3人家族におすすめの間取りは?賢くお引越しする方法とは?

folder-icon家族
家族
3人家族

部屋の間取りは、住む人数によって適切なものとそうでないものがあります。

特に、子供のいる家庭の場合は、部屋の間取りは生活に影響を大きく及ぼします。その子供が赤ちゃんか、それとも小学生かによってもおすすめの間取りは変わってきます。

今回は引越しの時に間取りについて悩む人が多い、3人家族の場合の間取り選びについて注意点なども含めてお伝えさせていただきます。

お部屋選びをする時の注意点

一緒に住む子供は赤ちゃん?小学生?子供の年齢にあった部屋選びを

部屋選びをするときは、子供の年齢も考慮する必要があります。

例えば、家庭に赤ちゃんがいる場合は一緒に過ごせる広いリビングのある部屋がおすすめですし、子供が小学生になれば物も増えてきますので一人部屋が作れる間取りが良いかもしれません。

将来の家族構成を考慮して部屋選びをしよう。

将来、子供は何人まで欲しいのかによって、必要な部屋の広さや数が変わります。部屋が狭くなるたびに引越しをするのは費用もかかってしまうためおすすめできません。

また、子供にとっては学校から通いにくくなったり、転校となればそれまでの友達とは疎遠になってしまう可能性もあります。

購入と賃貸どちらが良いか、ライフプランを踏まえて検討しよう

お部屋選びをするとき、家を購入するか、賃貸するか悩む方も多いかと思います。

多くの場合、子供ができてしばらくの間は賃貸がおすすめと言われています。子供がいる生活を通して、自分たちはどのような部屋を住みやすいと感じるか分からないまま、家という大きな買い物をするのは不安だからですね。

自分たちの転勤の可能性や、将来の家族構成、子供にはどのような地域で育って欲しいのか、そういった物事の見通しがある程度経った段階で、家の購入を検討するのが望ましいです。

赤ちゃんや小さい子供のいる家庭は1LDKがおすすめ

1LDKはリビングとベッドルームの2部屋で構成された間取りです。

子供の小さいうちは、子供部屋を作る必要が無いので、部屋数が少ない1LDKでも問題なく生活できることが多いです。部屋が少ないため、2LDKなどの間取りに比べて家事に労力も少なくて済みますので、赤ちゃんへのケアに集中できます。また、リビングとベッドルームが隣接していますので、どこにいても赤ちゃんを見守ることができるのもメリットです。

また、家賃も2LDK以上の広い部屋と比べて、安い傾向にありますので経済的にも助かりますね。

1LDKのデメリット、注意点は?

1LDKの部屋にこれまで二人で住んでいる場合などは、赤ちゃん用の家具やグッズなどの置き場に困ることが難点です。また、リビングとベッドルームが隣接していますので、子供が寝ているときには落ち着いた時間が取りづらいことがあげられます。

そのほかでは、ロフトのある家などは子供が落下してしまう可能性があるので避けるべきです。

長く住みたいならバランスの良い2LDKがおすすめ

2LDKはリビングの他に2つの居室がある間取りです。

リビングとベッドルームの他の1部屋を、仕事用の部屋や来客用の部屋などとして使うことができますので、余裕のある生活ができます。子供が大きくなってきたらその1部屋を子供用の部屋として使うこともできるので、長く住むことができることも利点です。

また、広さがありますので、赤ちゃん用の家具やグッズを置くエリアに加え遊び場も作れることもメリットです。

2LDKのデメリット、注意点は?

2LDKは1LDK以下の部屋と比べて家賃が高いケースが多いです。

加えて、広さと部屋数が多い分、家具やカーテンなどの生活用品の費用も合わせて必要になります。広さに応じて家事に必要な時間と体力も増えますので、これまで1LDK以下のお部屋に住んでいた人は慣れるまで時間が必要かもしれません。

また、リビングから遠い部屋に赤ちゃんの寝室を設けた場合、すぐ目の届かない所にいる赤ちゃんをしっかりと意識しておくことが重要です。

自分たちの時間、空間がほしいなら3LDKがおすすめ

3LDKはリビングの他に3部屋の居室のある間取りです。

3LDKの良さは何と言っても部屋数が多いことです。3人家族の場合だとリビングと寝室、子供部屋の他に1部屋余りますので、仕事部屋や来客用の部屋として使うことができます。

荷物がとても多い家庭や、両親の泊まりに来る頻度が高い家庭にもおすすめの間取りです。

また、将来的に子供が2人以上欲しい家庭では子供部屋を複数用意できることが利点ですね。

3LDKのデメリット、注意点は?

3LDKの部屋数が多く面積が広い分、賃料が高くなる点を注意しなければなりません。合わせて家具、カーテンなどの生活用品代も増えることを意識しましょう。

また、3人家族の場合だと部屋数と広さを持て余してしまうこともありますので、3つの部屋の使い道が見えない場合はおすすめできません。掃除などの家事も2LDK以下の部屋に比べて大変になります。

また、2LDKに住む時と同様に、リビングから遠い部屋に赤ちゃんの寝室を設けた場合、すぐ目の届かない所にいる赤ちゃんをしっかりと意識しておくことが重要です。

ワンルーム、1Kの間取りは狭く、生活しづらいので避けましょう

ワンルームや1Kのお部屋は、寝室と食事などの生活スペースが全て同じ空間になっており、子供を含めた3人での生活は難しいです。

また、ワンルームや1Kは一人暮らしをするための部屋として提供されることが多く、3人家族での入居は断られてしまう可能性がありますので、不動産会社さんに事前に確認をする必要がありますので注意しましょう。

3人家族の「部屋の初期費用」と「月々の生活費」はどれくらい?

「部屋の初期費用」は家賃の4〜5ヶ月分が相場と言われています。初期費用について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

引越しに必要な初期費用は?どんな費用をいつ支払うのか解説します!

また、3人家族の「月々の生活費」は、総務省の統計によると3人家族の生活費は平均292,340円/月となっています。

もし、15万円の部屋に住む場合、初期費用75万円+約30万円=約105万円が引越しの初月に必要になります。家具や家電が必要になることも考えるととても高額ですよね?

余裕をもって生活するために、スムーズを使って賃貸初期費用を分割払いしましょう

上記の通り、子供の年齢や家族構成に応じて適したお部屋で生活することをおすすめします。一方で子供が育つに連れて、新しく家具、服、勉強道具なども購入する必要があり、経済的にも工夫をする必要があります。そんな中で初期費用を一括でまとめて払うと、大きな出費となるためお部屋選びも自由にできなくなります。

そこでおすすめなのが初期費用の分割払いサービス「スムーズ」です。

初期費用の分割支払いといえばクレジットカードを思い浮かべる方もいるかと思いますが、クレジットカードの場合は金利手数料がかかってしまいます。しかし、スムーズを使えば無利子・無手数料で初期費用を分割払いすることができます。

初期費用で使う予定だった費用を家具・家電や子供のために割り当てて、早い段階から新しい住まいで素敵な生活を始めましょう。

スムーズはこちら

スムーズの初期費用あと払いで いますぐ引越ししよう!

引越しを検討している方は、 とりあえずLINEを登録しておこう!