部屋探しはいつから始める?物件の仮押さえと注意点について

folder-icon
部屋探し
初期費用
引っ越し

部屋探しを始めるタイミングは、1ヶ月半から2ヶ月前が理想です。引越しが決まっているからといって物件を選ぶために早くから部屋探しを始めても、物件は仮押さえすることができません。

今回この記事では、部屋探しのタイミングとスムーズに引越しするために押さえておくべきポイントについて解説します。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

部屋探しを始めて入居するまでに必要なこと

初期費用

部屋探しはお気に入りの物件が見つかったからといって即入居できる訳ではありません。そもそも理想の部屋が簡単に見つかると考えていると、入居したい日に間に合わないこともあります。

さらに、部屋探しには審査が必要になります。貸主は誰にでも部屋を提供するわけではなく、それなりに信頼できる人に部屋を提供します。その見極めのために一般的に審査が必要になり、即日〜数日かかります。「部屋探し=部屋が見つかればOK」というわけではないことを、まずは理解しておきましょう。

内見と契約と荷造りが必要

引越しが完了するまでには、部屋の内見と契約、そして荷造りが必要になります。部屋の内見も不動産業者とのスケジュールを合わせないといけません。内見が済み、納得のいく物件だと判断できても賃貸契約を結ぶために必要な書類を提出しないといけません。

そして、審査を受けて審査に通過しないと借りることはできません。審査も無事終わり、いざ引越しとなると今住んでいる部屋の退去日までには荷造りを済ませます。また、新たな賃貸の入居日も考慮して動かないといけません。一般的には退去日と入居日は数日重なるように設定します。その日数は短くしておくことが重要です。どちらも日割りになるので、長めに設定すると負担金が大きくなります。つまり、荷物を出し切らないといけない退去日と荷物を運び込める入居日を逆算して、効率よくスケジュールを組む必要があります。

部屋探しはいつから始めるべき?

初期費用を抑えるコツ

引越しに必要な手続きや荷造りなどを考慮すると、部屋探しは1ヶ月半〜2ヶ月前から始めましょう。情報収集に関しては、もっと早く始めておくとスムーズに引越し作業を進めることができます。

部屋探しを早く始めても仮押さえはできない

部屋探しは環境を変えることもできるので、理想に近い物件を探したくなります。そこで暇を見てはネットで引越し先周辺の賃貸物件を検索したくなりますが、空室リスクを下げるために部屋の借り抑えはできません。理想の物件が見つかったとしても、入居日が関係してその理想の部屋を諦めないといけなくなるのです。

「なんだか損した…。」モヤっとした気持ちが残ってしまう原因になりますので、部屋探しも相性だと割り切って、入居日の2ヶ月前から掲載される物件に絞るようにしましょう。ただし、情報収集に関しては2ヶ月前から始めておきましょう。その理由は、地域によって賃貸相場は変わるからです。引越しするために必要な総額の目安を判断しておくためにも情報収集は3ヶ月前〜始めておくと良いでしょう。

部屋探し前にまとめておく条件と不動産会社に出向く時の注意点

注意

部屋探しをスムーズに進めるためには、物件の条件をまとめておくことが重要です。また、不動産の担当者も人ですのでお客さまの見た目はそれなりに気にします。条件に合った物件、条件に近い物件を惜しみなく紹介してもらうためにも不動産会社に出向く時の注意点についても理解しておきましょう。

部屋探し前にまとめておくべき物件の条件

部屋探しを始める時、物件条件で譲れないポイントをまとめておきましょう。地域だけで検索すると間取りも賃料も異なり、さまざまな物件がヒットします。なんとなく理想とする物件はあるけど、どんな物件があるのか興味がある…そんな意識で部屋探しをすると結局どこがいいのか分からなくなります。賃料が高く、家計を圧迫する物件を選んでしまっては済み続けることも困難になります。部屋探しを始める時、賃料の設定だけでなく下記のような条件をまとめておきましょう。

・入居予定日 ・賃料の上限 ・賃料以外の管理費や駐車場代などの予算の上限 ・駅や学校、会社までの立地 ・間取りや階数 ・バストイレ別、オートロック付き、ベランダの有無などの設備

条件は細かく設定しておく方が、不動産側も物件を絞りやすくなります。もちろん不動産はプロですので条件に近い物件も紹介してくれます。ただし、条件が多いとなかなか部屋探しが進まなくなることもありますので、条件には優先順位をつけておくことも頭に入れておきましょう。

部屋探しは複数の不動産会社へ!不動産に出向く時の注意点について

不動産会社に出向く際は、会社の面接とまでは言いませんが、身なりを整えましょう。物件を借りるためには審査が必要であると伝えました。しかし、審査さえも受けることができないこともあります。最も大きな理由は「審査の必要はない」と不動産側が判断したからです。ある程度、人は見た目で判断します。不動産側への印象は部屋探しの鍵でもあり、見た目を良くしておくことで親切丁寧な接客を受けることもできます。また時間に限りもありますが、引越し先の地域にはたくさんの不動産が点在しています。取り扱う物件も異なりますので、複数社の不動産を回ることも意識しておきましょう。ただ、同じ説明を繰り返し複数社回る時間がないという方も多いでしょう。

そんな時はネットを利用してください。仕事の空き時間や不動産の営業時間外でも、引越し先周辺の物件をネットで検索することができます。多くの企業がサービスを提供していますが、部屋探しの費用も抑えたいと考えるのであればsmooth(スムーズ)がおすすめです。smooth(スムーズ)はライン登録するだけで、引越し先周辺の物件を紹介してくれます。さらに初期費用を分割できるサービスも利用することができるので、急な引越しでも安心して物件を探すことができます。

まとめ

納得のいく部屋探しをするなら、譲れない条件を明確にすることが重要です。その条件に近い物件を探すためには、複数社の不動産から情報を集めます。簡単に理想の物件が見つかったらいいのですが、条件によっては取り扱う不動産に出会えないこともあります。実は他の不動産ならあったのに…なんて後悔しないためにも賢く効率の良いネットサービスも利用しましょう。引越し費用の負担を抑えるならsmooth(スムーズ)もおすすめです。理想の物件への引越しのためにも、ぜひ活用していきましょう。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!