一人暮らしにかかる引っ越し費用は?業者費から初期費用まで徹底解説!

house-coin-ball
author-image
監修

高嶋允瑛

株式会社スムーズ取締役・宅地建物取引士

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

この記事では一人暮らしにかかる引っ越しの費用についてご説明しています。

一人暮らしをする際は引っ越しの業者費用や、仲介会社に払う初期費用、家財道具など様々なところでお金がかかるため、この記事を最後まで読んでどの程度貯金しておけばいいのかなどを計画的に判断し、スムーズに引っ越しを進行しましょう。

引っ越し費用には何が含まれる?

現金と電卓

まず初めに引っ越し費用には何が含まれるかについてです。この記事では先日の通り、荷物を運搬する引越し業者の費用、物件に入居する際にかかる初期費用、生活に必要な家具家電に係る家財道具費用の3つに絞ってご説明しています。

どの項目も人によってかなり金額が変わってくるため、どのような条件であればどのような金額になるのか、というイメージをしっかりと沸かせましょう。

どのような分野でも少なからず悪徳業者はいるため、事前の情報収集や相場観を知る事は無駄なお金は払わない対策になるため、引っ越しをする際にはまず初めにそれぞれの相場観を知っておきましょう。

一人暮らしにかかる引っ越し費用総額ってどれくらい?

AdobeStock 73807901

一人暮らしに係る引っ越し費用の総額についてご説明します。

こちらも人によって様々ですが、目安としては100,000円から1,000,000円ほどでしょう。

元からある家財道具を使用し、実家の車などでそういった荷物を運搬し、初期費用の安い物件に住む場合は100,000円ほどで引っ越しが完結します。

しかし、人気の物件に住み初期費用がかさむ場合や家財道具を一式揃えないといけない場合は金額が跳ね上がるため自分のお財布と相談し、どのような引っ越しの仕方が自分に合っているのか次項以降の解説を読み検討しましょう。

一人暮らし賃貸物件の初期費用の相場は?

初期費用を抑えるコツ

一人暮らしの賃貸物件契約にかかる初期費用はどのくらいなのか、気になりますよね。大まかな内訳は下記のとおりです。

内訳費用の相場
敷金家賃1〜2ヶ月分
礼金家賃1〜2ヶ月分
仲介手数料家賃0.5〜1ヶ月分
前家賃家賃1ヶ月分
日割り家賃入居時期により異なる
初回保証料家賃0.5〜1ヶ月分
鍵交換費用1〜2万円
室内消毒料1〜2万円
火災保険料1〜2万円

上の表を見て分かるとおり、賃貸物件の初期費用には敷金・礼金、仲介手数料、前家賃などさまざまな費用が含まれています。一般的に、賃貸物件の初期費用は家賃の5倍~6倍かかるもので、家賃だけを考えていると契約時に驚いてしまうこともあるでしょう。

一人暮らし家賃5万円の初期費用シミュレーション

一人暮らしで家賃5万円の賃貸物件に住んだ際の初期費用をシミュレーションで見ていきましょう。

項目相場・金額
家賃50,000
敷金50,000
礼金50,000
前家賃50,000
日割り家賃なし
仲介手数料55,000
火災保険料20,000
合計325,000

敷金や礼金は家賃の1か月分が相場となり、初期費用の大部分を占める費用です。敷金とは、家賃の未払いや退去時の修繕費などに当てられる費用で、問題がなければ退去後に返金されます。

対して、礼金とは、大家さんやオーナーさんにお礼として支払うお金なので返金されることはありません。最近では、敷金・礼金がともにかからない「ゼロゼロ物件」なども増えてきているので、初期費用を安くしたい方はチェックしてみてください。

一人暮らしの引っ越しにかかる費用の相場とは

引っ越し

賃貸物件の費用以外にも、引っ越し業者に支払う費用も発生します。引っ越し費用は、主に「運搬距離」「荷物の量」「引っ越し時期」の3つ要素で決まり、一人暮らしの場合、30,000円~60,000円が相場になります。

しかし、あくまで相場なので、上記で挙げた要素によって金額は大きく異なる場合があります。例えば、東京都内→東京都内への引っ越しと大阪府→東京都内への引っ越しでは、金額が大きく異なるということです。まずは、引っ越し業者に見積りを取って、費用を算出するようにしましょう。

一人暮らしの引っ越し費用を安くしたいなら

AdobeStock 124806798

一人暮らしの引っ越し費用の相場は30,000円~60,000円程度とお伝えしましたが、場合によってはそれ以上かかることもあるでしょう。賃貸物件の初期費用にプラスしてかかるとなると、経済的にも厳しくなりますよね。

そこで、引っ越し費用を少しでも安くする方法を紹介したいと思います。

複数業者に相見積もりを取る

まずは、複数業者に相見積もりを取ることです。引っ越し費用は、各引っ越し業者によって金額が異なることがあります。そのため、1社だけに見積り依頼するのではなく、複数の引っ越し業者に相見積もりを取ることがポイントになります。

