どんな隣人トラブルに注意すればいい?トラブルに巻き込まれた際の対応

folder-icon
引っ越し情報
引越し情報
一人暮らし

快適に生活をしたいと思っていても、周りに住んでいる人のマナーが悪いとついついストレスをためてしまう可能性があります。

自宅でくらい、心を落ち着かせて生活したいものですよね。

反対に気づかないうちにこちらが周囲に迷惑をかけてしまっていることも、あるかもしれません。

この記事では、よくある隣人トラブルの種類とその対策について紹介します。

logo

初期費用のあと払いで
お金に悩まずお引越ししませんか?

  • ポイント16・12・24回払いから、
    好きな支払回数を選んであと払いに!
  • ポイント2どんなお部屋でも利用OK
  • ポイント3LINEでかんたん登録

隣人トラブルの種類

賃貸物件

統計によれば、約半数の人がなんらかの隣人トラブルに巻き込まれたことがあると言われています。

それくらい隣人トラブルは身近な問題であり、誰もが巻き込まれる可能性のあるものです。

ここでは、よくある隣人トラブルの例を紹介します。

騒音

最も多い隣人トラブルは、騒音に関するものでした。

アパートやマンションはもともと部屋が1つのビルに集まっているため、ちょっとした物音でも周囲の人は騒音としてストレスを感じてしまう可能性があります。

もし隣に住んでいる人が毎日友達を大勢呼んで深夜まで騒いでいたら、迷惑に感じますよね。

他にも、ドアの開閉音が響き渡ってしまったり、部屋の中で家具を動かす音が周囲の迷惑になってしまったりする場合もあります。

自分が騒音に悩まされることがないよう、物件選びの際は周囲の環境にも注意して確認しましょう。

ごみ関連

続いてトラブルになりやすいのが、ごみに関するトラブルです。

決められた場所にごみを捨てない住人がいると、アパートやマンションの共用部が汚れてしまうこともあります。

正しい日時にごみ出しをしなければ、いつまでもごみがその場に残ることになり、迷惑ですよね。

物件をチェックする際は、ごみ出しのルールが住人によってきちんと守られているかを確認しておきましょう。

境界線

アパートやマンションでは、自分が自由に利用できるエリア以外にはものを置くなどして占有してはいけない決まりになっているところがほとんどです。

しかしこの境界線の感覚は人によって異なる場合もあり、隣人が自分のエリアにまで浸食してくることもあります。

例えばベランダで植物を育てている場合、その葉の先が気づかぬうちに他の部屋のベランダに侵入してしまった場合などです。

もし万が一他の部屋のものが自分のエリアに侵入してきたと感じたら、その部屋の所有者に話して改善してもらうか、大家さんに相談してみましょう。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

隣人トラブルを未然に防ぐ方法

部屋探し

隣人トラブルは、自分が被害者になる場合だけでなく、気づかないうちに加害者になってしまうこともあります。

迷惑をかけずに注意して生活していても、ちょっとした見落としや誤解が原因で問題が起きることも考えられます。

隣人トラブルを未然に防ぐためには、以下のことに注意しましょう。

騒音に注意する

騒音の基準は、人によって異なります。

隣同士だけでなく、上や下の住人からの騒音まで聞こえることもあるので、周囲に人が住んでいることを意識してなるべくうるさくしないように生活することが大切です。

部屋の中でもしゃべり声だけでなく、駐車場付近での車やバイクの騒音からトラブルに発展した例もあります。

夜間に帰宅したり外出したりすることがある場合は、可能な限り音を立てないように注意して駐車場を移動しましょう。

ごみ出しのルールを守る

アパートやマンションに住んでいる場合、ごみの処理は住人全員で協力して行う場合も多く、秩序を乱すと周囲の反感を買ってしまいます。

わざとやったわけでなくても、ルールを正しく守れないと他の人に迷惑がかかることもあるので、ごみ収集日を間違えないようにしましょう。

ごみの分別のルールはアパートやマンション、自治体によっても異なります。

新生活を始めてばかりの場合は特に、新しい家のごみ出しのルールをいち早く覚えましょう。

建物の規約をきちんと読む

隣人トラブルを防ぐため・解決するためには、アパートやマンションの規約をきちんと理解しておくことが重要です。

内容を間違えて把握していると、それが原因で他の住人に迷惑をかけてしまう場合があります。

反対に、トラブルに巻き込まれた際にもルールが重要になるので、問題解決にも役立ちます。

トラブル解決を優位に進めるため、そしてなによりもトラブルに巻き込まれないため、ルールはきちんと読んで理解しておきましょう。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

隣人トラブルに巻き込まれた際の対処法

point

準備や対策を徹底していても、予期せぬ隣人トラブルは起こるものです。

このようなトラブルが発生した場合、まずは自力で解決、そして第三者の介入、それでも無理なら引っ越し、という順番で対処していきましょう。

隣人と対話で解決

隣人とのトラブルは、自分が迷惑をかけている側か、迷惑をこうむっている側かによっても対応が異なります。

いずれの場合であっても、問題を抱えた状態で膠着状態を続けるよりは、実際に話し合って解決に向かった方がストレスは少なくて済みます。

ただし、相手に話が通じないと判断した場合は手を引き、深追いせずに第三者の介入を待った方がいい場合もあります。

専門家に相談する

隣人トラブルは大きな問題に発展することもあるため、当事者同士の対話で解決が難しいと判断した場合には第三者への相談をしましょう。

まずは大家さんに相談し、解決できる方法はないかを模索し、それでも無理なら弁護士や相談窓口などを頼る方法もあります。

問題を大きくせずに当人だけで解決したいと思っても、なかなか話が進まない可能性も考えられます。

第三者の目線から解決に向けたアドバイスをもらうことは、お互い冷静に話ができるかもしれません。

引っ越しを検討する

解決のために話し合いを重ねても埒が明かないと判断した場合は、引っ越しを検討するのもおすすめです。

他人を変えるために労力を割くことは、意外とストレスが溜まります。

多少お金がかかっても、引っ越して新しい部屋で落ち着いて生活することも選択肢として持っておくこと心が軽くなります。

引っ越し初期費用分割払いサービス「smooth」を利用すれば、まとまったお金をすぐに用意できなくても新しい生活を始められます。

「smooth」は6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月と引っ越し初期費用を分割できるサービスなので、隣人トラブルが原因で一刻も早く今の家を離れたいという人に最適です。

気になる方はぜひ「smooth」の公式サイトをのぞいてみてくださいね。

記事内LINEバナー_b4_ボタン付き

まとめ

隣人トラブルは、気を付けていても急に巻き込まれてしまうものです。

解決のためにはただ我慢するだけでなく、第三者への相談や引っ越しの検討など、自分から行動を起こすことも大切です。

以上、隣人トラブルの例と対処法についてでした。

prop_1
他サイトにはない非公開物件をスムーズで探そう!
prop_1

まずは分割払いの審査を
無料で受けてみよう!