賃貸不動産の仲介手数料って?料金を抑えるのは本当にお得なのか解説

tyukai

仲介手数料は、お部屋探しを不動産会社にお願いする際に必要となる費用です。手数料の金額や、仕組みについてわかりやすく説明しています。

賃貸仲介手数料とは?

仲介手数料は賃貸契約をサポートしてくれる不動産会社さんに支払う「対価」

賃貸住宅を契約する際に、自力でお部屋を探して、大家さんと交渉をして、賃貸借契約を用意して契約をするのは、不動産取引に知識のない方にとっては、難しいと感じられるのではないでしょうか。

そこで、引っ越しを希望される方のニーズに合わせて物件提案をしたり、内見の手配から同行までしてくれたり、面倒な契約手続きを全て準備したりしてくれる「不動産賃貸仲介会社さん」で、お部屋探しをするのが一般的になっています。

こうしたお部屋探しのサポートをしてくれる「不動産賃貸仲介会社さん」に支払う報酬が、「仲介手数料」と呼ばれています。

仲介手数料は成果型報酬なので安心

こうしたお部屋探しのサポート費用である「仲介手数料」はいつ支払いをするのでしょうか。仲介手数料の支払いは、お部屋探しをして、物件を契約することが決まったあとに、一回だけ支払いをする成果型の報酬になっています。どれだけ物件提案をしてもらっても、どれだけ内見をしても、気に入ったお部屋が見つからない場合には、「仲介手数料」を支払う必要はありません。

賃貸仲介手数料の上限は「家賃1ヶ月」と法律によって決まっている

さらに仲介手数料は、宅地建物取引業法によって金額の上限が決まっています。具体的には、仲介の依頼主の同意がある場合には「家賃の1ヶ月分」が上限とされています。この「家賃の1ヶ月分」には「管理費」「共益費」「駐車場代」などは含めていけないとされています。

賃貸仲介手数料の相場は?

上限について「家賃の1ヶ月分」ということはわかりました。実際の相場としてはいくらくらい支払われているのでしょうか。

賃貸仲介手数料は、地域や物件、転居の時期などによっても変わりますが、一般に相場としては「家賃の0.5〜1ヶ月 + 消費税」が目安とされています。

賃貸仲介手数料の計算方法は?消費税は含まれる?

実際に仲介手数料がいくらになるのか見ていきましょう。例として、月々の家賃が10万円、共益費5000円、管理費5000円の物件があったとしましょう。

この場合、仲介手数料が1ヶ月分の場合、不動産賃貸仲介会社への支払金額は、「10万円 + 消費税 = 11万円」になります。仲介手数料が0.5ヶ月分の場合、「5万円 + 消費税 = 5.5万円」になります。

純粋な賃料以外の「共益費」「管理費」は、仲介手数料の計算には含まないことを覚えておきましょう。

賃貸仲介手数料を大きく値引きしている不動産会社さんには注意が必要?

仲介手数料が安い不動産会社の仕組み

お部屋を探していると、仲介手数料が相場よりも安い不動産仲介会社さんを見つけることがあると思います。同じサービスをしていて、なぜ他社よりも安い仲介手数料で実現することができるのか、その仕組みについて説明をしたいと思います。

仲介手数料無料の不動産会社では物件の選択肢が大幅に限定される

仲介手数料無料などを謳ってお客さんを集めている不動産仲介会社の多くは、お客さんに「限られた物件」しか紹介をしないことが多くあります。この「限られた物件」というのが、「大家さんが早く空室を埋めたいと考えて仲介会社に広告料を支払っている物件」なのです。つまり、なかなか買い手の見つからないお部屋を、仲介手数料を大幅に割り引くことで、安く売ろうとしているのと同じ構図になります。せっかくお引越しをするのであれば、多くの選択肢の中から本当に気に入ったお部屋を探したいですよね。

自力で仲介手数料を安くするために出来ることはあるの?