今では、ネットで一括見積もりもできるので、見積りを取る際は利用してみてください。

単身パックを選択する

単身パックを選択することで、引っ越し費用をかなり安くすることができます。単身パックとは、引っ越し業者が用意するコンテナに入る分だけの荷物を運んでもらうサービスで、通常の引っ越し費用よりも安いのが魅力です。

例えば、日本通運さんの単身パックでは、SサイズとLサイズのコンテナがあります。単身パックは、一人暮らしで荷物の少ない方におすすめのサービスと言えます。

土日祝は避ける

引っ越し費用を安くするなら、引っ越しのタイミングも重要になります。基本的に、土日祝は金額が高くなり、火曜・水曜・木曜の中日は比較的安く設定されています。

そのため、引っ越しをするなら、なるべく週の中日に行うようにしましょう。また、月末は金額が高く設定されているので、なるべく月初か月央に引っ越しを行うのがベストです。

家財道具の平均は?

次に家財道具についてです。

家具や家電はそれぞれの生活スタイルによって優先順位が変わってきます。

しかしどの方にも、引越し当日に必要な最優先家具家電があります。

それは寝具とカーテンです。寝具は説明しなくてもわかると思いますが、引っ越した当日その家に泊まれないと言うことになりかねないため、寝具は用意する必要があるでしょう。

忘れがちなのがカーテンですが、カーテンがないとプライバシーを守れなかったり、朝日で目が覚めてしまったりするためこちらも引越し当日にあった方が良いでしょう。

家電については一人暮らしの場合、優先順位付けを行って、少しずつ集めていくことをお勧めします。

自炊をする方は別ですが、自炊をしない方は調理家電等の優先順位もかなり下がってくるため、最低限冷蔵庫だけあればいい、コンビニ弁当を食べたいから電子レンジは欲しい、カップめんをよく食べるからケトルが欲しいなど自分の中で優先順位付けをしっかりと行いましょう。

家具に関しては先に集めてしまうと、思っていたサイズ感で配置ができなかったり部屋の雰囲気がバラバラになってしまう可能性もあるため、実際に入居してゆっくりと採寸ができ、テーマを決められてから集めても良いかもしれません。

家財道具をもろもろ全て集めるとなると安くても200,000円前後はかかってしまうためこだわりがある方などは少しずつ準備を進めることをお勧めします。

お金を用意できない時は?

一人暮らしにかかる引っ越し費用について説明してきました。

人によって、それぞれの項目かなりの費用がかかることがわかったと思います。

それぞれの金額は人によってかなり変わってきますが、自分はどれぐらいかかるのか計算した際に余裕を持ってそれぞれ支払える方は少ないのではないでしょうか。

実際に貯金があったとしても、その金額分の貯金が急になくなってしまうと、精神衛生上あまり良いとは言えません。

スムーズでは引っ越しにかかる初期費用を無料で分割できるサービスを提供しています。

6ヶ月から最長24ヶ月払いまで分割払いに対応しており、6回払いであれば無料で分割支払いを行えるため、かなり余裕を持って引っ越しができます。

そのため貯金額をあまり減らしたくない方や、直近でお金を用意できない方はスムーズを利用することを検討しても良いでしょう。

引っ越しのトータル費用が高いなら分割払いがおすすめ!

default

「賃貸物件の初期費用が高くて払えない!」そんな方も多いでしょう。初期費用は何も一括で払う必要はなく、クレジットカードやローンなどで分割にする方法はさまざまです。しかし、多くの場合は金利手数料が発生し、本来よりも多くの金額を支払う必要があるということを頭に入れておきましょう。契約時にまとまったお金を用意する必要がないことはメリットですが、少し損をした気持ちになりますよね。

そこで、おすすめなのが初期費用を分割後払いできるサービス「smooth(スムーズ)」です。スムーズは6回払いまでなら金利手数料が0と一切かからず、負担なく賃貸物件の契約をすることができます。賃貸の初期費用に困っている方は、この機会にご利用してみてはいかがでしょうか。

「smooth」のメリット

初期費用を分割払いにできる「smooth」。クレジットカードやカードローンでは、金利が発生するため、合計支払い額が増えてしまいます。しかし、「家族や友人にお金を借りるのは難しい…。」という方も多いでしょう。

そんな賃貸物件の初期費用問題を解決してくれるのが「smooth」です。smoothは、6回払いまでなら金利手数料が一切かからず、初期費用を分割にすることができます。また、ほとんどの不動産物件で利用できるのも大きなメリットと言えます。LINEで気軽に相談することも出来るので、賃貸物件の初期費用に悩んでいる方は、ぜひお問い合わせください。

まとめ

ここまで一人暮らしにかかる費用について説明してきました。

引っ越しには様々なお金がかかるため、早い段階で自分の中でしっかりと見積もりや予算表を作りお金の準備を進めましょう。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!