

一人暮らしでは好みに合わせて自由にカスタマイズすることができるので、より楽しみですね。

おしゃれな部屋を実現するためには記事で紹介した注意点に気をつけてインテリアを選んでみて下さい。

以上、一人暮らしのインテリアの注意点と節約方法でした。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!