それでは仲介手数料をどうにか自力で安くする方法はないのでしょうか?方法は限られてしまいますが、仲介手数料を自力で安くする方法もないわけではありません。

不動産仲介会社と管理会社が同じ会社のお部屋を探す

お部屋を紹介してくれる不動産仲介会社の中には、大家さんにまかせられ賃貸物件の管理もしている会社があります。こうした会社は、自社が管理しているお部屋に入居者が早く決まると空室を避けることができるので、仲介手数料を多少割り引いてくれる可能性があります。

大家さんに直接交渉する(おすすめしません)

不動産仲介手数料とは、お部屋を探すのをサポートし、賃貸契約の仲介をしてくれる不動産仲介会社への報酬になります。つまり、不動産仲介会社に依頼せずに自分で大家さんと直接契約することが出来れば、支払う必要のない費用になります。

でも、この方法はおすすめしません。大家さんも自分の大切な資産を他人に貸すので、不動産取引についてきちんと知識のある相手と取引をしたいと考えています。さらに大家さんが、契約書をつくったり、面倒な事務手続きを自分でしたくないと考えている場合には、入居者自身がすべて用意しなければならず難しいです。

また通常であれば不動産仲介会社を介して契約するのが慣習となっているので、「面倒そうな入居者」として心象を概して、そもそも入居させてもらえなくなってしまうこともあります。

仲介手数料は必要な費用と考えてお部屋探しをしよう

仲介手数料を安く抑えることにこだわりすぎると、いいお部屋を逃してしまう

仲介手数料を少しでも安く抑えたいという気持ちはとてもわかりますが、入居後に支払っていく家賃に比べたら相対的に小さな支出です。仲介手数料にこだわるあまり、お部屋の選択肢が減ってしまい、満足できないお部屋に引っ越しをすのでは本末転倒になってしまいます。仲介手数料については安ければお得、くらいの心構えでお部屋探しに挑むのが良いのではないでしょうか。

それでも初期費用が気になる方には「スムーズ」がおすすめ

仲介手数料を安く抑えることが一概に良いことだと限らないということを説明してきました。それでも、賃貸の初期費用負担を抑えたいと考えてらっしゃる方に、弊社のサービス「スムーズ」をぜひオススメしたいと思います。

スムーズを使えば初期費用分割払いで引っ越しできる

スムーズは、賃貸契約に必要な初期費用を分割払いにできるサービスです。いままとまった貯金がなく引越しを諦めていた方にも、すぐに引越しをしていただけます。スムーズは、基本的にどんなお部屋でも使っていただけるため、お部屋探しの選択肢を狭めることなく、初期費用の突発的な負担を抑えながら、引越しをすることが出来ます。

bunkatsu

スムーズを使うとお得な理由

初期費用の一時的な負担を抑えるためには、お金を借りてきたり、クレジットカードで分割払いできる不動産会社を探したり、といった方法があります。でも、お部屋の契約のために高い金利を払ってお金を借りたり、家族や親しい友人にお金を借りたりするのって、大変ですよね。またクレジットカードでの分割払いも、ポイントが溜まったり一見お得なように見えますが、分割のための手数料もかなり高く、クレジットカードの利用限度額も圧迫されてしまうのでおすすめできません。

スムーズを使えば、手数料など一切なく6ヶ月の分割払いを利用することができるので、とてもおすすめです。スムーズが、手数料なく分割できる仕組みについてはこちらをご覧ください。 スムーズの仕組み

賃貸仲介手数料についてのまとめ

不動産賃貸の仲介手数料について詳しく説明をしてきました。最後にまとめを掲載しています。

  • 賃貸仲介手数料は、お部屋探しをサポートしてくれる不動産賃貸会社さんへの報酬

  • 仲介手数料は成果型の報酬なので安心

  • 仲介手数料を安く抑えると、物件の選択肢が減ってしまう可能性がある

初期費用分割払いサービス「スムーズ」について詳しく知る

スムーズの初期費用あと払いで いますぐ引越ししよう!

引越しを検討している方は、 とりあえずLINEを登録しておこう!